【EICMA2019】ドゥカティがコンセプトモデル「デザートX」「モタード」と新型「スクランブラー・アイコン・ダーク」を公開

掲載日: 2019年11月11日(月) 更新日: 2019年11月11日(月)

ドゥカティは2019年11月10日(日)までイタリアで開催されていたEICMA 2019(ミラノショー)でドゥカティ スクランブラーの新型「スクランブラー・アイコン・ダーク」とコンセプトモデル2台を発表した。

ドゥカティ・ワールドプレミア2020年で公開された「スクランブラー・アイコン・ダーク」は同シリーズの800ccクラスに追加されるエントリーモデルとなっており、マットブラックに塗装されたタンクとフェンダーが印象的なモデルだ。発売日等については現在のところ情報はない。

1980年代のスーパーモタードをモチーフとした「モタード」コンセプトモデルは溝付きのスリックタイヤを装着。フロントゼッケンナンバープレートや艶消し塗装されたガソリンタンクが装備される。

もう一台のコンセプトモデルは1990年代にパリダカなどで活躍したラリーレイドマシンをモチーフとした「デザートX」。シュラウド上に描かれたレトロな雰囲気のラインと機能的なボディラインなど、時代の中で色あせないタイムレスなデザインをコンセプトにしたという。

EICMA 2019で、ドゥカティ スクランブラーのニューバージョンと2台のオリジナルコンセプトを発表

・ドゥカティ・ワールドプレミア2020で発表された新型ドゥカティ スクランブラー・アイコン・ダークを世界初公開
・ドゥカティ スクランブラー・ブランド・ユニットが設計し、ドゥカティ・スタイルセンターが製造したコンセプトバイク、「モタード」および「デザートX」も展示
・ホール15、ブースN20のドゥカティ スクランブラー”Land of Joy”では、ライブミュージックと魅力的な雰囲気を演出

2019年11月8日 ミラノ(イタリア)

ドゥカティブースの様子

第77回ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)が開幕しました。EICMAには、今後発売されるニューモデルや新しいシーズンのトレンドを見るために、毎年、世界中から数多くのモーターサイクル・ファンが来場します。

ホール15、ブースN20のドゥカティ スクランブラー”Land of Joy”では、最新のニューモデルとコンセプトバイクの展示に加え、ライブミュージックを含めた魅力的な雰囲気が演出されています。イメージカラーのイエローを基調とし、スクランブラー・ブランドのコアバリューである自由な表現とカスタマイズを強調した”Land of Joy”の世界では、ドゥカティ スクランブラー・ブランド・ユニットが設計し、ドゥカティ・スタイルセンターが製造した2台のコンセプトバイクが展示され、来場者の注目を集めています。

コンセプトモデル「モタード」コンセプト

「モタード」コンセプトは、ドゥカティ スクランブラー800のスタイルをさらに進化させたバイクです。このモーターサイクルは、1980年代のスーパーモタードにヒントを得て、ドゥカティ スクランブラー・デザート・スレッドのレーシング・スタイルから派生したデザインを特徴としています。また、公道で使用することを想定し、SCRと呼ばれる溝付きのスリックタイヤを装着しています。フロントに装着されたセッケンナンバー・プレートは、象徴的なスクランブラー・ヘッドライトを模した形状をしています。新しいツヤ消し仕上げが施されたスチール製タンクには、ティアドロップ形状のタンクをさらに強調するカバーが左右に装着されています。

コンセプトモデル「デザートX」

もう1台のドゥカティ スクランブラーの進化形が「デザートX」です。このコンセプトモデルは、パリ・ダカールといった1990年代を象徴するラリー用レースバイクにヒントを得ています。このバイクは、レトロな雰囲気、機能的なスタイルにクリーンなラインを組み合わせ、時代に色褪せないタイムレスなコンセプトを特徴としています。

ドゥカティ スクランブラー・アイコン・ダーク

ドゥカティ スクランブラーの新しいバージョンも、EICMAで注目を集めています。このモデルは、2つのホイール、ワイドなハンドルバー、バイクならではのエンジン、限りない楽しみといった、モーターサイクルの本質をさらに追及しています。ドゥカティ スクランブラー・アイコン・ダークと名付けられたこのモーターサイクルは、800ccラインナップに追加されたエントリー・モデルです。特徴的な”マットブラック”のカラーが採用された燃料タンクとフェンダーを備えたアイコン・ダークは、スクランブラー ワールドが提供する数多くの純正アクセサリーを使用して、バイクを自分好みにカスタマイズするための理想的な出発点となるでしょう。

ドゥカティ スクランブラー・アイコン・ダークは、既存のドゥカティ スクランブラー・アイコン、フル・スロットル、デザート・スレッド、カフェ・レーサーのラインナップに加わります。ドゥカティ スクランブラー800および1100シリーズは、EICMA 2019で展示されます。すべてのモデルには、純正アクセサリーが装着されています。さらに、2台のコンセプトバイク、「モタード」および「デザートX」も展示されています。

お問い合わせ

ドゥカティジャパンお客様窓口
TEL/0120-030-292

リリース = ドゥカティジャパン株式会社(2019年11月8日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ