岡田と原田の熾烈な戦いを収録!「1992鈴鹿同着(新価格版)」がウィック・ビジュアル・ビューロウから10/24発売

掲載日: 2020年10月08日(木) 更新日: 2020年10月08日(木)
カテゴリー: 書籍・DVD  タグ:  

岡田と原田の熾烈な戦いを収録「1992鈴鹿同着(新価格版)」がウィック・ビジュアル・ビューロウから10/24発売 メイン

1992年に開催された全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦鈴鹿大会 GP250クラスの戦いを収録した DVD「1992鈴鹿同着(新価格版)」がウィック・ビジュアル・ビューロウから2020年10月24日(土)に発売される。価格は2,200円(税抜き)。

同シーズン、熾烈なポイント争いを繰り広げていた岡田忠之と原田哲也だが、この日もスタートから終始サイドバイサイドの戦いを展開。並走状態でゴールした二人だが、勝負の結果は写真判定でもつかず、異例の同着優勝というジャッジが下された。

1992鈴鹿同着(新価格版)

岡田と原田の熾烈な戦いを収録「1992鈴鹿同着(新価格版)」がウィック・ビジュアル・ビューロウから10/24発売 記事3

■タイトル/1992鈴鹿同着(新価格版)
・副題/全日本ロードレース選手権 第6戦鈴鹿大会 GP250cc
■発売日/2020年10月24日(土)書店、バイク用品店、メーカー直販
■価格/2,200円(税抜き)
■DVD品番/WVD-528
■仕様
・DVD片面1層 本編約50分
・特典映像24分
・4:3スタンダードサイズ
・ドルビーデジタル
・リージョン2
・カラー

内容

岡田と原田の熾烈な戦いを収録「1992鈴鹿同着(新価格版)」がウィック・ビジュアル・ビューロウから10/24発売 記事1

1992年全日本ロードレース選手権シリーズ GP250cc。翌年の世界選手権への参戦を控え、全日本4連覇に挑む岡田忠之。一方、同クラス2年連続ランキング2位でチャレンジャーとして王者の座を狙う原田哲也。

このシーズンは第3戦0.002秒、第4戦0.550秒、第5戦0.074秒、第7戦0.001秒というコンマ数秒という僅差な記録がふたりの間に次々と刻まれていった。そしてこの第6戦鈴鹿大会。この日もサイド・バイ・サイドのトップ争いを展開する岡田と原田、詰めかけた観衆はその結末に固唾を呑んで見守っていた。

接戦はそのままラストラップに突入。最終シケインの進入で原田が前に出るが岡田も食らいつき、完全な併走状態でチェッカー。両者のタイム差は0.000秒…。闘いの結末は写真判定でもつかず、異例の同着優勝という伝説的なレースが生まれた。

・実況/高柳謙一
・解説/和歌山利宏
※音声は当時 WOWOW で放送されたものを使用しています。

特典映像

岡田と原田の熾烈な戦いを収録「1992鈴鹿同着(新価格版)」がウィック・ビジュアル・ビューロウから10/24発売 記事2

・岡田忠之×原田哲也 対談(12分)1993年以降、世界トップライダーとなった2人が現役を退いた今、お互いの関係性やレース観を語る。

・岡田忠之vs原田哲也 全日本時代編 1990-1992(12分)全日本時代に250ccクラス時代、2人は異様なまでのライバル意識を抱き、第三者がレースで介入することは稀だった。

お問い合わせ

株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ
TEL/0120-19-8195

リリース=株式会社ウィック・ビジュアル・ビューロウ(2020年10月5日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ