【ベスパ】新型エンジン『i-Get』搭載の2016年型「スプリント150」新登場

掲載日: 2016年07月04日(月) 更新日: 2016年07月04日(月)
この記事は 2016年7月4日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = ピアッジオグループジャパン株式会社

ピアッジオグループジャパンから、2016年モデル「ベスパ スプリント150」が発売された。ABSを標準装備し、始動性の向上と振動及びノイズを軽減した155cc 3バルブの新型エンジン『i-Get(アイゲット)』を搭載。また、ヘッドライトには1960年代からスポーティーモデルに装着されてきた伝統的な角形が採用されている。カラーバリエーションは、モンテホワイト、ミッドナイトブルー、ドラゴンレッドの3色。

スプリント150
以下リリースより
2016年6月30日

ベスパ スプリント150
2016年モデルがニューエンジンとABSを搭載して新登場

ピアッジオグループジャパン株式会社は、ベスパ スプリント150 ABSの安全性と快適性を向上させた2016年モデルを、全国のベスパ正規販売店にて発売致します。2016年モデルは、ABSを標準装備し、快適性を向上させた新型エンジン『i-Get(アイゲット)』を搭載。スタイリッシュな外観のみならず、コミューターとしての基本性能を向上させ、ライフスタイルをさらに充実させるアイテムとして、ベスパの魅力を進化させています。

スプリント150

ベスパ スプリント150 ABS
ベスパ スプリント150は、ベスパらしい優美なデザインのボディに、1960年代より歴代のスポーティーモデルに採用されてきた伝統的な角形ヘッドライトを装着したアグレッシブな存在感を放つモデルです。2016年モデルでは、ABSの標準装備の他、USB給電ポート及び電動シートロック解除ボタンを追加し、安全性と利便性を向上させました。またパワフルかつ経済的な155cc 3バルブエンジンは、始動性の向上と、振動及びノイズを軽減した新型i-Getエンジンを搭載。快適性と共に、エンジン出力も向上しています。

■メーカー希望小売価格/486,000 円(税8%込み)
■ボディーカラー/モンテホワイト、ミッドナイトブルー、ドラゴンレッド
■発売時期/2016年7月1日発売

スプリント150

・SAFETY
新しいスプリント150には、ABS 標準装備されています。ABS機能は、右手のブレーキレバーの操作によってフロントホイールに作動し、あらゆる路面状況において車体の制御を助け、日々の路上での安全なライディングに寄与します。

・UTILITY
ベスパの特徴でもあるレッグシールド裏に配置されるグローブボックス内には、スマートフォンや各種電子デバイスの充電に便利なUSB給電ポートが新たに装備されています。また、メインスイッチ横に配置されたボタンを押すだけで、シートロックの解除が可能な、リモートシートロックオープナーを新たに装備し、シート下のコンパートメントにアクセスしやすくなりました。

・新型「i-Get」エンジン
従来の空冷3バルブエンジンを改良し、快適性と扱いやすさに磨きをかけています。新しいスターターモーターや、新設計のトランスミッションケース、さらには新形状のマフラーの採用によりノイズの軽減を実現すると共に、エンジンマウントの改良や、新設計のドライブシャフトを採用して振動の軽減にも取り組んでいます。さらに大気圧センサーを新たに採用して始動性の向上を図ったほか、新型エアーボックスと新型マフラーの採用及び燃料噴射の効率を上げ、出力の向上も同時に実現しています。

スプリント150

[ お問い合わせ ]
ピアッジオコール
TEL/03-3453-3903

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ