【スズキ】 東京モーターショー2011への展示概要を発表

掲載日: 2011年11月09日(水) 更新日: 2013年12月11日(水)
この記事は 2011年11月9日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = スズキ株式会社

スズキは第42回東京モーターショー2011への出品概要を発表した。同社の二輪展示車輌は下記のとおり。

以下リリースより

スズキ株式会社は、第42回東京モーターショー2011に次の内容の出品を行う。
(2011年12月2日~11日、東京ビッグサイト、主催:一般社団法人 日本自動車工業会)

第42回東京モーターショー2011では、スズキを代表する商品である二輪車、四輪車それぞれにおいて、現在求められている様々な機能を追求するとともに、新しい価値観をも盛り込んだ参考出品車を展示し、常にお客様の喜びを具現化していくスズキを紹介する。

スズキブースの出展テーマは、「小さなクルマ、大きな未来」とし、今のクルマ、近い将来のクルマ、その先の未来のクルマをお見せすることで「小さいからこそ、燃費が良い」、「小さいからこそ、手軽に乗れる」、「小さいからこそのアイデア」、「小さくても、キビキビ走れる」、「小さくても、イキイキとした形」という、スズキの「小さなクルマ」が切り拓く「大きな未来」を紹介していく。

電動スクーター
「e-Let’s」
(世界初出展)

電動スクーター「e-Let’s」を参考出品する。「e-Let’s」は、排出ガスゼロの高い環境性能と、日常の買物や通勤などで便利に使用できる実用性を兼ね備えた電動二輪車である。小型・軽量な車体に、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオンバッテリー、充電器システムを搭載しながらも、ガソリンエンジン搭載車と同等の車両重量とした。モーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、低騒音、低振動を実現している。充電は家庭用の100V電源を使用し、一充電で30kmの走行(30km/h定地走行時)を可能としている。「e-Let’s」は、2010年9月に公道走行用のナンバーを取得し、静岡県浜松市の「はままつ次世代環境車社会実験協議会」の走行実証実験やその他の公道走行調査を通じ、信頼性の確認と完成度を向上させてきている。

燃料電池スクーター
「バーグマン フューエルセル スクーター」

2009年東京モーターショーに出展した同コンセプトモデルは、その後イギリスで実証実験を実施。燃料電池車両としては二輪・四輪を通じて世界初となる「欧州統一型式認証」を取得し、また北九州で日本初の水素燃料電池スクーターの実証走行試験を行なうなど、さらなる進化を遂げている。

中国に投入する250cm3の本格ロードバイク
「GW250」
(日本初出展)

中国・重慶モーターサイクルショーに出品した「GW250」を参考出品する。急速に経済発展を続ける中国で増加傾向にある、バイクを趣味として楽しむユーザーに向け、中国国内におけるスズキのフラッグシップモデルとして250cm3の本格ロードバイク 「GW250」を開発した。(海外生産車)

スポーツエンデューロツアラー
「V-Strom 650 ABS」
(日本初出展)

普段の街乗りから長距離ツーリングまで楽しめる「V-Strom 650 ABS」を参考出品する。「V-Strom 650 ABS」は、2003年に発売して以来、街乗りから長距離ツーリングまで楽しめる「スポーツエンデューロツアラー」として、欧州・北米を中心に好評をいただいてきた。今回のモデルチェンジではより快適なスポーツエンデューロツアラーとしてエンジンは低中速の走行性能を改善し、防風性を高めるためにスタイリングデザインを刷新した。また、燃費を改善し環境性能を向上させている。(輸出モデル)

The Top Performer
「GSX-R1000」
(日本初出展)

「GSX-R1000」のコンセプト「Own The Racetrack」を追求し、「走る・曲がる・止まる」といった走行性能の更なる進化と燃費性能向上を両立した。(輸出モデル)

■市販車
バンディット1250F ABS/ グラディウス400 ABS

>>メーカーの詳細ページはコチラ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ