【アプリリア】ユーロ5対応でグラフィックも一新!「RX 125」「SX 125」の2021年モデルを発売

掲載日: 2021年04月02日(金) 更新日: 2021年04月02日(金)

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル メイン

ピアジオグループジャパンは、アプリリアの125ccクラスのフルサイズオフローダー「RX 125(41万8,000円)」および、モタードモデル「SX 125(42万9,000円)」を2021年4月2日(金)に全国のアプリリア正規販売店で発売した。

今回のモデルでは欧州の排ガス規制であるユーロ5に対応させると共に、新グラフィック「ラリートリビュート」を採用。出荷は2021年5月中旬より順次となる(価格は全て税10%込み)。

アプリリアの本格派125ccオフローダー「RX 125」とモタード「SX 125」が新グラフィックを採用した2021年EURO 5モデルを発売

ピアッジオグループジャパン株式会社 (本社/東京都港区芝2丁目、代表取締役 ネリ・ミクラウス)は、原付二種クラスでありながら、本格的な装備やボディサイズ、そしてその走りがクラスを超えた存在感を放つオフロードモデル「RX 125」と、そのモタードバージョンである「SX 125」の2021年モデルを、全国のアプリリア正規販売店にて発売致します。

アグレッシブで本物志向なライダーに捧げるこの2021年モデルでは、EURO 5に適合したエンジンと、ホワイトをベースにした新しいグラフィックを採用し、トップレベルのスポーツ性能を提供するハイレベルなパフォーマンスとデザイン性を兼ね備えた、2種類の個性が際立つモーターサイクルです。

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル 記事1

(左から)RX 125、SX 125

アプリリア RX 125

■メーカー希望小売価格/41万8,000円(税10%込み)
■グラフィック/ラリートリビュート
■発売日/2021年4月2日(金)
■出荷開始時期/2021年5月中旬から順次
■商品ページ
・URL/https://aprilia-japan.com/rx125.html?id=prtimes

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル 記事2

RX 125

アプリリア SX 125

■メーカー希望小売価格/42万9,000円(税10%込み)
■グラフィック/ラリートリビュート
■発売日/2021年4月2日(金)
■出荷開始時期/2021年5月中旬から順次
■商品ページ
・URL/https://aprilia-japan.com/sx125.html?id=prtimes

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル 記事3

SX 125

アプリリア SX および RX 125は、オフロードレースにおけるアプリリアの偉大な功績を継承する最新のバイクです。長年に渡り好評を博してきた軽量で高性能なバイクは、日常走行でも最も過酷なオフロードトレイルでも、非常に楽しい走りを実現します。アプリリアファミリーの2種類のエントリーレベルのバイクは、デザインや機能、エンジンを刷新し、ハンドルを握るライダーの満足度をさらに高めることを目標にしています。

従来、SX および RX 125は同じ技術基盤を共有していますが、様々な情熱に応えるという意味合いでは、個性が大きく異なります。SX 125は公道やレーストレイルでの楽しみを追求したアプリリアのスーパーモタードであり、RX 125はよりオフロードの意味合いが強く、あらゆる地形に対応することができます。いずれも若くて要求の厳しいライダーに向けて開発しており、パフォーマンスだけでなく、日常走行のスタイルや安全性にも配慮しています。

17インチホイールとスポーツタイヤを装着したアプリリア SX は、公道で最も目立つ125ccバイクの一つです。クラス最高峰のパフォーマンスを備える刷新したエンジンにより、ベンチマークとなるパフォーマンスを発揮します。オフロードのデザインに新たなトレンドをもたらしたアプリリアのモーターサイクルにインスパイアされたフォルムによって、すべてが完璧に仕上がっています。

アプリリアRXは、オフロードファンに向けて開発しています。典型的なオフロードサイズ(フロント21インチ、リア18インチ)のホイールにノビー製タイヤを装着し、RX の目標である、あらゆる地形に対応するため厳密なコントロール性能を徹底的に追求しています。

デザイン

アプリリアはモタードやエンデューロのようなベーシックバイクに、ユニークで極めて革新的なデザインを最初に取り入れました。SXは機能性を重視したスタイルによって偉大な足跡を残すことが運命づけられたRXをベースにしています。

トリムにも沢山のこだわりが詰まっています。フレーム、エンジン、スイングアーム、ホイール、ダブルセクションアルミ製ハンドルバーには光沢のある美しいブラック塗装を施し、さらに燃料タンクのフォルムを一新しています。ラリートリビュートのグラフィックも新しく、アプリリアのオフロードの伝統を受け継ぐ典型的なカラーリングが特徴的です。

シート下には USB ポートの取付けが可能なスペースがあります(オプションアクセサリー)。日常使いに適した汎用性と実用性を兼ね備えた、先進的なモーターサイクルの開発に取組む証として、アプリリアはSXとRXにコンパクトでモダンに洗練され、視認性に優れたデジタルインストルメントを搭載し、幅広い機能を提供しています。

また、最高速度を表示するトラベルダイアリーや、ライディング中の走行距離を表示する2つのトリップオドメーターなど新機能を搭載しています。

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル 記事4

エンジン

パフォーマンス面ではカテゴリーのトップに立つ新型エンジンが両モデルで登場します。4バルブ水冷単気筒のエンジンには再設計した燃焼室のために開発した新しいヘッド、新しい吸排気ダクト、新しいイリジウム製スパークプラグを採用し、サーモダイナミクスエリアを全面的に刷新しています。

よりアグレッシブなバルブコントロールを実現したカムシャフト、バケットタペット、バルブスプリングも新しくなり、吸気ラインも一新し、さらに全く新しいエアフィルターを装備しています。スロットルボディを高い位置に配置し、ヘッドへの吸気の流れをよりダイレクトにしています。排気ラインも全面的に再設計し、より効率的な触媒システムを備えた新しいエキゾーストシステムとアプリリアのロゴを配して洗練された新しいスチール製サイレンサーを採用しています。

トルク曲線がさらに力強くなり、低回転域で最大出力を発揮し、特に新しいマレリ製 MIUG4 ECU が提供する今まで以上に洗練された電子制御によって低燃費を実現しています。これにより、街乗りでもオフロード走行でも、スロットルをひねった時にレスポンスの良いパフォーマンスが得られ、スポーツの楽しさと扱いやすさを実現しています。

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル 記事5

シャーシ構造

非の打ちどころのない安全性の実現に向けて、アプリリアSXおよび RX に最新のサスペンションとクラストップレベルの ABS 付きブレーキシステムを搭載し、完璧に制御可能な制動力と優れた安全性や効率性を実現しています。

アプリリアはフロントホイールに、ブレーキング時の高い精度とコントロール性を提供しつつ、ハードブレーキング時のリアホイールの浮き上がりを補正する、アンチロールオーバーモードを備えたボッシュ製 ABS システムをこの市場セグメントで初めて導入しました。

SX には、ダブルピストンフローティングキャリパー付き300mmフロントディスクとフローティングキャリパー付き220mmリアディスクを装備しています。対して、RX には、レースシーンを彷彿とさせるフロント260mm、リア220mmの美しい2枚のウェーブディスクを装備しています。高剛性のツインチューブスチールフレームには、クラス基準を超えたサスペンションを組み合わせ、フロントには41mmのパワフルな倒立テレスコピックフォークを装備し、240mmのホイールトラベルを確保しています。リアには、トラクションを最適化するロングスイングアームを採用し、プログレッシブリンケージを採用したモノショックにより210mmのホイールトラベルを確保しています。

SX や RX のような本格的なモーターサイクルには、構成部品にも高いレベルが求められます。特にホイールは剛性と軽さの両立が性能を左右する大きな要素となります。アプリリア RX は、ブラックアルマイト仕上げのハブを備えた高品質のスポークホイールを装着しています。また、アプリリア SX は、溝幅の広い17インチのスポークホイールに100/80-17インチと130/70-17インチの大きなスポーツタイヤを装着し、あらゆるコンディションで最大限のグリップ力を発揮します。

新しいアプリリア RX 125及び SX 125には新たにラリートリビュートのグラフィックバージョンを採用し、明るくアグレッシブなカラーリングに生まれ変わっています。

アプリリア RX 125 SX 125 2021年モデル 記事6

アプリリア RX125/SX 125 主要諸元

■エンジン/4ストローク 水冷単気筒 DOHC 4バルブ
■総排気量/124.2cc
■ボア×ストローク/58mm×47mm
■最高出力/11kW(15HP)/10,000rpm
■最大トルク/11.2Nm/8,000rpm
■燃料供給方式/電子制御燃料噴射システム、マレリ製Φ32mmスロットルボディ
■点火方式/電子制御イグニッションシステム
■潤滑方式/ウェットサンプ
■始動方式/セルフ式
■トランスミッション/6速リターン
■変速比/(1速)11/33(2速)15/30(3速)18/27(4速)20/24(5速)25/27(6速)23/22
■一次減速比/29/69
■最終減速比/RX125:13/69、SX125:13/62
■クラッチ/湿式多板クラッチ
■フレーム/ツインチューブスチールフレーム
■サスペンション(F)/Φ41mmテレスコピック倒立フォーク ホイールトラベル240mm
■サスペンション(R)/スチール製スイングアーム、プログレッシブリンク式モノショック、ホイールトラベル210mm
■ブレーキ(F)
・RX125/Φ260mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
・SX125/Φ220mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
■ブレーキ(R)
・RX125/Φ220mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
・SX125/Φ220mmステンレスディスク、フローティングキャリパー
■ホイール(F)
・RX125/1.85×21
・SX125/2.50×17
■ホイール(R)
・RX125/2.15×18
・SX125/3.50×17
■タイヤ(F)
・RX125/90/90-21
・SX125/100/80-17
■タイヤ(R)
・RX125/120/80-18
・SX125/130/70-17
■全長
・RX125/2,145mm
・SX125/2,075mm
■全幅/820mm
■全高
・RX125/1,180mm
・SX125/1,140mm
■シート高
・RX125/905mm
・SX125/880mm
■ホイールベース
・RX125/1,430mm
・SX125/1,425mm
■車両重量/134Kg
■燃料タンク容量/6.2L
■生産国/中国

お問い合わせ

ピアッジオグループジャパン株式会社
ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社(2021年4月1日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ