【ヤマハ】「MT-09 ABS」2020年モデルはスポーティーな新色”ディープパープリッシュブルーメタリック C”を採用し2/25に発売!

掲載日: 2020年02月06日(木) 更新日: 2020年02月06日(木)

ヤマハは「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し2020年2月25日(火)に発売する。

メーカー希望小売価格は102万3,000円。今回登場するモデルでは、2020年モデルの”YZF-R1″とカラーリングにおけるリレーションシップを図るため、新色「ディープパープリッシュブルーメタリック C」を追加。継続販売の「マットライトグレーメタリック 4」「マットダークグレーメタリック 6」とあわせて3色展開となる。

なお、上位モデル「MT-09 SP ABS(113万3,000円/カラー:ブラックメタリック X)」は継続販売される(価格は全て税10%込み)。

スーパースポーツモデルとのリレーションを図り、スポーティなイメージを強化「MT-09 ABS」の新色を発売

ヤマハ発動機株式会社は、”クロスプレーン・コンセプト”(※1)に基づき開発した水冷・4ストローク・DOHC・直列3気筒・4バルブ・845cm3エンジンを搭載するスポーツバイク「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして2月25日より発売します。

新色の”ブルー”は、当社スーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」の2020年モデルとのリレーションを高めるため、ヤマハレーシングブルーをベースにマットグレーを組み合わせ、ダイナミックかつスポーティなカラーリングとしました。なお、”マットライトグレー”と”マットダークグレー”、および上級仕様「MT-09 SP ABS」(※2)の”ブラック”は継続して販売します。

「MT-09 ABS」は”Synchronized Performance Bike”をコンセプトに、日常の速度域で乗り手の意思とシンクロし、意のままに操れる悦びを提唱し開発しました。ネイキッドとスーパーモタードの”異種混合”スタイルと優れた走行性を兼ね備えています。

(※1)クロスプレーン・コンセプトは、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想。
(※2)「MT-09 SP ABS」は、「MT-09 ABS」をベースに、オーリンズ製リアサスペンションやダブルステッチ入りシート、ネガポジ反転のデジタルメーター、塗り分け塗装を採用し、性能と品質感を向上させたモデル。

MT-09 ABS/ディープパープリッシュブルーメタリック C(ブルー/新色)

■車両名・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・MT-09 SP ABS/113万3,000円
・MT-09 ABS/102万3,000円
■カラー・発売日
[MT-09 SP ABS]
・ブラックメタリック X(ブラック)/継続販売
[MT-09 ABS]
・ディープパープリッシュブルーメタリック C(ブルー/新色)/2020年2月25日(火)
・マットライトグレーメタリック 4/継続販売
・マットダークグレーメタリック 6/継続販売
■販売計画/700台(シリーズ合計/年間、国内)

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

MT-09 ABS の試乗インプレッション記事はこちら>>
MT-09/SP のカタログページはこちら>>
その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2020年2月6日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ