【ベスパ】新型HPE300エンジンを搭載!「Vespa GTS Super 300 Racing Sixties」を9/1に発売

掲載日: 2020年08月28日(金) 更新日: 2020年08月28日(金)

GTS Super 300 Racing Sixties メイン

ピアッジオグループジャパンは「Vespa GTS Super 300 Racing Sixties」を2020年9月1日に発売する。同車両は「Vespa Racing Sixties(ベスパレーシングシックスティーズ)」シリーズに追加されるモデルであり、総排気量278ccの水冷単気筒エンジン「300 HPE」を搭載している。

カラーバリエーションは「グリーン」および「イノチェンツァホワイト」の2タイプをラインナップ。価格は73万7,000円(税10%込み)となる。なお、車両の出荷は2020年10月以降となる予定だ。

1960年代のレーシングシーンからインスパイアされたVespa Racing Sixtiesシリーズにパワフルな300ccエンジン搭載車を追加

300 HPEエンジンを搭載:史上最強、優れたレスポンスを誇るベスパ

ピアッジオグループジャパン株式会社(本社/東京都港区芝二丁目、代表取締役:ネリ・ミクラウス)は、1960年代のレーシングマシーンの世界観をベスパに採り入れた特別モデル「Vespa Racing Sixties シリーズ (ベスパレーシングシックスティーズ)」に、ベスパ史上最もパワフルなエンジンを搭載した「Vespa GTS Super 300 Racing Sixties(メーカー希望小売価格:737,000円消費税10%込)」を追加し、全国のベスパ正規販売店にて2020年9月1日より販売を開始、10月より順次出荷を開始致します。

GTS Super 300 Racing Sixties 記事1

ベスパシリーズの中でも、快適性とパワフルな走りが定評の GTS 300は、新型HPE300エンジンを搭載し、60年代風にペイントされた Racing Sixties のスタイリングと融合したダイナミックな走りは、かつてのレーシングシーンを連想させるエレガントでスポーティさを際立たせています。

Vespa GTS Super 300 Racing Sixties 商品概要

GTS Super 300 Racing Sixties 記事2

■車名/Vespa GTS Super 300 Racing Sixties
■希望小売価格/73万7,000円(税10%込み)
■カラー/グリーン、イノチェンツァホワイト
■発売日/2020年9月1日(火)

GTS Super 300は、前後にABS付きディスクブレーキ及びトラクションコントロール、LED ヘッドランプなどの先進技術による高い安全性能はもちろん、パワフルな新型水冷278ccエンジンを搭載して、過去の伝説的なスポーツモデルからバトンを受け継ぎながら、スタイル、安全性、卓越したスポーティさと、長距離移動の快適性を現代のスポーツベスパに体現しています。

GTS Super 300 Racing Sixties 記事3

300 HPEエンジン/史上最強、優れたレスポンスを誇るベスパ

最新の GTS Super 300には最新型278cc、4ストローク水冷単気筒、4バルブエンジン及び電子制御式燃料噴射システムを搭載しています。これは300 HPE(ハイ・パフォーマンス・エンジン)として呼ばれ、エンジンユニットは燃料消費量とノイズを抑えると同時に、パフォーマンスと乗り心地を向上するため様々なアイデアが盛り込まれています。カテゴリートップクラスに君臨する前モデルと同じサイズで、サーモダイナミックパフォーマンスを最大限まで高めて摩擦を低減する、ベスパに搭載された史上最強のエンジンです。

シリンダーヘッドは最新の鋳造技術から生み出され、完全に再設計した内部のコンポーネントが特徴を際立たせています。吸排気系統の形状と直径を見直し、インテークバルブとエキゾーストバルブの直径が3mm大きくなりました。特にヘッドの形状が特徴的な最新型ピストンを採用したことで、非常に効率的な燃焼室が実現しました。

SOHC システムは、スライダーではなくローラータペットを搭載した新型ロッカーを採用し、流動性と耐久性を高め、さらにメカニカルロスを軽減しています。カムシャフトのプロファイルを再設計することでより良いバルブリフト特性を獲得し、さらに発生するノイズを低減することを実現しました。

また、新しい高圧マルチジェットインジェクターの導入により燃焼を改善しています。長さを最適化したマニホールドによる吸気ラインの見直しで、低い回転数での供給トルクを改善し、あらゆる速度で非常に滑らかな乗り心地を提供します。新しいイリジウムスパークプラグは耐久性が高く、あらゆる使用状況にも最適に機能します。

トランスミッションも徹底的に見直し、CVT にはより強靭なベルトを導入し、摩擦やノイズを低減する新素材を採用しています。これらはすべてメカニカルノイズを低減するため、吸音材でコーティングを施した新しいカバーで覆われ、新しくより剛性の高いクラッチドラムが更に機能を向上しています。

優れた計算処理能力を備えた最新世代の Magneti Marelli 製 MIUG4 ECU がエンジンを制御し、全体的なエンジン効率が向上しています。またクランクシャフトが2回転した直後からエンジン始動が可能となります。

GTS Super 300 Racing Sixties 記事4

Vespa Racing Sixties

GTS Super 300 Racing Sixties 記事5

60年代のレーシングシーンは、スピードや勝利がレーシングマシーンやライダーの気品や優雅さと密接に結びついた、伝説的な時代でした。

ベスパRacing Sixtiesシリーズは、60年代のジェントルマンライダーレースからインスピレーションを得ました。「表現の自由」がレーシングマシーンのカスタマイズにまで拡大した時代で、チームや参戦するレース、そして特にカラーリングやグラフィック、素材に至るまで自身のレーシングマシーンに対する美学を意欲的に追及していました。そのカラーリングやグラフィックは、チームの判別が一目で認識し易くする方法のひとつとして、国籍を色で表す事が多々ありました。

ベスパ Racing Sixties スペシャルシリーズに採用されたスタイルは、モナコやモンツァサーキットでの伝統のグランプリレースや、タルガフローリオのような歴史的レースで活躍した、伝説的なドライバー達の偉業を反映しています。レトロな雰囲気は最小限に抑えつつ、ベスパによる独自のアレンジと流行を取り入れています。新しいカラーリングを纏った Racing Sixties スペシャルシリーズは、クラシックスタイルにスポーティ感を融合させ、カラーや素材、質感などの価値を再構築し、ディテールの特別感と、大胆でいてシンプルなスタイリングを採用しています。

グリーンとイエロー、ホワイトとレッドのようなシンプルな色を組み合わせ、さらにサイドとフロントタイを強調するグラフィックによって、ベスパ GTS Super はクラシックでスポーティな味付けとなりました。更に、パッセンジャーグラブハンドルやフットレスト、フロントライトとリアライトのトリムリング、サイレンサーカバー、バックミラー、メーターパネルベース、シールドトリム、フロントマッドガードに取付けた クレストをマットブラック仕上げにすることで、そのスタイリングを引き締めた印象を与えています。

ベスパ GTS Super Racing Sixties は、1960年代のスポーツカーを彷彿させるゴールドメタリック仕上げのホイールと、クラシックな雰囲気のクロームメッキ仕上げを極力排除し、専用の表皮を採用したシートなど、特別感と高級感が増しています。更に、専用ネームプレートをグローブボックスリッドに装着してエキサイティングで魅力的なレーシングの世界をオマージュしています。

Vespa GTS Super 300 – 主要諸元

【エンジン】
■形式/HPE 4ストローク水冷単気筒 SOHC 4バルブ
■総排気量/278cc
■ボア×ストローク/75 mm×63mm
■最高出力/23.8HP(17.5 kW)/8,250rpm
■最大トルク/26Nm/5,250rpm
■燃料システム/電子制御式燃料噴射システム
■トランスミッション/無段階オートマチック(CVT)
■クラッチ/自動遠心乾式クラッチ

【車体】
■フレーム/スチールモノコック
■フロントサスペンション/片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
■リアサスペンション/4段階スプリングプリロード調整機構付きツインショックアブソーバー
■フロントブレーキ/油圧式220mmステンレススチール製ディスク ABS
■リアブレーキ/油圧式220 mmステンレススチール製ディスク ABS
■フロントタイヤ/120/70-12
■リアタイヤ/130/70-12

【寸法】
■全長/全幅/1,950mm/755mm
■ホイールベース/1,375mm
■シート高/790mm
■車両重量/160kg
■燃料タンク容量/8.5リットル
■製造国/ベトナム

お問い合わせ

ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社(2020年8月28日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ