【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目は M・ゴンザレスと C・ヴィエッティがフラットトラックを指導

掲載日: 2022年06月14日(火) 更新日: 2022年06月14日(火)
カテゴリー: トピックス  タグ: ,  

【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目はM・ゴンザレスとC・ヴィエッティがフラットトラックを指導 記事1

バレンティーノ・ロッシが主宰する若手ライダー育成プログラム「Yamaha VR46 Master Camp」の4日目は、この日で最後となるフラットトラック・プログラムのインストラクターとして、Moto2へ出場しているM・ゴンザレス選手とカタルニアGPで優勝したC・ヴィエッティ選手(Mooney VR46 Racing Team)が参加。5人の選手たちは指導を受けた後、レースにも参戦。午後は VR46 Store でショッピングを楽しんだあと、MiniGP に挑戦し、ゴンザレス選手から指導を受けたとのことだ。

第11回目「Yamaha VR46 Master Camp」 4日目、Yamaha VR46 Master CampTeamのM・ゴンザレス選手が訪問

【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目はM・ゴンザレスとC・ヴィエッティがフラットトラックを指導 記事2

第11回Yamaha VR46 Master Campの4日目、Yamaha VR46 Master Camp TeamからMoto2に出場しているM・ゴンザレス選手と、カタルニアGPで優勝したばかりのC・ヴィエッティ選手(Mooney VR46 Racing Team)がインストラクターとして参加しました。ふたりはこの日で最後となるフラットトラック・セッションに加わったほか、Jeepers カートコースではゴンザレスがMiniGPでライン取りやギアチョイスを指導しました。

3日目は悪天候の影響もあり比較的ゆったりとしたスケジュールでしたが、4日目は再び全力のチャレンジが待っていました。フラットトラックではインストラクターのM・ベリがヴィエッティ選手をコーチとして招待していましたが、もうひとり、Yamaha VR46 Master Camp Teamのゴンザレス選手がMotor Ranchをサプライズ訪問し、5人と一緒にコースを走行しました。5人は明確な指導を受けながら時間をフルに使い切り、そのあとコース全体とアメリカン・コースでスーパーポールと決勝レースに出場。アルディー・スティア・マヒンドラ選手が前回に続き総合優勝し、阿部真生騎選手が2位、ウォラポット・トンドンムァン選手が3位となりました。

ベリはここまでの成長ぶりに満足し、「3回目となるフラットトラック・セッションは本当に素晴らしかったです」と好評価。
「ヴィエッティ選手、ゴンザレス選手と一緒にレースを走るチャンスを与えられ、5人は非常にエキサイトしていました。ヴィエッティ選手とゴンザレス選手も彼らのレベルの高さを認めています。アメリカン・レースとコース全体を使った5ラップのレースを行い、好タイムを記録し、最後は当然ながら順位が決まりましたが、私たちから見れば誰もがウイナーです。全員が大きく進化していましたからね。少しのトレーニングでこれほどの成果が得られることが、Master Campの良さだと感じています。

ゴンザレス選手はこのコースにあまり慣れていませんし、いつもとは違うマシンに乗りました。そのためライディング・スタイルを合わせていかなければならかったわけですが、わずか数ラップですべてを理解しました。すぐさま超アグレッシブな走りを見せ、5人の生徒たちを相手にレースをしながら彼らをパスし、そのリズムを乱してくれたことはとても良かったです。その上、ライン取りを見せ、ブレーキをかけ、またラインを見せていました。これらはすべて、生徒たちが学ぶべき重要なポイントです」

午後はVR46 Storeでショッピングを楽しんだあと、Jeepersカートコースへ移動してMiniGPに挑戦。ここではゴンザレス選手がインストラクターとなり、正しいライン取りやコーナースピードの上げ方を指導しました。スーパーポールは激しい接戦となり、マヒンドラ選手がまたもトップ(eSport、フラットトラック、MiniGPで優勝)を獲得。パッサコーン・サンルォン選手とトンドンムァン選手が3位と3位で続きました

【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目はM・ゴンザレスとC・ヴィエッティがフラットトラックを指導 記事3

【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目はM・ゴンザレスとC・ヴィエッティがフラットトラックを指導 記事4

【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目はM・ゴンザレスとC・ヴィエッティがフラットトラックを指導 記事5

【ヤマハ】「Yamaha VR46 Master Camp」4日目はM・ゴンザレスとC・ヴィエッティがフラットトラックを指導 記事6

M・ゴンザレス選手談
「Motor Ranchは2度目になりますが、本当に素晴らしくて、とても難しかったです。マシンは前とは違っていましたが、またたくさんのことを学びました。ここに来ることはいつも私の夢であり、またすぐにでもロッシ選手やVR46 Riders Academyの仲間たちのところへ戻って来たいと思っています。5人はMotor RanchでもJeepersカートコースでも非常に速く、両カテゴリーで高いスキルを見せました。Motor Ranchでは私を負かすほどだったので、次回は一緒にレースしたいですね!
午後はYZ85でコーチを務めました。このバイクのことはよくわかっているので、彼らに乗り方を示すのは簡単でした。コースが小さいのでライン取りに苦労していましたが、走るうちに良くなっていきました。MiniGPで速く走るコツをいくつか教えると、素早く学んでくれたので、とてもうれしかったですし、私について来てくれました」

パッサコーン・サンルォン選手談
「フラットトラックも3回目となり、より気持ちよく乗れるようになりました。ゴンザレス選手が一緒に走ってくれたので、ブレーキの使い方や効果的なシフトチェンジなど、彼からたくさんのことを学びました。
VR46 Storeではショッピングを楽しみました。とても素晴らしいお店です! VR46の商品がたくさんあるので、誰もが行ってみたい場所だと思います。
MiniGPも最高にエンジョイできました! 本当に気に入りました! マニュエル選手のおかげで良い練習ができ、ギアをよりうまく使う方法を習って、正しいレース・ラインをたどることができました」

ウォラポット・トンドンムァン選手談
「フラットトラックはより乗りやすくなり、コントロールしやすくなりました。ブレーキングの仕方がわかってきて、より楽にスピードを上げることができるようになりました。前よりも高めのギアを使うようになり、インストラクターを真似することで正しいラインを走れるようになりました。

MiniGPセッションも大いに楽しみました! YZ85はとても乗りやすかったので、楽しみながら良い練習ができました。VR46 Storeはとってもクール! ショッピングを楽しみました」

アルディー・スティア・マヒンドラ選手談
「今日で最後になるフラットトラックをヴィエッティ選手、ゴンザレス選手と一緒に楽しみました。VR46 Motor Ranchでの練習は本当に最高でした。ベリさんのような素晴らしいコーチから学ぶことができて光栄でしたし、優勝できたことを誇りに思います。これからもライディング・スタイルの向上に努めていきます。

MiniGPのレースでも金メダルをもらうことができました。これで3つめです! YZ85に初めは苦戦しましたが、ゴンザレス選手のおかげでうまく扱えるようになりました。素晴らしい時間になりました。VR46 Storeでのショッピングもとても楽しくインドネシアでは見つけることのできない美しいものが、たくさんありました」

アリフ・ダニエル・ビン・ムハマッド・アスリ選手談
「ヴィエッティ選手、ゴンザレス選手との最後のフラットトラックは楽しい経験でした。並外れた才能を持つ彼らに挑んで自分自身の力を試し、激しいレースのなかでストレスをコントロールする方法を学びました。素晴らしい先生、ベリさんに感謝しています。帰ってからも彼の教えと指示を守り、進化し続けていきたいと思います。
MiniGPでは大はしゃぎしながら、ゴンザレス選手からスピードの上げ方とタイムの短縮方法を習いました。VR46 Storeでのショッピングはとても楽しかったです」

阿部真生騎選手談
「最後のフラットトラックでマニュエル選手が教えてくれたのは、コーナーをより高いギアで回ることでした。それをレースのなかで実践してみると、1周目で転倒してポイントを見失ってしまいました。最後は2位になりましたが、トライしてみて良かったと思っています。とてもいいセッションになりました。

MiniGPでは初めて2ストローク・マシンに乗りました。MiniGPも初めてです。マニュエルがライディング・スタイルをアドバイスしてくれて、シートの前のほうに座りました。するととてもうまくできるようになったのです! このことは、次の段階へと進むための重要な経験になりました。VR46 Storeにはロッシ選手に関するたくさんの商品があり、ショッピングを楽しみました。ずっときたいと思っていた場所です」

リリース

ヤマハ発動機株式会社(2022年6月13日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ