【アプリリア】6/9より新型「トゥオーノ V4 Factory」の受注をスタート! RSV4 ベースのハイパーネイキッド(動画あり)

掲載日: 2021年06月08日(火) 更新日: 2021年06月08日(火)

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル メイン

ピアッジオグループジャパンは、新型「トゥオーノ V4 Factory」の受注を全国のアプリリア正規販売店で2021年6月9日(水)より開始する。メーカー希望小売価格は225万5,000円(税10%込み)。出荷は2021年7月下旬より順次となる。

同車両はスーパースポーツモデル「RSV4」をベースとしたハイパーネイキッドモデルとなっており、上下分割タイプのカウルとアップライトなポジションが与えられている。今回のモデルでは、同時期に発売される新型「RSV4 Factory」同様、新世代型の APRC(アプリリアパフォーマンスライドコントロール)が採用された。

アプリリア 新型トゥオーノ V4 Factory 発売/175馬力を発揮する独自のV4エンジンと新型フェアリングが唯一無二のパフォーマンスを実現した究極のハイパーネイキッドの代表格

ピアッジオグループジャパン株式会社(本社:東京都港区芝2丁目、代表取締役 ネリ・ミクラウス)は、レースのために生まれた RSV4のシャーシ構造やエンジンをベースとし、ハイハンドルを備えたスーパーバイクとして唯一無二のパフォーマンスを誇るハイパーネイキッドにエアロダイナミクスや電子制御システムを進化させた、「新型 Tuono V4 Factory」を全国のアプリリア正規販売店にて発売致します。

Tuono V4ファクトリーは極めて特別感が強いバージョンであり、非常に要求レベルの高いライダーのために、多くのコンポーネントを RSV4から受け継いでいます。2つのメインライトを囲むように配置された DRL が特徴の LED ヘッドライトユニットを搭載した新デザインのトップフェアリングは、高いレベルの防風性能を実現しています。新型 RSV4に導入された革新的なデュアルフェアリングのコンセプトを踏襲しており、少ない面積でもエアロダイナミックパーツとしての機能を果たします。

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル 記事1

電子制御システムも従来モデルに搭載されていたものから更に進化を遂げ、さらにバイクライフをよりシンプルにすることを目的に、6種類のライディングモードを採用しています。シャシー構造は、軽量で高剛性の新デザインのスイングアームを採用し、安定したコーナリングを実現します。新型 Tuono V4 Factory は、ハイハンドルを備えたスーパーバイクとして、レースやサーキットで無敵の強さを誇ります。

アプリリア 新型 Tuono V4 Factory

■メーカー希望小売価格/225万5,000円(税10%込み)
■カラーバリエーション/アプリリアブラック
■受注開始日/2021年6月9日(水)
■出荷開始時期/2021年7月下旬頃より順次

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル 記事2

デザイン/走る楽しみを向上させる新たな空力ソリューション

デザイン面でも他の追随を許さず、前世代から全面的に刷新しました。アプリリアの象徴的なコミュニケーションをモダンでアグレッシブに解釈し、巧みにスポーティさを強調するコンパクトで本質的なフォルムが特徴です。

伝統に倣い、新型 Tuono V4マシンにはフレームに固定したトップフェアリングを採用しており、フロントエンドを軽量化し、正確で優れたレスポンスを実現しています。また、従来のスポーツネイキッドバイクでは考えられないほど高いレベルの防風性能を実現しています。

Tuono V4ファクトリーは、RSV4に導入された革新的なデュアルフェアリングのコンセプトを踏襲しており、少ない面積でもエアロダイナミックパーツとしての機能を果たします。アプリリアはパフォーマンスと快適性を向上させるため、さらに複雑な空力ソリューションを徹底的に開発することに注力しています。インスピレーションは明らかにレーシング界から湧いてきており、2枚の壁の間を流れる空気の圧力は、高速走行時の安定性を最適化すると同時に、エンジンから排出される熱風を逃し、直接気流からライダーを守ることで快適性を向上させています。

トップフェアリングには、2つのメインライトを囲むように配置された DRL が特徴の LED ヘッドライトユニットを搭載し、そのライトスタイルはいかなる条件でも、Tuono V4 ファクトリーを見紛うことはありません。ウィンカーランプは2つのDRLの横側に組み込まれ、フロント部がさらにコンパクトになりました。ライティングシステムにはさらに安全性を高めるために、幾つかの独自機能を搭載しています。トワイライトセンサーにより、ロービームが自動的に点灯し、急ブレーキ時にはウィンカーランプが急点滅します。さらに、「コーナリングライト」機能により補助ライトがコーナーの内側を照らし、コーナリング時の視認性を高めます。

Tuono V4ファクトリーではスポーツ走行での効率やフィーリングの向上を最終目的に向けて、エルゴノミクスを徹底的に研究しています。横幅が狭く、従来とは異なるデザインを採用した新しい燃料タンクを導入したことにより、ライダーのバイクへのフィット感が向上し、ブレーキ時に上体をしっかりサポートすることで腕への負担を軽減し、さらにコーナリング時の外脚のレストポジションを確保します。

Tuono V4ファクトリーの新しいサドルは、従来モデルよりも長く、長身のライダーにも対応しており、さらに快適性が向上しています。また、オーリンズ社が開発し、アプリリアのエンジニアと提携して微調整を加えた、最先端のセミアクティブ電子制御サスペンションを搭載しています。

またハンドルバー上のスイッチ操作によって簡単にキャリブレーションを行うことができ、あらゆるシーンでスリル満点のライディングを楽しむことができます。

また、新型 Tuono V4ファクトリーは、アプリリアの最もスポーティなモデルの伝統を踏襲し、パッセンジャーフットペグ、ライセンスプレートブラケットなど、サーキット走行に必要のない全ての要素を簡単に取り外せるように設計されています。

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル 記事3

シャーシ/Tuono V4がこのカテゴリーの新基準

Tuono V4のシャーシ構造は、常にこのカテゴリーの基準となっています。このシャーシがもたらすフロントホイールのフィーリングは強みと言えます。慣れるまでに要する時間は一切不要で、むしろライダーは正確で操作しやすく完璧な軌道に従うフロントエンドにすぐに自信を持つことができます。これは、アプリリアが培ってきた超精密なシャーシ構造を組立てるノウハウが、新型 Tuono V4で非常に高いレベルに到達させています。

既に不動の地位を築いたアプリリアの伝統に基づき、Tuono V4ファクトリーのアルミフレームは、鋳造とプレス加工された部品を溶接して強度と柔軟性を高めています。つまり、瞬時のフィーリングと最大のライディングコントロールを実現するために調整された、ねじり剛性レベルが特徴的な構造になっています。新設計のスイングアームは、フレームと同じ構造技術を採用していますが、下部に補強ブレースを備え、従来の7つの溶接部品から現在の3つの部品へと簡素化しています。さらに、補強ブレースのアームが長くなったことで、スイングアームの横剛性がホイールピン部で大幅に向上し、トラクションに大きな効果をもたらしています。

アプリリア Tuono V4ファクトリーでは、先進的かつ効率的な電子制御サスペンションシステムを標準装備しています。これはアプリリアのエンジニアとオーリンズ社が密接に協力して開発された最先端技術です。Smart EC 2.0セミアクティブサスペンション特有の技術により、セミアクティブモードとマニュアルモードの2つの操作モードを備えたフォークとショックアブソーバーのキャリブレーションを簡単にカスタマイズすることができ、またハンドルバースイッチのボタン操作で選択が可能です。

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル 記事4

アプリリア V4 1100エンジンの強烈な個性

Tuono V4ファクトリーは、独特な個性を放つ65°V4エンジンを搭載した唯一のスポーツネイキッドバイクです。スリムな V 型構造を採用することで、エンジンを大幅にスリム化することができ、マスの集中化を図ると共にシャーシのコンパクト化も実現しています。トップクラスのスポーツライダーのニーズを満たすプラットフォームであると同時に、レーシングバイクを開発するための唯一無二のプラットフォームでもあります。

タイミングシステムでは、カムチェーンがインテークカムシャフトのみを駆動し、それがギアを介してエキゾーストカムシャフトを駆動するという、非常に特殊な方法を採用しています。これにより Tuono V4では極めて小さなヘッドを採用し、GP マシン並みにコンパクトなフレームレイアウトを実現しています。クランクケースには一体型アルミ製シリンダーライナーを備えたモノブロックを採用し、高剛性と安定したパフォーマンスを実現しています。

また、カウンターシャフトが振動を抑制します。1,077ccのパワープラントを搭載した高性能エンジンには大幅な改善が施されています。シリンダーヘッドの構造には、より軽量で効率に優れたバルブスプリングバケットタペットを採用したことで、最大回転数が従来の12,500rpmから新型では12,800rpmへと300rpm増加しており、より切れ味の良いスリリングなパフォーマンスを実現しています。

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル 記事5

新型APRC/アプリリアが提供する最先端のエレクトロニクス

アプリリアの更に進化を遂げた電子制御システムが Tuono V4ファクトリーに初搭載されます。従来モデルに搭載されていたものから更に進化を遂げ、その効率性と細かいチューニングについては常に評論家や多くのユーザーの注目の的となっています。

新世代の APRC(アプリリア パフォーマンス ライド コントロール)はレーシングから直接派生した制御システムパッケージで、ビルトイン型フル ライド・バイ・ワイヤ・スロットルが提供する高度な電子制御を完璧なまでに統合し、さらに極めて高い計算能力を誇る6軸慣性プラットフォームを採用していることから、バイクの動的状況を検知する能力に優れ、極めて細かい電子制御ストラテジーを実現しています。

新型 APRC の新機能の一つは、選択したエンジンマップから独立して、エンジンブレーキコントロールを調整可能にする AEB(アプリリア エンジンブレーキ)です。

アプリリア トゥオーノ V4 Factory 2021年モデル 記事6

APRC システムに加えて、Tuono V4ファクトリーにはボッシュ社と共同開発した3段階調整式コーナリング ABS が標準装備されており、サーキットで最高のパフォーマンスを実現すると共に、路上での安全性をさらに高めています。非常に軽量でコンパクトなサイズに抑えた9.1MP システムは、横加速度、フロントブレーキに掛かる圧力、リーンアングル、ピッチアングル、ヨーアングルなどの様々なパラメーターを常時監視し、減速度と安定性の比率を最適化するためにブレーキ動作を調整する独自のアルゴリズムにより、コーナリング時のブレーキ操作と ABS の介入を最適化することができます。

ABS システムはアプリリア RLM(リア リフトアップ ミティゲーション)システムと連動しており、急ブレーキ時の後輪の浮き上がりを抑制します。3段階の感度レベルのうち1段階は、後輪の ABS を無効化することができ、サーキットで最高のパフォーマンスとスリルを追求する場合に理想的なソリューションとなります。

使用状況に応じてライディングエクスペリエンスを最大限に高め、さらにバイクライフをよりシンプルにすることを目的に、6種類のライディングモードを搭載しています。

ライダーは自分のライディングニーズに合ったライディングモードを選択するだけで、トラクションコントロール、ウィーリーコントロール、エンジンブレーキ、ABS などの管理パラメーターが自動的に最適な設定となります。

公道で使用する3種類のライディングモード

・Tour/日常ライドに最適
・Sport/公道でのスポーティな走りを実現
・User/電子制御を完全にカスタマイズ

サーキットでの使用を想定して設計された3種類のライディングモード

・Race/アプリリア開発チームの経験に基づいて細かいチューニングが施され、トラックセッションでライダーをしっかりサポーし、Tuono V4および Tuonno V4ファクトリーの潜在能力を最大限に引き出すのに最適です。
・「Track 1」及び「Track 2」/経験豊富なライダーがエレクトロニクスの設定を完全にカスタマイズすることができ、また2つのトラックのパラメーターを記憶することができます。

バージョンとカラーリング

Tuono V4ファクトリーには、オーリンズ製セミアクティブ Smart EC 2.0サスペンションシステムを採用するなど、装備パッケージを充実させたモデルとなります。Aprilia Black(アプリリア ブラック)のカラーリングは、光沢のあるブラックにレッドのハイライトを施し、アルミフレームのラインを際立たせています。Tuono V4ファクトリーには、スポーティなピレリ製ディアブロ・スーパーコルサを装着し、リアには200/55のワイドタイヤを装着しています。

Tuono V4 Factory主要諸元

■エンジン/4ストローク 水冷65°V型4気筒 DOHC 4バルブ
■総排気量/1,077cc
■ボア×ストローク/81mm× 52.3mm
■圧縮比/13.6:1
■最高出力/175HP(129 kW)/11,350rpm
■最大トルク/121Nm/9,000rpm
■燃料供給方式/電子制御燃料噴射システム、マレリ製48mm4スロットルボディ、8インジェクター、ライド・バイ・ワイヤ エンジンマネージメントシステム
■トランスミッション/6速カセットタイプ アプリリア・クイック・シフト(AQS)UP & DOWN 2次減速比/42/15
■クラッチ/機械式スリッパ―システム付湿式多板クラッチ
■電子制御マネージメント/APRC システム(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)の機能、AEM(アプリリア・エンジン・マップ)、AEB(アプリリア・エンジン・ブレーキ)、ATC(アプリリア・トラクション・コントロール)、AWC(アプリリア・ウィーリー・コントロール)、ALC(アプリリア・ローンチ・コントロール)、ACC(アプリリア・クルーズ・コントロール)、APT(アプリリア・ピットレーンスピードリミッター)、6種のライディングモード(Road 3種・Track 3種)
■フレーム/アルミニウム製デュアルビームフレーム、Ohlins製Smart EC 2.0電子制御ステアリングダンパー
■サスペンション(F)/Smart EC 2.0電子制御Ohlins製NIXテレスコピックΦ43mmチタンコーティング倒立フォーク、アルミ製ラジアルキャリパーマウント、スプリングプリロード、コンプレッション及びリバウンド調整機能、ホイールトラベル120mm
■サスペンション(R)/ダブルブレースアルミ製スイングアーム、Smart EC 2.0電子制御 Ohlins 製 TTX モノショックビギーバックタイプ、スプリングプリロード、ホイールベース、コンプレッション及びリバウンド調整機能、ホイールトラベル129mm
■ブレーキ(F)/330mm軽量ステンレス製フローティングデュアルディスク、ブレンボ製 M50モノブロック ラジアルマウント30mm径4ピストンキャリパー、ラジアルポンプ
■ブレーキ(R)/220mmディスク ブレンボ製 32mm径2ピストンフローティングキャリパー
■ABS/ボッシュ製9.1MP コーナリング ABS 3マップ、RLM(リアホイールリフトアップ抑制システム)
■ホイール(F)/3.5J×17 軽量アルミホイール
■ホイール(R)/6.0J×17軽量アルミホイール
■タイヤ(F)/120/70-ZR17
■タイヤ(R)/200/55-ZR17
■全長×全幅/2,070mm×810mm
■ホイールベース/1,452mm
■シート高/837mm
■車両重量/209Kg(燃料90%搭載時)
■燃料タンク容量/17.9 L

お問い合わせ

ピアッジオグループジャパン株式会社
ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社(2021年6月8日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ