【MVアグスタ】これがMV AGUSTAの解き放つ野獣!「ラッシュ1000」が2020/6に発売予定

掲載日: 2019年12月24日(火) 更新日: 2019年12月25日(水)

MVアグスタはネイキッドモデル「ラッシュ1000(RUSH 1000)」を2020年6月に発売する予定だ。

ブルターレ 1000RRをベースに設計されたこの車両に搭載される998cc並列4気筒エンジンは、最高出力208hp・最大トルク11.9kgmを発揮。さらにレーシングキット装着した場合には212hp以上の出力を叩き出すという。また、足回りにはオーリンズ製の電子制御サスペンションを採用。片持ち構造のスイングアームに装着されるリアホイールは、空力特性に配慮したカーボンカバーで覆われているのが特徴だ。なお、価格は451万円(税10%込み)となる。

MVアグスタから「ラッシュ1000」が2020年6月に発売予定

ラッシュ 1000

BEAST MODE

■モデル名/ラッシュ 1000
■発売予定/2020年6月
■メーカー希望小売価格/451万円(税10%込み)
メーカー希望小売価格(リサイクル料金含む)には保険料、登録に伴う諸費用、重量税は含まれておりません。メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各ディーラーが独自に定めていますので、詳しくはMV AGUSTAディーラーにお問い合わせ下さい。価格及び仕様は、予告なく変更する場合があります。

新開発 ラッシュ 1000

ブルターレ 1000RRをベースにしたMV AGUSTA ラッシュ 1000は、わずか数百メートルを駆け抜け、ストップウォッチで厳密にタイムを競うスリル満点のドラッグレース用バイクが持つ、独特で恐れを知らない魅力を体現しています。

公道仕様で208馬力(レーシングエキゾースト[公道走行不可]と最新のECUを装着した場合は212馬力以上)を実現するために、ラジアルバルブとチタン製コネクティングロッドを使用した唯一の量産バイクとなります。マキシ・ネイキッドバイクとの境界線を打ち砕き、最高のパフォーマンスと信頼感を刺激するコントロールを誇るハイパーネイキッドバイクの比類なき世界に突入しました。

スタイリングの新たなトライアルとして誕生し、新型ブルターレ 1000RRを生み出した技術的およびスタイルの進化を記念して、ラッシュ 1000の生産を開始する予定です。スタイルや技術的な選択は、技術と品質の両面でこのモデルの明確な特徴を強調することを一貫して目指しています。ラッシュ 1000 は、独創的な選択と個性を恐れないライダーに向けた比類なきバイクです。このバイク設計の中核となる技術を引き立たせる特別な技術コンテンツが搭載されています。

専用のRVS#1に触発されたフロントヘッドライトユニットがデザインを特別なものにし、さらに特徴的な技術が搭載されています。アクティブセーフティを高め、走行の楽しさが増すように設計され、コーナリング対応機能を搭載したフルLEDユニット。ヘッドライトサポートと円形フレームは、デザイン性と機能性を高めるため、CNCマシニング加工を施した軽合金製。照明ユニットのバックカバーはカーボンファイバー製。カーボンファイバーは、ミニマリストなパッセンジャーシートカバーやテールのサイドパネルにも採用されています。タンクキャップはアルミニウム製でCNCマシニング加工が施されています。

このモデルの背後にあるインスピレーションを定義づける代表的な要素は、ドラッグストリップで見られる典型的な構造であるリアのエンクローズドホイールです。鍛造アルミニウムのリアリムは、最適な空力性能を発揮するために設計されたカーボンファイバーカバーで覆われています。シングルサイド・リアホイールの固定ナットは、CNCマシニング加工が施されたアルミニウム合金です。見た目の重量感とコントラストを軽減するために、フロントホイールはスポークタイプを採用しています。

リアテールピース、パッセンジャーシート部、そしてリアライトユニットの統合は、このバイクのために特別設計されています。専用のエキゾーストシステム(公道走行不可)はチタンから手作業で作られ、カーボンファイバー製ヒートシールド付き。コントロールユニットのマッピングは、今エキゾーストシステム専用であるため、直線的なデリバリーが実現し驚異的なパワーを発揮します。

かつてないほど独創的なラッシュ 1000は、ブルターレ 1000RRのテクノロジーとダイナミックな走りを誇っています。MVICS イグニッション・インジェク ションシステム(モーター&ビークル・インテグレーティド・コントロール・システム)を搭載した並列4気筒エンジンには、流量を増加させる8つのインジェクター(下部4つがミクニ社製、上部4つがマニエティ・マレリ社製)が配置されています。エルドー社製 EM2.0 エンジンコントロールユニットにはミクニ社製スロットルボディ(フル・ライドバイワイヤ)を搭載しています。ペンシルコイルには、「イオンセンサー」テクノロジー、起爆およびミスマッチコントロールが装備されています。

4種類のエンジンマネジメントマップ(スポーツ、レース、レイン、カスタム)を備え、トラクションコントロールには8段階設定と慣性プラットフォームにウィーリーコントロールが搭載されています。摩擦のない MV EAS 2.1 (電子式アップ&ダウン)トランスミッションシステムは、使いやすさと反応速度において、更に改良されています。並列4気筒エンジンの技術的特徴には、新型クランクシャフトと再設計された軽量ピストンが含まれます。完璧に改良を加えた燃焼室にはラジアルバルブを配置し、F1の技術を採用して設計しています。レース参戦経験から誕生したチタン製コネクティングロッドはMotoGPの技術パラメーターを活用し、質量、負荷、エンジン慣性の低減を実現しています。また、MV AGUSTA の伝統であるセントラルタイミングチェーンの選択は、MotoGPからヒントを得ており、高回転時のカムシャフトのねじれの影響を緩和することができます。

サスペンション(フォーク、ショックアブソーバー、ステアリングダンパー)には、油圧の圧縮および拡張の電子制御機能が付いたオーリンズ社製ECユニットを搭載しています。このシステムでは、ライダーの好みやコース状況に応じてシャーシの能力を高めるため、事前設定と手動設定を選択することができます。

バイクに付属する専用キットは、ラッシュ 1000 をさらに貴重で特別なものにするための豊富なコンポーネントパッケージが含まれています。

新たな可能性を広げるMV ライドアプリを使って、ラッシュ 1000でのあらゆる旅を簡単に計画、記録、シェアすることができます。例えば、スマートフォンを数回タッチするだけで、バイクの電子装置をカスタマイズできます。最高のライディング体験をシェアしたい場合は、クリックするだけです。MV ライドアプリとダッシュボードのミラーリング機能を使って、ナビゲーション機能にも簡単にアクセスできます。

RUSH 1000諸元

※( )内は専用キット装着時

お問い合わせ

MV AGUSTA JAPAN
TEL/0538-23-0861

Rush 1000のカタログページはこちら>>
その他MVアグスタ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社 MV AGUSTA JAPAN(2019年12月24日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ