【ヤマハ】電動スクーター「E-Vino」2021年モデルに新色を採用し11/20に発売

掲載日: 2020年10月14日(水) 更新日: 2020年10月14日(水)

ヤマハ E-Vino メイン

ヤマハは原付一種の電動スクーター「E-Vino(25万9,600円/税10%込み)」に新色を採用し2021年モデルとして2020年11月20日(金)に発売する。

今回採用された新色は「イエロー/ホワイト」および「ホワイト」の2タイプ。同車両は原付一種スクーター「Vino」をベースとした電動コミューターとなっており、生産はヤマハモーター台湾で行われている。

エレクトリックコミューター「E-Vino」2021 年モデルを発売

~2015年の発売以来初のカラーチェンジ~

ヤマハ発動機株式会社は、エレクトリックコミューター「E-Vino(イービーノ)」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして11月20日に発売します。

「イエロー/ホワイト」は、ポップなイエローとクリーンなホワイトのツートンで明るくアクティブなカラーリングにしました。「ホワイト」は、従来のホワイトカラーをベースに、グラフィックをブラックからダークネイビーに変更し、よりクリーンなイメージを表現しました。また、どちらのカラーもホワイトのメーターリングを新たに採用しています。

「E-Vino」は、原付一種スクーターの「Vino」をベースに開発した当社のエレクトリックコミューター第4弾です。モーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電などにより、快適な近距離移動を実現しました。なお、本製品の製造は、当社のグループ会社ヤマハモーター台湾で行います。

ヤマハ E-Vino 記事1

ヤマハ E-Vino 記事2

「E-Vino」イエロー/ホワイト

ヤマハ E-Vino 記事3

ヤマハ E-Vino 記事4

「E-Vino」ホワイト

■名称/E-Vino
■メーカー希望小売価格/25万9,600円(税10%込み)
■カラー
・ビビッドイエローソリッド2(イエロー/ホワイト)
・ホワイトメタリック1(ホワイト)
■発売日/2020年11月20日(金)
■販売計画/400台(国内、年間)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2020年10月14日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ