【KTM】「KTM 1290 SUPER DUKE R」 計174台のリコールを発表

掲載日: 2021年04月01日(木) 更新日: 2021年04月01日(木)
カテゴリー: 車両情報  タグ: , ,  

【KTM】KTM 1290 SUPER DUKE R 計174台のリコールを発表 メイン

KTM ジャパンは「KTM 1290 SUPER DUKE R」計174台について、国土交通省にリコールを届け出た。リコール届出番号は「外-3194」となっており、上記車両についてはリアエンド下部パネルの形状が不適切なため、振動によりハーネスの被膜が破れ、最悪の場合走行中にエンジンが停止し再始動不可、または火災に至る可能性がある。

これについて同社では対象車両のユーザーへダイレクトメールを送付すると共に、 KTM 正規ディーラーにて当該パーツの対策加工を無償で行う予定だ。

KTM Japan リコール届出について(外-3194)

KTM Japan 株式会社(所在地: 東京都江東区有明、代表取締役社長:オリバー・ゴーリング)は、国土交通省へリコール(回収 無償修理)の届出をいたしましたことをご連絡いたします。

【KTM】KTM 1290 SUPER DUKE R 計174台のリコールを発表 記事2

【KTM】KTM 1290 SUPER DUKE R 計174台のリコールを発表 記事1

KTM 1290 SUPER DUKE R

■リコール届出番号/外-3194
■リコール開始日/2021年4月1日(木)
■不具合状況
・リアエンド下部パネルにおいて、形状が不適切なため、走行振動によりメインワイヤーハーネスが当該パネルに接触することがある。そのため、当該ハーネスの被膜が破れ、ハーネス内の配線が短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し再始動できなくなる、または火災に至るおそれがある。
■改善措置の内容
・全車両、メインワイヤーハーネスの配索を修正し、リアエンド下部パネルに対策加工を行う。なお、メインワイヤーハーネスの損傷状況を点検し、必要に応じて修正を行う。
■発見の動機/本国からの情報による。
■対象車輌
■車名/KTM
■型式/1290SDV3949
■通称名/1290 SUPER DUKE R
■リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間
・VBKV39402LM921904~VBKV39408LM929988
・2019年12月10日~2020年7月29日
■リコール対象車の台数/174台
※リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車輌が含まれている場合もあります。

ご愛用いただいているお客様へ

・ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、 KTMJapan 株式会社よりダイレクトメールにてご連絡いたしますので、お近くの KTM 正規ディーラーにご連絡いただき、リコール対策作業(無償)をお受けくださいますようお願い申し上げます。
・皆様へ迅速な対応を行うため、車輌をご入庫の際は作業日時のご予約をお願いいたします。
・お手数をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

KTM Japan株式会社
TEL/03-3527-8885
ホームページURL/https://www.ktm.com/jp/
ディーラー検索はコチラ/https://www.ktm.com/jp/dealer-search/

1290 SUPER DUKE R のカタログページはこちら>>
その他KTM製品に関する記事はこちら>>

リリース = KTM Japan株式会社(2021年3月31日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ