【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!!

掲載日: 2021年11月04日(木) 更新日: 2021年11月04日(木)

【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!! メイン

2021年11月4日(木)、ヤマハは、スポーツヘリテイジモデル「XSR900」にフルモデルチェンジを施し、2022年2月に欧州で発売することを発表した。そのお披露目は、11月25日(木)からイタリアのミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」となり、日本での発売は2022年春以降が予定されている。

まず注目はこのカラーリングだ。公式発表によると「ヤマハレーシングヘリテージを反映したスタイリング」と記載されているが、そのイメージソースは80年代のゴロワーズカラーと思われ、同年代のRZ250R、TZR250、FZR400に採用されていたカラースキームとなっている。その他、軽量CFアルミダイキャスト製の新フレームや、専用リアフレームによる足つき性の向上、SPINFORGED WHEEL、最新の電子制御、そしてスタイリッシュなバーエンドミラーの採用などが大きな特徴となっている。

ロードスポーツ「XSR900」をフルモデルチェンジ

~ヤマハレーシングヘリテージの核心を突くデザインでモダンなスポーツバイクのカタチを追求~

ヤマハ発動機株式会社は、スポーツヘリテイジモデル「XSR900」をフルモデルチェンジし、2022年2月に欧州で発売します。また、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に出展します。また、2022年春以降に日本での発売を予定しています。

【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!! 記事1

XSR900

今回の「XSR900」は、“The Expert of Equestrian(伝統馬術のエキスパート)”をコンセプトに開発しました。主な特徴は1)ヤマハレーシングヘリテージを反映したスタイリングへの刷新、2)トルクフルな889cm3エンジン、3)軽量CF アルミダイキャスト製の新フレーム、4)足着き性を高め着座姿勢を最適化する専用のリアフレーム、5)軽快な運動性能に貢献する“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)”、6)IMU を活用した運転操作を支援する各種制御、7)その他、新丸型LED ヘッドランプやバーエンドミラーなどです。

【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!! 記事1

XSR900

【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!! 記事1

XSR900

「XSR900」は、歴代のヤマハレーシングマシンに備わる、常に人間中心の思想でデザインされた造形と先進技術によるモダンな走行性能を備え、所有する悦びや跨った時の高揚感、人機一体で乗る楽しさを提供するモデルです。

【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!! 記事1

トルクフルな889cm3エンジン

【ヤマハ】往年のゴロワーズカラーが復活!「XSR900」がフルモデルチェンジ!! 記事1

XSR900

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819
XSR900 のカタログページはこちら>>
その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2021年11月4日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ