【トライアンフ】GoProやナビを直感的に操作! 「新MY TRIUMPH コネクティビティシステム」を12/21に発売(動画あり)

掲載日: 2019年12月17日(火) 更新日: 2019年12月17日(火)

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、「新MY TRIUMPH コネクティビティシステム」を2019年12月21日(土)に全国の正規販売店で発売する。

同社TFTディスプレイ採用車両との連携を行うこのアクセサリーは、内蔵型GoProコントロールシステムやGoogleのターンバイターンナビゲーションシステムなどを直感的に操作することが可能。これに併せてAndroidおよびiOS用のアプリもリリースされた。対応車種は現在のところ「Scrambler 1200 XC」「Scrambler 1200 XE」「Rocket 3 R」の3台で、他の車種については2020年に順次対応となる。

価格は4万5,540円で「My Triumph コネクティビティモジュール」およびソフトウェアのアップデートが含まれる。この他、車種別の装着用キット(Scrambler 1200シリーズ用/4,180円、Rocket 3用/1,650円)と取付工賃が必要となる(価格は全て税10%込み)。詳細については最寄りの正規販売店に問い合わせてみよう。

新MY TRIUMPH コネクティビティシステム発売開始

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(代表取締役社長:野田一夫、本社:東京都港区)は本日、革新的な新My Triumphコネクティビティシステムを12月21日(土)より、全国トライアンフ正規販売店にて発売を開始することを発表します。メーカー希望小売価格は、4万5,540円(税10%込み)となります。※装着用キット、取り付け工賃が別途必要となります。

新 MY TRIUMPH コネクティビティシステム

新MY TRIUMPH コネクティビティシステムは、クラスをリードする多くのコネクティビティ機能を備え、ライダーエクスペリエンスを強化するために設計され、最初はScrambler 1200 XC、Scrambler 1200 XE、Rocket 3 Rで利用可能となります。

■新MY TRIUMPH コネクティビティシステムの機能
・モーターサイクルでは世界初の内蔵型GoProコントロールシステム。
・Googleによるトライアンフ初のターンバイターンナビゲーションシステム。
・Google初のプレミアムオートバイメーカーとのパートナーシップ。
・電話とミュージックの操作。
・直感的な操作とライダー機能
・すべての機能は、My Triumph コネクティビティモジュール(新アクセサリー)によりアシスト。
・すべての機能は、TFTディスプレイからアクセスおよび管理することが可能。
・新MyTriumph アプリに対応しているターンバイターンナビゲーション。AndroidTM および iOSTM 対応携帯電話で利用可能。
※すでに車両を所有している方には、トライアンフ正規販売店にご来店いただき、My Triumph コネクティビティモジュールの取り付けおよびシステムソフトウェアのインストールをしていただく必要があります。

カテゴリーをリードするシステム機能

■モーターサイクルで世界初の内蔵型 GoPro コントロールシステム

GoPro接続画面表示

ライダーはGoProをTFTディスプレイに接続することで、走行時のあらゆる瞬間を記録することができ、車両のTFTディスプレイと左手のスイッチキューブを介して、直感的にGoProの主要機能にアクセスし、操作することができます。TFTディスプレイは、モード、動画撮影開始、動画撮影停止、写真撮影、バッテリー残量など、GoProカメラのステータスを示すシンプルなグラフィックアイコンを画面に表示します。このシステムは、Hero 5およびHero 5 Session以降のすべてのGoProカメラと互換性があります。

■Google によるトライアンフ初のターンバイターンナビゲーションシステム(新しい MyTriumph アプリにより作動)

ターンバイターンナビゲーションシステム画面表示

プレミアムオートバイメーカーとのパートナーシップを初めて結んだGoogle(TM)によるシステムで、トライアンフのオートバイでも初の導入となる、トライアンフターンバイターンナビゲーションシステムは、アクセサリーとして装備可能なBluetooth接続モジュールを介してナビゲーションを可能にします。My Triumph コネクティビティモジュールは、トライアンフ正規販売店にてインストールすることができます。

この優れた機能によって何億もの場所や施設とつながることができ、信頼性の高い位置認識検索候補により、ルートに沿って最大21の目的地を必要に応じて追加することができます。
ライダーが MyTriumph アプリ上でルートを選択して走行を開始すると、簡単なグラフィックアイコンを使用して、TFTディスプレイ上に明確な方向指示アイコンが表示され、正確な方向指示が得られます。この洗練されたナビゲーションシステムにより、ライダーは走行距離に関わらず、シンプルで容易な方法でルート設定や目的地検索を行うことができます。

■電話&ミュージックの操作

電話の着信画面表示

ミュージック画面表示

アクセサリーとして装備可能の MyTriumph コネクティビティモジュールを使用することで、ライダーは自身のスマートフォンとBluetooth(R)ヘッドセットをTFTコネクティビティシステムにペアリングすることができ、移動中でも自然な操作ができます。

通話の発信や着信、SMSメッセージ通知などの電話機能は、音楽トラックの選択同様に、左手のスイッチキューブを介して操作することができます。
※GoogleおよびAndroidは、Google LLCの商標です。

■アクセサリーとして、装備可能なMy Triumphコネクティビティシステムには以下が含まれます。
・My Triumph コネクティビティモジュール
・My Triumph コネクティビティモジュールのソフトウェアアップデート
・TFTディスプレイのソフトウェアアップデート
[バイクへのモジュール装着には別途装着用キットが必要です]
・装着用キット(Scrambler1200 用)/4,180円(税10%込み)
・装着用キット(Rocket 3用)/1,650円(税10%込み)
※取り付け工賃別途必要
※その他のTFTディスプレイ採用モデルの装着キットは、2020年に順次発売予定。

取付の所要時間は約60分で、フィッティングキットとソフトウェアのアップロードが含まれます。詳細は、お近くのトライアンフ正規販売店までお問い合わせください。

新 MyTriumph アプリ をリリース

12月16日より、新バージョンの MyTriumph アプリが AndroidTM および iOSTM 対応携帯電話に無料でダウンロードできるようになります。

■新 MyTriumph アプリの主要機能
・走行ルートの記録、走行終了時に走行サマリーを表示、サマリーを仲間と共有。
・新 My Triumph コネクティビティシステムにより、トライアンフ車両のTFTディスプレイ上で、Google提供のライブナビゲーションが利用可能。
・トライアンフ車両のステータスを監視し、オドメーター、平均燃料消費量、次回の点検整備までの時間/距離などの重要な情報を表示。これは、新 My Triumph コネクティビティシステムによってアシストされます。

■新 MyTriumph アプリダウンロードURL
・Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=uk.co.triumphmotorcycles.mytriumph&hl=ja
・iOS版
https://apps.apple.com/jp/app/my-triumph/id1470040586

お問い合わせ

トライアンフコール
TEL/03-6809-5233

Scrambler 1200 XCのカタログページはこちら>>
Scrambler 1200 XEのカタログページはこちら>>
Rocket 3 Rのカタログページはこちら>>

リリース = トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(2019年12月16日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ