【ホンダ】スマートキー装備で利便性もアップ!「Dio110」をフルモデルチェンジし2/25に発売

掲載日: 2021年01月29日(金) 更新日: 2021年01月29日(金)

ホンダ Dio110 2021年モデル メイン

ホンダは原付二種スクーター「Dio110」をフルモデルチェンジし2021年2月25日(木)に発売する。今回のモデルでは力強い走りと高い環境性能併せ持つ新設計のエンジン「eSP」のほか、高剛性かつ軽量なフレーム「eSAF」を採用。また、Honda SMART Key システムが装備された。

価格はカラー毎に異なっており「パールジャスミンホワイト」「ディセントシルバーメタリック」が24万2,000円。「マットスターリーブルーメタリック」「マットギャラクシーブラックメタリック」は24万5,300円となる(価格は全て税10%込み)。

原付二種スクーター「Dio110」をフルモデルチェンジし発売

Honda は、軽快な走りと扱いやすい出力特性を兼ね備えた原付二種スクーター「Dio110」に、新設計のエンジン「eSP」(※1)や軽量・高剛性フレーム「eSAF」(※2)、利便性の高い Honda SMART Key システムを採用するなどフルモデルチェンジし、2月25日(木)に発売します。

ホンダ Dio110 2021年モデル 記事1

Dio110(パールジャスミンホワイト)

今回、Dio110に搭載した新設計の空冷・4ストローク・OHC・109cc単気筒エンジン eSP は、圧縮比を高めたコンパクトな燃焼室とし、エンジンをロングストローク化することで燃費性能をより高めるなど、力強い走りと環境性能を高次元で両立。また、新設計フレームeSAFは、プレス材に高張力鋼板を使用し、レーザー溶接などの最新技術を採用した、高剛性かつ軽量なフレームとしました。さらに、Honda SMART Key システムや、低燃費運転をサポートする ECO インジケーターを採用するなど、使い勝手を高める装備をより充実させました。

(※1)eSP:enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です。
(※2)eSAF:enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で高感度な)Architecture(構造、構成)Frame(車体、フレーム)の略です。

ホンダ Dio110 2021年モデル 記事2

Dio110(マットスターリーブルーメタリック)

ホンダ Dio110 2021年モデル 記事3

Dio110(ディセントシルバーメタリック)

ホンダ Dio110 2021年モデル 記事4

Dio110(マットギャラクシーブラックメタリック)

■販売計画台数(国内・年間)/3,600台
■車両名/Dio110
■カラー・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・パールジャスミンホワイト、ディセントシルバーメタリック/24万2,000円
・マットスターリーブルーメタリック、マットギャラクシーブラックメタリック/24万5,300円
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

Dio110の主な特徴

【新設計のエンジンeSP】
エンジンは、燃焼効率をより向上させた新設計のeSPを搭載。燃焼室をコンパクト化し圧縮比を高め、内径×行程を変更することでロングストローク化。低・中回転域の出力およびトルクを向上させ、軽快で力強い走りとしました。また、駆動系には、エンジンからの動力をより効率的に後輪に伝達するため、ダブルコグベルトを採用することで、低燃費化に寄与しています。

【最新技術を採用し、高剛性・軽量化を実現した新設計フレーム eSAF】
フレームには、高張力鋼板(ハイテン材)を使用し、高剛性かつ軽量化した新設計フレームeSAFを採用。従来の鋼管フレームから加工精度の高いプレス成型とし、成型した骨格の溶接をレーザーで行っています。また、プレス成型の利点を活かし、縦方向からの外力に強いフレームとすることで、サスペンションが路面から受ける衝撃の吸収力をより高めるなど、軽量化と相まって、快適で軽快な走行を実現しています。

【充実した魅力的な装備】
今回新たに採用した Honda SMART Key システムは、スマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠を可能としています。また、今回フタ付きのフロントインナーボックスを新たに採用するとともに、メーターには、低燃費走行をサポートする ECO インジケーターや走行距離などを表示する液晶ディスプレイをアナログメーター内に採用することで使い勝手をより向上させました。

【走りの進化にあわせた、アクティブで上質感のあるスタイリング】
スタイリングは、ダイナミックなボディーラインでよりアクティブさを表現し、マフラーカバーやフロアステップなどに、幾何学模様を施すことで、上質感を演出しました。カラーリングは全4色の設定で、さわやかな印象の「パールジャスミンホワイト」、洗練された印象の「ディセントシルバーメタリック」のほか、落ち着いた印象の「マットスターリーブルーメタリック」、精悍な印象の「マットギャラクシーブラックメタリック」のマットカラータイプも設定。マットカラータイプ専用の仕様として、車体後方側面に立体エンブレムを、シートにグレーのステッチを施すことで特別感を演出しています。

ホンダ Dio110 2021年モデル 記事5

お問い合わせ

本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086-819

リリース = 本田技研工業株式会社(2021年1月29日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ