工具不要で簡単組み立て! 折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」がクラウドファンディングをスタート

掲載日: 2022年02月15日(火) 更新日: 2022年02月15日(火)
カテゴリー: トピックス  タグ:  

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事1

株式会社 Glotureは、折り畳めるアウトドア用ベッド「Gamp Bed」のクラウドファンディングを開始した。受付期間は2022年3月31日(木)までとなる。

同製品は、重さ2.6kg、折り畳むと長さ55cmになり持ち運びに便利なキャンプ用ベッドとなる。また工具無しでわずか5ステップで組み立てられるのが特徴だ。素材には蒸れにくく夏も快適なオックスフォード布を採用している。キャンプツーリングを計画しているライダーはチェックしてみてはいかがだろうか。

★クラウドファンディング開始★折り畳めるキャンプベッド!アウトドアを快適にする「Gamp Bed」をGREEN FUNDINGで!

工具不要1分瞬間組み立て/300D GRID OXFORD/滑り止め加工

株式会社Gloture(本社:東京都港区、代表取締役:CHEN JUNYI)は、GREEN FUNDINGにて、「Gamp Bed」折り畳めるアウトドアベッドのクラウドファンディングを開始いたします。

プロジェクト概要

■キャンペーン期間/2022年2月11日(金)~2022年3月31日(木)
■プラットフォーム/GREEN FUNDING
■キャンペーンサイト
・URL/https://greenfunding.jp/gloture/projects/5672/

組み立て1分で夜のアウトドアを快適に

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事2

あなたのライフスタイルに合わせてアウトドアをはじめとした幅広いシーンで手軽に「昼寝」することができるのが『Gamp Bed』です。

持ち運び時55cm、重さ2.6kgの持ち運び易さと、工具不要の1分組み立ての「Gamp Bed」で時には家族とのキャンプで、時には大好きな仲間とのBBQなどのお供としてお楽しみください。

製品特徴

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事3
■工具不要
わずか5ステップで超簡単に組み立てることができます。
最短1分程度で組み立てを完了することができるので、ストレス無く時間を有効に活用することができます。
もちろん、女性一人でも簡単に組み立て可能です!

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事4
■2.6kgの超軽量ながら耐荷量は最大150kg
素材に徹底的にこだわり、骨組みには軽くて丈夫な「ウルトラ・ライト・アルミニウム」を採用。これにより、耐荷量は最大150kg、重さはわずか2.6kgと強さと軽さの両立を実現しました!
展開時の大きさは190x65cmと大人一人が寝転ぶのに十分なサイズです。

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事5
■持ち運びやすい!
たたんでバッグに入れれば大きさは約55cm。
ツーリングバッグに入るサイズ感のため持ち運びが非常に簡単です!

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事6
■夏でも蒸れずに快適な300D GRID OXFORD布
生地には破れにくく、通気性に優れたオックスフォード布を採用。
これにより、夏でも蒸れることなく快適に睡眠をとることができるようになりました!

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事7
■脚には安心の滑り止め加工
脚部分には滑り止めが付いていて、どんな地面でも安定して「Gamp Bed」を使っていただくことができるようになっています。

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事8
■豊富なカラーバリエーション
カラーバリエーションはカーキ、グリーン、ブラックの3種類を用意しました。

製品仕様

折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事9
折りたためるキャンプベッド「Gamp Bed」が登場 工具不要で簡単組み立て! 記事10
■商品名/Gamp Bed
■素材/600D Oxford Cloth、7075 Aviation Aluminium Alloy
■大きさ/190x65x17/38cm(折り畳み時:55x19cm)
■重量/2.6kg(バック挿入時2.8kg)

リリース

株式会社 Gloture(2022年2月10日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ