【ヤマハ動画】このバイクでキャンプツーリングしたら楽しそう! 台湾ヤマハが「BW’S」2021年モデルを発表

掲載日: 2020年10月28日(水) 更新日: 2020年10月28日(水)

2020年10月26日未明、台湾山葉機車(ヤマハモーター台湾)の公式サイトにて「BW’S(ビーウィズ)」の2021年モデルが発表された。

1988年に日本国内で発売された BW’S のエンジンは50ccの空冷2ストロークだったが、こちらは125ccの水冷4ストローク4バルブの単気筒を採用。しかも可変バルブシステム(VVC)まで装備している。

また、同シリーズのアイデンティティでもある二眼ヘッドライトのロービーム側はプロジェクターランプを装備。面白いのは車体の各所にキャリアやステーなどを取り付けられる拡張スペースが設けられていること。これらをフル活用した場合の積載容量は相当なものだろう。

なお、同車両については現在のところ国内導入などの情報は無いが、キャンプツーリングがブームとなっている昨今、発売されれば人気車種になる可能性もあるのではないだろうか。

リリース

Yamaha Motor Taiwan(2020年10月26日発行)

その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ