【アプリリア】原付二種オフロードモデル「RX 125」とモタードモデル「SX 125」に新グラフィックを追加し8/20に発売

掲載日: 2020年08月07日(金) 更新日: 2020年08月07日(金)

アプリリア RX 125、SX 125 メイン

アプリリアは原付二種のオフロードモデル「RX 125」、およびモタードバージョンである「SX 125」に新グラフィックを追加し2020年8月20日(木)に発売する。

「RX 125(40万7,000円)」に採用された新色は「シルバースピードウェイ」となっており、既存色「レッド レースウェイ」とあわせ2色展開に。「SX 125(41万8,000円)」には「レッド レースウェイ」が追加され、既存色「シルバースピードウェイ」とあわせ、こちらも2色展開となった(価格は全て税10%込み)。

アプリリアの本格派原付二種オフローダー&モタード「RX 125」、「SX 125」に新グラフィックを追加し発売

本格的なオフロードデザインを追求し、フルサイズホイールをはじめとし、高性能サスペンションやパワフルなエンジンを搭載した125ccセグメントの中において貴重なモデルです。

アプリリア RX 125、SX 125 記事1

ピアッジオグループジャパン株式会社(本社:東京都港区芝2丁目、代表取締役ネリ・ミクラウス)は、原付二種クラスでありながら、本格的な装備やボディサイズ、そしてその走りがクラスを超えた存在感を放つオフロードモデル「RX 125」(メーカー希望小売価格407,000円消費税10%込)と、そのモタードバージョンである「SX 125」(メーカー希望小売価格418,000円消費税10%込)に、新たなグラフィックバージョンを追加し、全国のアプリリア正規販売店にて発売致します。

この2つのモデルは、本格的なオフロードデザインを追求し、フルサイズホイールをはじめとし、高性能サスペンションやパワフルなエンジンを搭載した125ccセグメントの中において貴重なモデルとなっています。

アプリリア RX 125

アプリリア RX 125、SX 125 記事2

追加グラフィック「シルバースピードウェイ」

既存のレッドレースウェイに加え、クールな印象を与える新グラフィック「シルバースピードウェイ」は、当初SX125専用グラフィックでしたが、世界に先駆けて日本市場に先行導入致します。

■メーカー希望小売価格/40万7,000円(税10%込み)
■追加グラフィック/シルバースピードウェイ
■発売日/2020年8月20日(木)
■商品ページ URL/https://aprilia-japan.com/rx125.html?id=prtimes

アプリリア RX 125、SX 125 記事3

既存グラフィック「レッドレースウェイ」

アプリリア SX 125

アプリリア RX 125、SX 125 記事4

追加グラフィック「レッド レースウェイ」

既存のシルバースピードウェイに加え、情熱的な赤をアクセントとした新グラフィック「レッド レースウェイ」を追加し、イタリアンブランドを強調するアグレッシブなカラーリングを採用しています。

■メーカー希望小売価格/41万8,000円(税10%込み)
■追加グラフィック/レッド レースウェイ
■発売日/2020年8月20日(木)
■出荷開始時期/2020年9月中旬から順次
■商品ページ URL/https://aprilia-japan.com/sx125.html?id=prtimes

アプリリア RX 125、SX 125 記事5

既存グラフィック「シルバースピードウェイ」

アグレッシブでスポーティーなスタイルを求めるライダーに向けて、アプリリア RX125/SX125は妥協のない本格的な装備、ハイレベルなパフォーマンスとデザイン性を兼ね備える、フルサイズ125ccオフロードモーターサイクル及びモタードスタイルのスポーツモーターサイクルです。

アプリリア RX125/SX125は、ベテランライダーからビギナーまで、強いこだわりを満足させる本格的なオフロードスタイリングが目を引くRX 125をベースにしています。

その背景にはアプリリアのオフロードレースにおける成功の歴史を継承する、洗練されたデザインとパワフルなパフォーマンス、先進のテクノロジーを備えています。

フロント21インチ、リア18インチホイールを装備するこの本格派オフロードバイクRX125と、前後ともに17インチ化されたホイールや、強化されたフロントブレーキを装備する本格派モタードバイクSX125は、日本において原付二種のカテゴリーに分類され、日常的な移動や週末のレジャーのアイテムとしても、手軽に楽しめる1台です。

■デザイン
アプリリアは、エンデューロやモタードのようなモーターサイクルに、ユニークで極めて革新的なデザインを初めて取り入れてきました。RX125/SX125の機能性を重視したデザインは、確実なライディングコントロール性を犠牲にすることなく、このセグメントにおいて他に類を見ない機能性を有した美しいフォルムを実現しています。ブラックアルマイト仕上げのアルミ製テーパードハンドルバーやシート形状と一体化したパッセンジャーグリップに、この新しいデザインならではの特徴が表れています。

■エンジン
アプリリアの魂ともいえるエンジンには、水冷単気筒 DOHC 4バルブ 125ccエンジンを搭載しており、4ストロークエンジンの最先端技術を駆使した近代的なエンジンです。レースシーンにおいて磨かれてきた技術は、ベンチマークとなるパフォーマンスを実現するだけでなく、極めてクリーンなエンジンを生み出すことにもなります。SX においてアプリリアは4ストロークエンジンの完成度を引き上げ、パフォーマンスを損なうことなく厳しいユーロ4基準に適合させ、感動的ともいえる高回転域での加速フィールを実現します。

■シャシー
アプリリアRX125/SX125は、適正にセッティングされたサスペンションと、優れた制動力とコントロール性を持ち、最新の ABS ユニットを備えたトップレベルの安全性能を備えています。アプリリアは、ブレーキング時の高い精度とコントロール性を提供しつつ、ハードブレーキング時のリアホイールの浮き上がりを補正する、アンチロールオーバーモードを備えた BOSCH 製 ABS システムをこの市場セグメントで初めて導入しました。

RX には、レースシーンからフィードバックされたフロント260mm、リア220mmの美しい2枚のウェーブディスクが装備されて、SX には制動力を高めるためのフロント300 mm、リア200 mmのステンレスディスクが装備されています。

高剛性のスチール製ダブルクレードルフレームには、クラスの基準を超えたサスペンションが組み合わされています。フロントサスペンションには41Φ倒立テレスコピックフォークを装備し、240mmのホイールトラベルを提供します。リアは、トラクションを最適化するスチール製ロングスイングアームを採用し、ホイールトラベルは200mmを確保。ショックアブソーバーはプログレッシブリンクでフレームと連結しています。

RX125/SX125のような本格的なオフロード・モタードモデルでは、構成部品にも高いレベルが求められます。特にホイールについて、剛性と軽さの両立が性能を左右する大きな要素となります。アプリリアRX125/SX125は、ブラックアルマイト仕上げのハブを持つ高品質のスポークホイールを装着しています。

■インストルメントパネル

アプリリア RX 125、SX 125 記事6

アプリリアは、日々の使用における汎用性と実用性に優れた上質なモーターサイクルを造り上げることを念頭に、コンパクトでモダンに洗練された、視認性に優れるデジタルメーターを搭載しています。デジタルメーターには、一般的な機能に加えて、トップスピード、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーター機能を持ったトラベルダイアリーも装備しています。

アプリリア RX 125、SX 125 記事7

お問い合わせ

ピアッジオグループジャパン株式会社
ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社(2020年3月19日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ