【スズキ】ワークスチーム「ヨシムラ SERT Motul」がボルドール24時間耐久レースで優勝!

掲載日: 2021年09月21日(火) 更新日: 2021年09月21日(火)

【スズキ】ワークスチーム「ヨシムラ SERT Motul」がボルドール24時間耐久レースで優勝 記事1

ポールリカールサーキット(フランス)で2021年9月18日(土)・19日(日)に開催された2021 FIM 世界耐久選手権第3戦「ボルドール24時間耐久レース」において、ワークスチーム「ヨシムラSERT Motul」が優勝した。

予選1番手でスタートした参戦車両 GSX-R1000R は、レース開始1時間が経過した時点でトップに。途中、雨による転倒があったものの12時間経過時点でトップを奪取すると、2位に19周差をつける計704ラップでフィニッシュした。

スズキ、2021 FIM世界耐久選手権第3戦「ボルドール24時間」で優勝

フランス南部・マルセイユ近郊のポールリカールサーキットで9月18日から19日にかけて開催された、二輪車による耐久ロードレースの最高峰である、国際モーターサイクリズム連盟(以下FIM)主催の「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第3戦「ボルドール24時間耐久レース」において、スズキ株式会社の参戦チーム「ヨシムラSERT Motul」が優勝した。

【スズキ】ワークスチーム「ヨシムラ SERT Motul」がボルドール24時間耐久レースで優勝 記事2

EWC は市販車をベースに耐久レース仕様に改造された二輪車で競われるレースで、スズキは株式会社ヨシムラジャパンにチーム運営を委託し、スーパースポーツモデル「GSX-R1000R」で共同参戦している。

予選を1位で通過し、1番手でスタートした「ヨシムラSERT Motul」は、1周目から果敢に攻め、毎時間の経過時点の順位において、最初の1時間経過時点からトップに立った。その後、9時間経過後に降り始めた雨による転倒でピットストップを余儀なくされ、順位を2位に落としたが、12時間経過時点で再びトップに立ってからは一度もトップを譲ることなく、2位に19周差の704周でゴールした。

第3戦「ボルドール24時間耐久レース」結果

■順位・チーム・ポイント
・1位/ヨシムラSERT Motul/65
・2位/MOTO AIN/48
・3位/VRD IGOL EXPERIENCES/44

「2021 FIM世界耐久選手権」チーム順位(第3戦終了時点)

■順位・チーム・シーズン累計ポイント
・1位/ヨシムラSERT Motul/141
・2位/VRD IGOL EXPERIENCES/105
・3位/F.C.C. TSR Honda France/89

「2021 FIM世界耐久選手権」スケジュール

■レース・開催月日・場所・ヨシムラSERT Motul結果
・第1戦 ル・マン24時間/2021年6月12~13日/フランス/1位
・第2戦 エストリル12時間/2021年7月17日/ポルトガル/12位
・第3戦 ボルドール24時間/2021年9月18~19日/フランス/1位
・第4戦 モスト8時間/2021年10月9日/チェコ/-

リリース

スズキ株式会社(2021年9月21日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ