【ヤマハ】自立アシスト機構「スタンディングアシスト」を搭載した新型 LMW「TRICITY300 ABS」を9/30に発売

掲載日: 2020年08月24日(月) 更新日: 2020年08月24日(月)

TRICITY300 ABS メイン

ヤマハは新型 LMW「TRICITY300 ABS」を2020年9月30日(水)に発売する。同車両は、総排気量292cc 水冷単気筒の「ブルーコア」エンジンを新設計のフレームに搭載。また、スイッチ操作により車両の自立をアシストする機構「スタンディングアシスト」を同社市販モデルで初めて採用した。

車両価格は95万7,000円(税10%込み)。カラーバリエーションは「ブルーイッシュグレーソリッド4」「マットグレーメタリック6」「マットダークグレーメタリック A」の3タイプが用意されている。

新型 Leaning Multi Wheel「TRICITY300 ABS」を発売

~スタンディングアシストや新フレームを採用し、安心感と快適性をもたらす都市移動を実現~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4 バルブ・292cm3「BLUE CORE(※1)/ブルーコア」エンジンを搭載する LMW(※2)の新製品「TRICITY300 ABS」を9月30日に発売します。

「TRICITY300 ABS」は、「The Smartest Commuting Way」をコンセプトに開発しました。旋回時の優れた安定感や自然なハンドリングを生み出す LMW テクノロジー(※3)やパワフルで環境性能に優れる BLUE CORE」エンジンなどにより、日常的な通勤・通学や都市の移動に安心感と快適性をもたらします。また、車両の自立をアシストする「スタンディングアシスト」を当社市販モデルで初採用しました。

主な特長は、1)快適な乗り味を支えるステアリング機構「LMW アッカーマン・ジオメトリ(※4)」、2)停車時や押し歩き時に便利な スタンディングアシスト」、3)市街地での使用に配慮した「BLUE CORE」エンジン、4)安定感としなやかさをもたらす新フレーム、5)「Y」をモチーフにした進化したブランドアイコン、6)アクティブでスマートなスタイリング、7)制動時の車体挙動を穏やかにする ABS と UBS、などです。

(※1)BLUE CORE/ヤマハ発動機は、「走りの楽しさ」と「燃費・環境性能」の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として2014年から「BLUE CORE」を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「TRICITY300 ABS」のエンジンもこの「BLUE CORE」思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。
(※2)LMW/Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
(※3)LMW テクノロジー/平行な上下2本のアームで構成するパラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構で軽快感と安定感の両立に貢献する技術。
(※4)LMW アッカーマン・ジオメトリ/リーンし、なおかつ内外輪差が生まれるフロント2輪が、常に旋回方向を向く設計を成立させ、同心円を描く滑らかな旋回を可能とするヤマハ独自の構造のこと。

TRICITY300 ABS 記事1

「TRICITY300 ABS」グレー

■名称/TRICITY300 ABS
■発売日/2020年9月30日(水)
■メーカー希望小売価格/95万7,000円(税10%込み)
■カラー
・ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
・マットグレーメタリック6(マットグレー)
・マットダークグレーメタリック A(マットグリーニッシュグレー)
■販売計画/400台(年間、国内)

主な特長

■快適な乗り味を支えるステアリング機構「LMW アッカーマン・ジオメトリ」

TRICITY300 ABS 記事2

大型スポーツタイプの LMW モデル「NIKEN」で実績のある「LMW アッカーマン・ジオメトリ」を新たに専用設計し採用しました。フロントサスペンション周りとのバランスを最適化し、自然なハンドリングと接地感を実現し快適で質感ある乗り心地をもたらします。

■停車時や押し歩き時に便利な「スタンディングアシスト」

TRICITY300 ABS 記事3

スイッチ操作により LMW 機構上部のアームに設置したディスクを電動キャリパーでロックし、車両の自立をアシストします。アシスト中もサスペンションの伸縮機能は維持されるので、押し歩き時に小さな段差などを越える時も車体が取り回しやすくなっています。

■市街地での使用に配慮した「BLUE CORE」エンジン

欧州向けスポーツスクーター「XMAX300」の「BLUE CORE」エンジンをベースに仕様を最適化し、心地よい加速フィーリングや快適な乗り心地を実現しました。またフューエルインジェクションは、3次元マップをエンジンに合わせ最適にセッティング。燃料噴射量と点火時期を最適に制御し、燃費やトルク特性を向上させています。

■安定感としなやかな乗り心地を両立する新フレーム

細径パイプと板材を組み合わせた新設計フレームにより、強度と剛性バランスを最適化しました。ステアリングパイプとフレームの接合部を箱型とすることで高い剛性を確保。また、フレームへのエンジン搭載方法はリンク式を採用し、搭載位置の最適化とともに、走行時にライダーへ伝わる振動を低減することで、安定感としなやかな乗り心地を実現しました。

■「Y」をモチーフにしたブランドアイコンの進化

TRICITY300 ABS 記事4

「Y」 がモチーフの TRICITY シリーズ」のブランドアイコンに、エアーマネージメント機能を加えました。また LMW 機構やスタンディングアシストを取り込んだボリュームを活かし、TRICITY シリーズの上位機種にふさわしい立体感を表現しました。

■アクティブでスマートなスタイリング

デザインのコンセプトは「My Right Arm(ビジネスを支えてくれる右腕)」とし信頼できるビジネスパートナーのようなモビリティを目指しました。上質なファッションスタイルと調和する低彩度なボディーカラーをベースとし、足回りにアクセントカラーを配する事で特徴的な機能を強調、洗練した軽快感を演出しました。また、サイドビューから「ハ」の字になるスタンスにより、車体の踏ん張り感を表現しました。

■制動時の車体挙動を穏やかにする ABS と UBS

3輪のLMWに対応したABS(アンチロックブレーキシステム)とUBS(ユニファイドブレーキシステム)を採用。ABS は3つのブレーキ系統をそれぞれ最適に制御し車輪のロックを低減、UBS は、リアブレーキ操作でフロントブレーキにもバランスよく効力を発生させ制動時の車体挙動に穏やかさをもたらします。

TRICITY300 ABS 記事5

TRICITY300 ABS 記事6

ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)

TRICITY300 ABS 記事7

TRICITY300 ABS 記事8

マットグレーメタリック6(マットグレー)

TRICITY300 ABS 記事9

TRICITY300 ABS 記事10

マットダークグレーメタリック A(マットグリーニッシュグレー)

TRICITY300 ABS 記事11

TRICITY300 ABS 記事12

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2020年8月24日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ