バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

バイクのリセールプライス最新調査でホンダ・スーパーカブ110が1位に

掲載日: 2018年04月02日(月) 更新日: 2018年04月02日(月)
カテゴリー: トピックス  タグ:  

バイク王バイクライフ研究所は、2017年12月~2月までの2ヶ月間でのリセールプライスランキング1位を、ホンダ/スーパーカブ110が獲得したことを発表した。リセールプライスランキングとは、再び売却したときに高値がつくランキングのことで、今回の総合ランキングではトップ10の内、8モデルが2017年に発売されたモデルとなっている。

バイク王 バイクライフ研究所
『リセール・プライス』ランキングを発表
『ホンダ・スーパーカブ110』が首位獲得!

バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』は、2017年12月~2018年2月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『“リセール・プライス”の高いバイク』上位10車種を発表します。

『“リセール・プライス”の高いバイク』は、需要の高いバイク、つまり『人気のあるバイク』と言い換えることもできます。24回目となる今回は「ホンダ・スーパーカブ110」が首位を獲得しました。

■注目のニューモデル『ホンダ・スーパーカブ110』が1位を獲得!
■2017年ニューモデルが多くランクイン
■大型二輪が半数を占める結果に

24回目となる『リセール・プライス』ランキングは、『ホンダ・スーパーカブ110』が2位に1.4pt差を付け首位に輝きました。ホンダ・スーパーカブ110は1958年にシリーズの初代モデルが発売され、2018年で60周年を迎えるロングセラーモデルです。今回ランクインしたのは2017年11月より発売されたモデルで、先の震災より完全に復興した日本の熊本工場へと生産拠点が移されるとともに、各部が曲線基調のデザインに変更され、スーパーカブの伝統的なデザインへと変更されました。また、装備面に注目すると、LED式のヘッドライトやメーター、カートリッジタイプのオイルフィルターを新たに採用する等、利便性や整備性も向上しています。今回初のランクインとなりましたが、販売開始から4カ月ほどしか経過しておらず、市場流通台数の少なさや、国内生産による信頼性の高さに起因する高値傾向であると考えられます。

今回のランキングではトップテンのうち8車種が2017年に発売されたモデルとなりました。昨年は250ccクラスのフルカウルスポーツやアドベンチャーの台頭、多数の従来モデルの生産終了など、バイク業界に大きな動きがあり、メーカーのラインナップも大きく変わりました。今回のランキングも、上記のような変化を反映した結果となりました。

東京・大阪モーターサイクルショーが開催され、各メーカーよりさらなる新型モデルが発表されるなか、今後のランキングに変化は起こるのか、引き続き『リセール・プライス』ランキングにご注目ください。

■「リセール・プライス」とは
バイクを再び売却(=リセール)するときの価格(=プライス)を指します。2018年4月現在、新車で購入が可能なバイクを対象とし、オークションで売却した際の落札金額の平均値と新車販売価格を基に『リセール・プライス』をポイント化。ポイント数が高いほど、『リセール・プライス』が高いと想定できます。本指標は、年間10.3万台(2016年11月期)の取り扱い台数を誇る『バイク王』のデータを基に、バイク王 バイクライフ研究所が独自に集計したものであり、バイクユーザーが新車あるいは中古バイクを購入する際の参考情報として活用されることを目的としています。

■算定基準
・国内主要4メーカーが、国内で販売しているバイク(2018年4月現在・逆輸入車を除く)
・新車販売価格は2018年4月現在の価格を基準。カラー等により価格が複数ある場合は、最安値を基準に算定
・期間内に、バイク王 バイクライフ研究所独自の規定台数に達する流通があるバイクを対象とする。

■バイク王 バイクライフ研究所について
バイク王 バイクライフ研究所は、『バイクライフの生涯パートナー』をブランドビジョンに掲げる株式会社バイク王&カンパニーが、バイクライフの楽しさやバイク市場の動向などを広く社会に発信することを目的に、2011年8月に発足した情報発信組織です。昨今、バイク業界は新車の販売不振や趣味嗜好性の多様化による若年層のバイク離れなど、明るいニュースに乏しい状況が続いています。

バイク王 バイクライフ研究所は、中立的な立場を意識し、専門家やユーザーの方からの意見・データを収集・集積するとともにインタラクティブな情報交換を行い、その結果をユーザーやマスメディアに向け、積極的に発信することで、バイク業界の活性化に寄与していきたいと考えています。

バイク王 バイクライフ研究所調べ

リリース = 株式会社バイク王&カンパニー

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。