【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金 無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる!

掲載日: 2022年06月08日(水) 更新日: 2022年06月08日(水)

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! 記事1

小田原フラワーガーデン(神奈川県小田原市)で「花菖蒲・睡蓮まつり」が2022年6月11日(土)~7月3日(日)まで開催される。同園のハナショウブは、渓流や池を縁取るように植えられており、池に浮かぶスイレンの花とのコラボレーションも楽しめる。入園料・駐車料金は無料(トロピカルドーム温室のみ有料)となる。

【入場無料】渓流の涼やかな花菖蒲・約180種1,000株が開花!「花菖蒲・睡蓮まつり」2022年6月11日(土)~7月3日(日)開催(小田原フラワーガーデン)

池に映る「花菖蒲」と「睡蓮」の共演に、「アジサイ」が麗しい色を添えます

神奈川県小田原市にある小田原フラワーガーデン(指定管理者:小田原フラワーガーデンパートナーズ、代表企業:横浜緑地株式会社)では、現在園内で、約180品種1,000株の「花菖蒲(ハナショウブ)」に、睡蓮(スイレン)や紫陽花(アジサイ)が続々と開花し、美しい花々の景観をお楽しみいただけます。

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! メイン

花菖蒲(ハナショウブ)は園内「渓流の梅園」で見ることができ、入園料・駐車場料金ともに無料でお楽しみいただけます。四季折々の花を楽しめる「小田原フラワーガーデン」では現在、園内の約180品種1,000株の「花菖蒲(ハナショウブ)」が、開花しています。

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! 記事2

花菖蒲(ハナショウブ)は平面的な植栽が一般的ですが、当園では渓流や池を縁取るように水辺沿いに植栽しているのが特徴です。そのため、池に映る花菖蒲(ハナショウブ)と、池に浮かぶ涼やかな睡蓮(スイレン)の共演がお楽しみいただけます。また、梅雨の時期の花「紫陽花(アジサイ)」約500株も麗しい色を添えます。

この見頃にあわせて、2022年6月11日(土)から7月3日(日)まで「花菖蒲・睡蓮まつり」を開催いたします。入場料・駐車場ともに無料でご利用いただけますので、日帰りでの観光や写真撮影にもオススメです。梅雨のシーズンならではの美しい花々を、ぜひご観賞ください。

■小田原フラワーガーデン WEBサイト
・URL/https://www.kanagawaparks.com/odawarafg/

池に映る花菖蒲と睡蓮の共演「花菖蒲・睡蓮まつり」開催概要

■開催期間/2022年6月11日(土)~7月3日(日)
■会場/小田原フラワーガーデン 渓流の梅園(所在地:神奈川県小田原市久野3798-5)
■料金/入園料金・駐車場料金無料
※トロピカルドーム温室は有料です
■アクセス
・「小田原駅」東口から2番のりば伊豆箱根バス「フラワーガーデン・県立諏訪の原公園」行き、「フラワーガーデン」下車すぐ
・伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分
※「花菖蒲・睡蓮まつり」期間中は、土日を中心に当日参加可能な体験イベントなどを開催いたします。詳細は公園WEBサイトをご覧ください。
・URL/https://www.kanagawaparks.com/odawarafg/event/

現在の開花状況

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! 記事3

【花菖蒲/ハナショウブ 約180種1,000株】
■見頃予想/6月中旬~6月下旬

【睡蓮/スイレン】
■見頃予想/現在~10月下旬
※睡蓮は、朝~昼にかけて開花します。また、雨や曇りの日は花を閉じる性質があります
※花菖蒲や紫陽花との共演を楽しめるのは6月下旬頃まで

【紫陽花/アジサイ 約500株】
■見頃予想/6月中旬~6月下旬

当園の花菖蒲(ハナショウブ)の見どころ

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! 記事4

当園の 「花菖蒲(ハナショウブ)」 は、修景池の水鏡に花が映り込み、より端麗な美しさを引き立たせる景観が人気です。晴れの日は薄く繊細な花びらが涼やかに風に揺れ、曇りや雨の日は花菖蒲の色合いがより柔らかく見えます。天気によって表情を変える、梅雨のシーズンならではの魅力があります。

同時期に見頃となる 「睡蓮(スイレン)」 は、赤・白・黄・ピンクと様々な色の花が水面に浮かぶように咲き、花菖蒲との彩り豊かなコラボレーションが見どころです。

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! 記事5

約500株の 「紫陽花(アジサイ)」は、花菖蒲が見られる「渓流の梅園」の周りを囲むように植栽されており、木漏れ日の中をしっとりと彩ります。梅雨のシーズンは家に引きこもりがちになりますが、ぜひこの時期しか見れない花々の共演を見に、足をお運びください。

小田原フラワーガーデン 概要

【ツーリング情報】小田原フラワーガーデンで「花菖蒲・睡蓮まつり」が6/11よりスタート! 入園・駐車料金無料で約180種1,000株のハナショウブが見れる! 記事6

1995年にオープンした植物公園です。メイン施設の「トロピカルドーム温室」では1年中熱帯・亜熱帯植物が楽しめるほか、関東最多級の約300品種500本の梅が咲き誇る「渓流の梅園」、約160品種360株のバラが春と秋に楽しめる「バラ園」、約180品種1000株の「ハナショウブ池」など、四季を通じてさまざまな花を観賞することができます。

■所在地/神奈川県小田原市久野3798-5
■入園料/無料
※トロピカルドーム温室は有料:大人200円、小・中学生100円
■駐車場/普通車148台(障がい者用6台)※無料
■開園時間/9:00~17:00 ※トロピカルドーム温室入館は16:30まで
■休園日
・月曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)
・祝日(振休も含む)直後の平日
■アクセス
・「小田原駅」東口 2番のりばから伊豆箱根バス「フラワーガーデン・県立諏訪の原公園」行き、「フラワーガーデン」下車すぐ(所要時間約30分)
・伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分

リリース

西武造園株式会社(2022年6月8日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ