tododesuさんのバイクライフ#07・富士山求めて走り出す【バイク専用SNS “モトクル”】

掲載日: 2020年02月13日(木) 更新日: 2020年02月12日(水)

バイク専用SNS “モトクル”ユーザーのtododesuさんは、スズキのBANDIT 1250Fとヤマハのセロー250に乗ってバイクで旅をするのが好きなライダーさんです。またツーリングのスタイルはタンデム&キャンプが基本なんだとか。今回のテーマは「富士山求めて走り出す」ということで、美しい富士山が見られるスポットをまとめてくれました。

雲見の絶景
全国でも指折りの富士山が美しく見える場所と言えば、雲見から見る駿河湾越しの富士山だろう。見えた時には、ついつい「ありがとう」と、呟いてしまう。
夫婦岩が鎮座するその先に浮かび上がる富士山の山容、駿河湾の青々とした海との相性が抜群に良い。
東伊豆からグルリと伊豆半島を一周して、夕暮れ時に見るもよし。雲見温泉に泊まり、朝一番の富士山を眺めるもよし。いつだって、そこに富士山は迎え待っていてくれるのだ。
東京湾越しのシルエット
富士山から遠く離れれば離れるほど、見える確率は低くなる一方で、見れた時の嬉しい指数は上がるものだ。
遠く際北限は福島県花塚山、また際東限は銚子ポートタワーから富士山が見れると聞く。いずれも標高を上げて見る必要があるため、バイクに乗って見るとなると難儀なものだ。
ここ、房総半島の西側、保田海岸も富士山からは約100kmと遠い距離ではあるが、遮るもの無く富士山のシルエットが望める。
狙い目はもちろん冬、空気の澄んだ空は見える確率を上げる。海水浴客のいない海岸で、日本一の円錐を眺めるひとときが待っている。
近くに寄って見る
富士山の標高は3,776mであることは、ご承知の通りだ。では、どこまで近づけるのか。富士山スカイラインを上れば富士富士宮5合目(2,400m)まで愛車と行くことができる。が、そこまで行くと1,200mほどの富士山が見えるものの、もはや富士山なのかなんなのかよくわからない。
そこで、おススメしたいのは水ヶ塚(1,400m)だ。ここから見る富士山はまごうこと無く富士山だ。
目と鼻の先、2,300mの高さに見える霊峰の存在感は凄まじい。夏に訪れれば避暑にはなるものの登山客で溢れるため、オフシーズンの方が静かに楽しめます。
大きい大きい存在‬
目の前にドーン!と、立ちはだかる姿を見れば、壁のようにすら感じる富士山の大きさに圧巻されることだろう。しかし、そのように見れるところはそう多くない。うまく見下ろせる場所に行くか、同じ目線に立つか、そんなポイントを探し回る必要がある。
富士山に向かって曲がる大カーブが足柄峠にある。正確には、足柄峠から少し西側に走ったところになるが、目の前に迫る富士山の裾野まで見える大パノラマが素晴らしい!カーブの内側にはちょうど良い駐車スペースもあり、停めて見るのにも最適な場所。
他にも素晴らしいポイントは探せばある、せっせと探しに走りに回ろうか。‬
富士山を見て過ごす
“テントを出るとそこに富士山がいる”、それはそれは他に代え難い幸せの時だ。
夕陽に照らされた紅い富士から、寝る時は月夜に照らされた富士山のシルエットまで、目が覚めれば日の出と共に青空の下に広がってゆく山容を眺め、共に時を過ごす。
富士山の見えるキャンプ場は富士山麓に数多くあるが、昨今のブームで人気キャンプ場は混雑必至。そんな中でもここ、朝霧ハートランドキャンプ場はイベントで使用されること
もあるものの、比較的快適に過ごせる印象だ。オーナーさんも親切で、ソフトクリームが美味しいのも魅力の1つ。
お気に入りのキャンプ場を求め、テントを積んで走りに行こう。

その他の “モトクル”投稿トピックス記事はこちら>>

モトクルiPhone版アプリのダウンロードはこちら>>

モトクルAndroid版アプリのダウンロードはこちら>>

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ