【ハーレー】ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンが電動モーターサイクル「LiveWire(R)」で1万3,000マイルを走る!

掲載日: 2020年09月03日(木) 更新日: 2020年09月03日(木)
カテゴリー: トピックス  タグ: , ,  

ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンが出演する冒険シリーズ「Long Way Up」の新編が2020年9月18日(金)より Apple TV+で配信される。

今回公開されるシリーズでは、主演の二人がハーレーの電動モーターサイクル「LiveWire(R)」を駆り、南米のウシュアイアからロサンゼルスまでの1万3,000マイルを走破する様子を全11話に渡り配信する予定だ。

Apple TV+、ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンの壮大な冒険シリーズ「Long Way Up」電動モーターサイクル「LiveWire(R)」を駆る新シリーズは9月18日(金)より世界公開

100日間で13,000マイルを走破する全11話。「Long Way Up」公式トレイラーも先行公開中

ハーレーダビッドソンは、Apple TV+(※1)がユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマン出演の壮大な冒険シリーズ「Long Way Up」の新編を9月18日(金)から世界で公開することを発表しました。2人がハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル「LiveWire(R)」を駆って中南米を旅する全11話の新シリーズは、最初の3話は9月18日(金)に公開され、新しいエピソードは毎週金曜日に配信される予定です。

【ハーレー】ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンが電動モーターサイクル「LiveWire(R)」で1万3,000マイルを走る! メイン

13,000マイルの冒険に挑むユアン・マクレガー(写真右)とチャーリー・ブアマン(写真左)

「Long Way Up」では、マクレガーとブアマンが、バイクで世界一周をした最後の冒険から10年以上の時を経て、旅と友情の究極の冒険のために再会します。これまでで最も挑戦的な遠征となるこの作品では、2人は南米の先端に位置するウシュアイアからロサンゼルスまで100日間で13,000マイルの距離を走ります。 地球の持続可能性に貢献するために、2人はハーレーダビッドソンの「LiveWire(R)」を特別に改造した電動モーターサイクルで旅をします。

本作品の公式予告編は現在公開中です。最先端の技術を駆使して、彼らは、長年の協力者である監督のデヴィッド・アレクサニアンとラス・マルキンと共に、16の国境と13の国を旅しています。また本作では、ユアン・マクレガー、チャーリー・ブアマン、デヴィッド・アレクサニアン、ラス・マルキンが製作・製作総指揮を務めました。

「LiveWire(R)」はハーレーダビッドソン初の完全電動モーターサイクルです。クラッチ操作不要で、時速0kmから100kmまでの加速が僅か3秒で叶う驚異的な加速性能を持ち、一度の充電での最大航続距離は235km(シティモード:※2)です。北米・欧州で現在販売中の「LiveWire(R)」については、日本での発売についても、まもなくアナウンスされる計画となっています。

【ハーレー】ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンが電動モーターサイクル「LiveWire(R)」で1万3,000マイルを走る! 記事1

【ハーレー】ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンが電動モーターサイクル「LiveWire(R)」で1万3,000マイルを走る! 記事2

(※1)Apple TV+は、Apple Inc.の商標です
(※2)SAE J2982に従って測定された米国および欧州仕様車の推定走行可能距離です。

リリース

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社(2020年9月3日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ