ホンダのエンジニアが中心に創業した企業「株式会社ストリーモ」が自立する電動マイクロモビリティー「Striemo(ストリーモ)」を公開

掲載日: 2022年06月14日(火) 更新日: 2022年06月14日(火)

Striemo(ストリーモ) メイン

ホンダの社内起業制度から誕生した企業「株式会社ストリーモ」が、新型電動マイクロモビリティー「Striemo(ストリーモ)」を2022年中に販売開始する旨発表した。これに先がけ同社では一種原動機付自転車扱いの限定モデル「Striemo Japan Launch Edition(26万円/税10%込み)」の一般向け抽選販売の申し込み受け付けを開始した。

同製品は「ユーザーの安心感」を第一として開発された車両となっており、世界初の「バランスアシストシステム」を搭載。停止時には自立し、走行時は極低速からバランスを制御するほか、ワダチや傾斜などに強く歩行者や他の車両との親和性が高いという。

電動マイクロモビリティー「Striemo(ストリーモ)」を開発、年内に販売開始

~ユーザーの「安心感」を第一とした新たな移動体験を提供~

Striemo(ストリーモ) 記事2

株式会社ストリーモは、 ユーザーの「安心感」を第一とした新たな移動体験を提供する電動マイクロモビリティー「Striemo(ストリーモ)」を開発し、 2022年中に販売を開始いたします。 本販売に先駆け、 本日2022年6月13日より国内一般消費者様向け抽選販売(限定モデル※26万円/税10%込み)の申し込みを受け付けます。
※Striemo Japan Launch Edition – 日本国内一般消費者向け 一種原動機付自転車扱い

Striemoの特徴

「自立・安定」 – 人がもつ自然な反応を活かした世界初の「バランスアシストシステム」により、 停止時も自立し、 極低速から快適な速度まで転びづらく安定した走行を可能にします。

「バランス取りの不安感軽減」 – 石畳や轍(わだち)、 傾斜でも進路や姿勢を乱されにくく、 ユーザーは走行時のバランス取りの不安を軽減できます。

「人や他の交通手段との親和性」 – ふらつきにくく、 足をつかずに停止できるため、 車道の走行速度だけでなく、 歩行速度での移動でも歩行者・他の車両とも互いに安心して走行できます。

Striemo(ストリーモ) 記事3

開発背景と将来展望

株式会社ストリーモはHondaの社内起業制度IGNITIONからのカーブアウトスタートアップで、 Hondaのエンジニアを中心に2021年8月に創業されました。

マイクロモビリティー市場は国際的な脱炭素化へのシフトを背景に、 2030年までにグローバル市場にお いて17.4%の年成長率、 1,980億米ドルの市場規模に急拡大すると言われています(※引用1)。 他方、 電動キックボードの事故率は自転車と比べ18倍高く(※引用2)、 またその主な原因は路面状況などによる単独事故が80%と分析されるなど(※引用3)、 既存のマイクロモビリティーでは走行の安定性に課題が残っています。

Striemoは「ユーザーの安心感」を大前提に設計されたマイクロモビリティーです。 運転時にバランスを取ることへの不安軽減や、 自然な乗車体験を提供するノウハウを活かし、 ユーザーが余裕を持って、 周囲に配慮しながら、 運転できるマイクロモビリティーです。

まず、 2022年中に国内にて一般消費者様向け、 及び商業施設・空港・倉庫・建設現場などの移動用マイクロモビリティーとして販売していきます。 さらに、 今後の歩道走行を認める規制緩和に合わせ、 Striemoの強みである歩行領域の安定性を活かした製品開発を進めてまいります。

2023年以降には欧米市場への展開を始め、 将来的には世界中で高齢者を含めたより多くの人が安全かつ容易に使える「マイクロモビリティーの新しいスタンダード」を目指します。

株式会社ストリーモ 代表取締役 森 庸太朗(もり ようたろう)のコメント

Striemo(ストリーモ) 記事1

「移動する楽しさの一つに発見や出会いがあります。 より多くの人に移動の楽しさを提供できるのがマイクロモビリティー領域だと考えています。

一方で、 既存のマイクロモビリティーは操縦性や安定性に課題があると感じていました。 そこで、 Hondaでのレース開発やバランス制御技術の開発経験で培った「人研究」のノウハウを活かし、 大前提である安心・安全を提供できる新しいモビリティを自宅のガレージで創り始めました。

Striemoが世界中で人々の生活の中に当たり前にあるノリモノの一つになり、 人々が自由な移動を楽しめる豊かな世界を作っていきます。 」

(※引用1)Valuates Reports 「Global Micromobility Market」(2021)
(※引用2)Electric Scooter Guide 「Electric Scooter Safety Report: An Analysis from Data Just Released from Austin & Portland」
(※引用3)Austin Public Health 「Dockless electric scooter-related injuries study」(2018)

リリース

株式会社ストリーモ(2022年6月13日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ