【東京モーターサイクルショー2017出展速報】ホンダブース

掲載日: 2017年03月24日(金) 更新日: 2017年06月06日(火)
この記事は 2017年3月24日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。
取材・写真・文=バイクブロス・マガジンズ編集部

黒を基調にシックな装いのブースとなったホンダ。コンセプトモデルのレブル250スタイルコンセプトやCB1100RSカスタマイズコンセプトのほか、市販予定車のCBR1000RR SP、CBR250RR、X-ADV、レブル500など要チェックモデルだ。ほかにも、ホンダモトリンクコーナーや映画登場車両展示なども見逃せない!

2017TMCS
今年は落ち着いた雰囲気に包まれたオトナな感じのホンダブース。
2017TMCS
資料を渡してくれるレディーもオトナな感じだ。
2017TMCS
X-ADVもオトナな雰囲気がハンパない。
2017TMCS
アドベンチャーモデルに乗り孤高な旅を続けるオトナのオトコ。
2017TMCS
オトナにも似合う250ccロードスポーツCBR250RRも登場
2017TMCS
ツインエンジンがオトナの魅力を放っている
2017TMCS
パワー、スペック、存在感、そして完成度。オトナのスーパースポーツCBR1000RR SP
2017TMCS
軽快なイメージに仕上げられたレブル250スタイルコンセプト。
2017TMCS
こちらはレブル500。シンプルスタイルが心地よい。
2017TMCS
根強い人気のモンキーも。
2017TMCS
手前からロードレース(MotoGP)、トライアル、モトクロス(MXGP)で2016年世界選手権覇者となったマシン。
2017TMCS
ホンダモトリンクの特設コーナーもあり。
2017TMCS
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』登場車両も展示されている。

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ