バイク・オートバイ・モーターサイクル、原付&二輪車のあらゆる情報を発信するニュースサイトです。 | バイクニュース

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ

イベント情報

キャンペーン情報

キジマから前後同時録画可能なドラレコ登場!

掲載日: 2018年06月25日(月) 更新日: 2018年06月25日(月)
カテゴリー: バイク用品  タグ:  

キジマから、前方と後方の同時録画が可能なドライブレコーダー「AD720」が2018年6月末に発売される。カメラは防水・防塵仕様で、ビデオの解像度は最大HD720p(1280×720)と、高画質な録画が可能だ。

2.7インチ液晶のモニターを備える本体には、Gセンサーを搭載しており衝撃時の自動録画も可能となっている。価格は2万8000円(税抜き)。

>>商品ページはコチラ(外部リンク)

新型ドライブレコーダーついにリリース!
デュアルカメラ搭載で前後同時撮影が可能!

ツーリングシーンを思いのままに万が一の瞬間も逃さずに記録

防水・防塵、高解像度デュアルカメラ採用で前後同時録画が可能。また、Gセンサー搭載により衝撃時の自動録画に対応。ツーリングシーンにおけるアクションカメラとして、日常のライディング時のドライブレコーダーとしても安心に楽しむことができます。(対応車種は12V車全般)

【オートバイ専用ドライブレコーダー「AD720」】
■商品番号/Z9-30-003
■価格(税抜き)/2万8000円

※実際の商品内容とは若干異なる場合があります。

・双方向撮影可能な高画質HD、防水・防塵コンパクトデュアルカメラ採用
・本体2.7インチ液晶モニター・防水防塵カバー付属(本体は非防水)
・手元でも操作を可能にする別体型防水コンパクトコントローラー採用
・記録媒体は最大128GまでのmiroSDに対応(micoSDは別売)

ステー付き防水防塵カメラ

■製品の特徴
・メタルミニレンズカメラ(防水・防塵/IP67相当)をデュアルで標準装備
・最大ビデオ解像度HD720p(1280×720)の高画質で前後同時録画が可能
・H.264画像圧縮技術/MP4
・本体画面2.7インチフルカラーLCD(シリコン製保護カバー付属)
・最大128GBのmicroSDメモリーカードに対応(SDは付属しません)
・前後独立録画可能な広角HDレンズ(各延長ケーブル約2m)
・Gセンサー内蔵で事故等の衝撃を感知し大事なファイルをロック保存します
・外部コントローラー標準装備、手元でイベント録画切替えや静止画撮影が可能です
・ループ式録画、ファイルの長さを設定することができます
・ファイルとファイルの間も取り逃し無くきれいに繋がります
・メインキーONで自動起動撮影、自動録音機能搭載
・後方撮影時にはカメラフリップ(左右反転)機能が有りバックミラー感覚で撮影が可能です
・システムエラーの通知機能(動作/メモリカード/ハードウェアエラー)
・マイクロピックアップマイク採用で音声録音可能(ON/OFF切換え有り)
・2種類のマウントブラケット付属で任意の場所にカメラマウントがしやすい

雨や埃から守る本体保護カバー付属

microSD×microUSBスロット

【製品仕様】
・本体液晶サイズ/2.7インチ フルカラーLCD
・内蔵Gセンサー/振動衝撃レベル3段階設定可能/OFF選択も可能
・録画サイズ/HD720P(1280×720)
・フレームレート/30fps(LED式信号機には対応しておりません)
撮像素子/200万画素CMOS
・最大記録画角/対角122°(水平94°/垂直60°)
・写真画質/1M・2M・5M・8Mから選択可能
・音声録音/マイク音量3段階設定可能/OFF切替え可能
・録画ファイル形式/MP4
・録画ファイル構成/1ファイル1分・3分・5分から選択可能
・推奨録画再生ソフト/Windows Media Player
・記録媒体/microSDHC,SDXC,(8GB~128GB対応)UHS-1/class10推奨
・コントローラースイッチ/静止画のシャッター/録画保護切替え操作
・カメラフリップ機能/リアカメラを鏡像設定に切替えることでバックカメラとして使用可能
・録画中の液晶表示/前後同時分割表示または各単独表示可能
・電源電圧/消費電力/DC5V/5W
・内蔵バッテリー容量/400mAh(連続再生時間約35分)
・動作温度範囲/-20℃~+60℃
・本体サイズ/重量/90×49×17mm/約97g
・カメラサイズ/重量/32×50mm/約40g
・製品保証期間/1年(消耗品は除く)

>>商品ページはコチラ(外部リンク)

[ お問い合わせ ]
株式会社キジマ
TEL/03-3897-2167

リリース = 株式会社キジマ

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

Twitterで@BikeBrosMagazinをフォローしよう!

この記事を読んでいる方におすすめの商品

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。