【ヤマハ】「MT-07 ABS」にニューカラーを採用! 2022年モデルとして5/25に発売

掲載日: 2022年04月12日(火) 更新日: 2022年04月12日(火)

ヤマハ MT-07 ABS 2022年モデル メイン

ヤマハは「MT-07 ABS」にニューカラーを採用し、2022年モデルとして2022年5月25日(水)に発売する。今回採用されたニューカラーは「パステルダークグレー」「ディープパープリッシュブルーメタリックC」「マットダークグレーメタリック6」の3タイプ。

同車両は、扱いやすい270度クランクを採用した水冷2気筒エンジンを搭載するミドルクラスのロードスポーツモデルとなっており、81万4,000円(税10%込み)というリーズナブルなプライスも魅力だ。

ロードスポーツ「MT-07 ABS」2022年モデルを発売

~新たなトレンドを提案するシアンを採用したカラーなど個性豊かな3色を新設定~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツ「MT-07 ABS」の2022年モデルを5月25日に発売します。

2022年モデルはカラーリングとグラフィックを変更した3色を設定しました。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーです。“ブルー”は、当社のフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとしました。“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現しています。

ヤマハ MT-07 ABS 2022年モデル 記事1

「MT-07 ABS」グレー

「MT-07 ABS」は、「Accessible MT with a Fitter Body」をコンセプトに開発しました。”クロスプレーン・コンセプト(※)”の2気筒270度クランクエンジンをコンパクトなボディに搭載し、走りの楽しさとストリートで映えるデザインや優れたコストパフォーマンスを兼ね備えた、さまざまなシーンで楽しめるモデルです。

(※)クロスプレーン・コンセプトは、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想。

ヤマハ MT-07 ABS 2022年モデル 記事2

「MT-07 ABS」ブルー

ヤマハ MT-07 ABS 2022年モデル 記事3

「MT-07 ABS」マットダークグレー

■名称/MT-07 ABS
■カラー
・パステルダークグレー(グレー/新色)
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)
・マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー/新色)
■発売日/2022年5月25日(水)
■メーカー希望小売価格/81万4,000円(税10%込み)
■販売計画/800台(年間、国内)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

MT-07 の試乗インプレッション記事はこちら>>
MT-07 のカタログページはこちら>>
その他ヤマハ製品に関する記事はこちら>>

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2022年4月12日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ