【ホンダ】 CBR1000RRの新カラーと限定カラーモデルを公開

掲載日: 2012年11月12日(月) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2012年11月12日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社

高性能な水冷直4の1000ccエンジンを搭載し、一般道からサーキットまで幅広く疾走するホンダの大型スーパースポーツCBR1000RRのカラーリングを変更し、11月13日(火)から発売することをホンダが発表した。また、Repsol Honda Teamカラーのスペシャルエディションを2013年1月7日(月)までの受注期間限定で発売するとのこと。


CBR1000RR 〈ABS〉(ロスホワイト)
以下リリースより

「CBR1000RR」のカラーリングを変更するとともに
スペシャルカラーモデルを限定発売

Hondaは、高性能な水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1000ccエンジンを搭載した大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」のカラーリングを変更し、11月13日(火)に発売します。また、“Repsol Honda Team”カラーを採用した「CBR1000RR Special Edition」を受注期間限定※で11月13日(火)に発売します。

CBR1000RRの新しいカラーバリエーションは、新採用のロスホワイトと、グラファイトブラックの2色としています。ロスホワイトは、Honda伝統のトリコロールのカラーリングを採用し、フロントフォークにゴールドカラーを施すことで、よりアグレッシブなイメージとしています。グラファイトブラックは、フレームやフロントフォークをはじめ全身をブラックとすることで精悍なイメージをさらに高めています。

CBR1000RR Special Editionは、ロードレース世界選手権シリーズ最高峰のMotoGPクラスに出場しているRepsol Honda Teamのカラーを施しています。前・後のホイールには鮮やかなオレンジカラーを採用し、レーシングイメージの高いモデルとしています。なお、Repsol Honda Teamのスポンサーステッカーを車両本体に同梱しています。

CBR1000RR、CBR1000RR Special Editionともに、スーパースポーツモデル用として世界で初めて採用した電子制御式“コンバインドABS”を搭載したABS仕様車もタイプ設定しています。

※ 受注期間は、2012年11月12日(月)から2013年1月7日(月)まで

CBR1000RR〈ABS〉(グラファイトブラック) CBR1000RR〈ABS〉Special Edition(バイブラントオレンジ)

■メーカー希望小売価格(消費税込み)
CBR1000RR グラファイトブラック 1,396,500円
CBR1000RR ロスホワイト 1,428,000円
CBR1000RR<ABS> グラファイトブラック 1,564,500円
CBR1000RR<ABS> ロスホワイト 1,596,000円
CBR1000RR Special Edition  1,491,000円
CBR1000RR<ABS> Special Edition  1,659,000円
※ 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ