【トライアンフ】世界限定270台!ブライトリングとのパートナーシップによる「スピードツイン ブライトリング 限定モデル」を発表

掲載日: 2022年02月24日(木) 更新日: 2022年02月24日(木)

スピードツイン ブライトリング 限定モデル メイン

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、ブライトリングとのパートナーシップ締結を発表した。同時に、トライアンフとブライトリングは、それぞれプレミアム限定モデルを2022年に発売する。

トライアンフからは、世界限定270台で「スピードツイン ブライトリング 限定モデル」が発売される。1950年代のトライアンフThunderbird 6Tからインスピレーションを得た、ポリクロマティックブルーの特別なカラーリングを採用。ハンドルバークランプに限定モデルの証として、シリアルナンバーが刻印されており、価格は239万5,000円(税10%込み)となる。

ブライトリングの「BREITLING TOP TIMEトライアンフ クロノグラフ」は、トライアンフの限定モデルと同じく文字盤のアイスブルーが特徴で、「コアコレクション・バージョン」と「オーナー限定バージョン」の2種が用意される。後者は、トライアンフの「スピードツイン ブライトリング 限定モデル」購入者向けで、バイクと同じシリアルナンバーを刻印した専用モデルとなる。

トライアンフから「SPEED TWIN BREITLING限定車」
BREITLINGから「トライアンフ・エディションのTOP TIME CHRONOGRAPH」発表のお知らせ

スピードツイン ブライトリング 限定モデル 記事1

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(代表取締役:大貫陽介、東京都港区)は2月22日22時、Breitlingとトライアンフモーターサイクルのエキサイティングな新しいパートナーシップをお知らせいたします。

トライアンフの中でも人気のSpeed Twinと、Breitlingの特徴あるTop Time watchの独創的なプレミアム限定モデルを2022年に発売いたします。

精度、品質、スタイルで世界的に有名なBreitlingと、モーターサイクルの進化に多大な影響を与えたトライアンフは、ともに現代のクロノグラフの発展において先駆的な役割を果たしてきました。

比類なき伝統と、エンジニアリングの卓越性、パフォーマンス、美しさへの果てない情熱を持つこの新しいパートナーシップは、完璧な動きを追求し、揺るぎない焦点で未来を受け入れるというBreitlingとトライアンフの共通の野心を示しています。

大胆で独創的なデザイン、そして精密なクラフトマンシップの才能という共通の哲学から生まれた、この2つの美しいTriumph Breitling editionsは、これらのコアバリューをひとつにしたものです。

美の技巧
■1951年のトライアンフ Thunderbirdのオリジナルカラーに合わせたユニークなポリクロマティックブルーを取り入れた、スタイリッシュで個性的なBreitlingエディションの塗装です。
■ハンドペイントによるコーチラインのディテール
■独自のプレミアム機能と以下の仕上げを含む:
– 時計のデザインからインスピレーションを得た特注のインストルメントフェイス
– ステッチ入りのブラックレザーパンチングシート
– ブランドビレット加工エンジン

特別仕様
■Speed Twin Breitlingにのみ採用された、グロスブラック・スプリング付きのオーリンズ製ピギーバック ツインサスペンションのハイスペック仕様。
■最新世代のSpeed Twinは、パワーアップと高性能化、ブレーキ、サスペンション、タイヤのハイスペック化、テクノロジーの強化、そしてさらに美しいスタイルとディテールなど、あらゆるアップグレードが行われています。

限定仕様
■世界限定270台のBreitling エディションモーターサイクル
■ハンドルバークランプにシリアルナンバーを刻印し、1台1台完全に個性的なバイクを実現
■トライアンフCEOニック・ブロアーとブライトリングCEOジョージ・カーンのサイン入り
鑑定書。
■Breitling Top Timeトライアンフ限定版クロノグラフを購入するチャンスです。

スピードツイン ブライトリング 限定モデル 記事3

スピードツイン ブライトリング 限定モデル 記事2

ユニークで美しいポリクロマティックブルーの配色
Breitling Speed Twin エディション クロノメーターのブルーとブラックのフェイスを引き立てる、美しいポリクロマティックブルーの配色は、1953年のバイカーを象徴する映画「The Wild One」でマーロン・ブランドがトライアンフを駆り、不滅の存在となった伝説の青いトライアンフThunderbird 6Tからインスピレーションを得たものです。

1950年代のトライアンフ純正ペイントサンプルブックと、ミントコンディションのオリジナルThunderbirdペイントオプションのカラーチップは分光器を使ってカラーマッチングしました。ポリクロマティックブルーはカスタムミックスカラーで、手作業でマスキングされ、マッチした漆黒のストライプとBreitlingの文字が描かれています。このユニークな限定モデルは、トライアンフペイントチームアーティストのゲイリー・デバインによるハンドペイントのディテールに、ジェットブラックのサイドパネルとヘッドランプボウルがあることにより完成します。

プレミアム仕様
この特別仕様車では、オーリンズ製ピギーバック・ツイン・サスペンション・ユニット(グロスブラック・スプリング付)、最新世代のSpeed Twinのアップグレード、パワーアップ、高性能ブレーキ、サスペンション、タイヤ、技術の向上、美しいディテールなど、より高性能な仕様となっています。

スピードツイン ブライトリング 限定モデル 記事4

ユニークなエンジンディテール
Breitling限定モデルのSpeed Twinには、ビレット加工されたアルミニウムのクラッチとオルタネーターのエンベリッシャーが、繊細なダークアルマイト仕上げで施されているのが特徴です。Breitlingのエディションモデルのために特別に作られた、精巧に削り出されたBreitlingのブランドロゴが、さらに個性を際立たせています。

専用プレミアムレザーシートを採用
パンチング加工されたブラックレザーのシートにはコントラストカラーのステッチが施され、Breitlingエディションのウォッチストラップを引き立てています。ピロー・リブのディテールとブラックのシングルステッチのディテールには、Breitlingの”B”のブランドロゴがエレガントに刺繍されています。

スピードツイン ブライトリング 限定モデル 記事5

ブライトリングSpeed Twin特別仕様のインストルメントフェイス
Breitlingとのパートナーシップにより開発されたこの限定モデルは、Breitling Top Timeトライアンフ・ウォッチの文字盤からヒントを得た、美しくユニークなインストルメントフェイスを搭載しています。

世界270台限定
世界270台限定のBreitling版 Speed Twinは、ハンドルバークランプに個別のシリアルナンバーが入った完全な一点ものであり、トライアンフモーターサイクルのCEOニック・ブロアーとBreitlingのCEOジョージ・カーンがサインした世界に一台だけの証明書が付いています。限定270台という数は、高い評価を得ているSpeed Twinの270度パラレルツインエンジンを記念したものです。

BREITLING TOP TIMEトライアンフ クロノグラフ

美装
目を引くアイスブルーのダイヤルは、Speed Twinのポリクロマティックブルーと、1970年代に製造されたBreitling Top Timeの貴重なブルーダイヤルの両方を参考にしています。

特別仕様
時間の読み取り、時間計測、速度の追跡が可能な高精度クロノグラフです。ムーブメントは、優れた精度の証であるCOSC認定クロノメーターを搭載しています。

個別仕様
Top Timeトライアンフ・クロノグラフの2つのバージョンがリリースされ、1つはSpeed Twin Breitling限定版のオーナーのために用意され、バイクのエディションナンバーに合わせた個別のナンバーが刻まれています。

スタイリッシュなデザインのディテール
1960年代半ば、ウィリー・ブライトリングはモーターレースやカフェ・レーサー文化に触発され、全く新しいタイプのタイムキーパーを開発し、当時のスピード感溢れるスタイルを表現しようとしました。その結果生まれたのが「Breitling Top Time」です。型破りなクロノグラフは、瞬く間に男性も女性もその大胆なプロポーションで魅了し、スポーツシーンで活躍する人々に選ばれる時計となりました。

今日、その精神はSpeed Twin Breitling限定モデルを購入された方々のために特別に用意された、2種類のTop Time トライアンフ・クロノグラフで蘇ります。コアコレクション・バージョンは、オパルセントの縦型サテン仕上げの文字盤が特徴です。オーナー限定バージョンは、サンレイ仕上げの輝きのある文字盤を採用しています。2022年8月22日までにトライアンフに時計を注文したSpeed Twinオーナーは、自分のバイクのナンバーを刻印したオーダーメイドの時計を手に入れる特別な機会が得られます。

この2つのモデルの見どころは、文字盤のアイスブルーです。このユニークな色は、1951年に発表されたポリクロマティック・ブルーのトライアンフThunderbird 6Tと、1970年代に製造された希少なブルーダイヤルのBreitling Top Time Ref. 815を参考にしています。

レースをテーマとした落ち着いた色合いのカーフスキンストラップは、ヒーローの文字盤を輝かせます。12時位置と6時位置には、Breitlingとトライアンフのロゴがさりげなく配されています。特大サイズのマッシュルームプッシャーにより、クロノグラフのストップ・スタートとリセット機能を簡単に操作することができ、ハイコントラストなタキメータースケールにより、速度の読み取りが明確になります。この時計には、COSC認定クロノメーターであるthe Breitling Caliber 23が搭載され、約48時間のパワーリザーブ(最大の駆動時間)を備えています。

もうひとつ、コレクターにはたまらない特徴があります。この時計のケースバックには、トライアンフを象徴するパラレルツインエンジンの詳細なデザインスケッチが刻まれています。このスケッチは非常に意図的な配置にあります。このスケッチは、モーターサイクルのディテールが何層にも重なっていることを表しており、その一部は、オリジナルのモーターサイクルを所有し、深い知識を持つ人でなければ分からないものです。

2021年新型SPEED TWIN あらゆる次元での進化

2018年に発売されたSpeed Twinは、クラストップレベルのハンドリング、スリリングでレスポンスに優れたエンジン、先進のライダーテクノロジー、カテゴリーを特徴づけるプレミアム仕上げとディテールによる美しくモダンなカスタムスタイルにより、モダンクラシック性能ロードスターの乗り心地とフィーリングのあり方に対する基準となりました。

数々の賞を受賞したモーターサイクル、Speed Twinは大きな成功を収め、お客様に愛され続けています。Thruxton Rのパワーとトルクをさらに身近なものにしたSpeed Twinは、現代的なカスタムスタイルと魅力的なライディングを実現し、さらにプレミアムで美しいディテールとタッチを兼ね備えています。

そして今回、2021年に大幅にアップデートされた最新世代のSpeed Twinは、パワーやパフォーマンス、ハンドリング、テクノロジー、スタイルなど、あらゆる面で進化を遂げ、個性とスタイル、真のスポーツ性能を完璧に融合させたモデルとなっています。

高性能
2021年に大幅にアップデートされたSpeed Twinの特徴的な1200ccハイパワーボンネビルツインエンジンは、性能の向上だけでなく、排出ガスの低減により、ユーロ5に完全適合しています。このエンジンは、ピークパワーが3PS向上し、100PS/7,250rpmとなり、さらに中速域のパワーも先代より向上しています。

驚くほど力強く、そしてリニアパワーデリバリーとともに、2021 Speed Twinはトルクカーブも充実させ、ピークトルク112Nmは先代よりも500rpm以上回転域を下げています。

Speed Twinのエンジンのレスポンスは、新型の軽量クランクシャフトとオルタネーターによってイナーシャ(慣性)が17%低減されたことで、前世代よりも向上しています。これにより、エンジンは前世代よりも速く回転し、より長く激しく回転し、レッドラインは前世代よりも500rpm高くなりました。さらに、高圧縮ピストン、ポート、カム形状を変更することで、パフォーマンスが向上しました。

ボンネビルツインの特徴的なサウンドは、新開発のブラッシュドステンレス製メガフォンツインアップスウェプトスポーツサイレンサーによって増幅され、Speed Twinの伝説的な名前にふさわしい、深く、喉越しの良い咆哮を実現するために慎重に作り上げられました。革新的で途切れのないエキゾーストヘッダーランは、触媒を巧みに隠し、特徴的なクリーンラインの”ストレートラン”デザインを実現しています。

トライアンフのモダンクラシックシリーズの全モデルと同様、初回主要点検間隔は10,000マイル(16,000キロ)と長く、所有するためのコストを低く抑えています。

クラストップレベルのハンドリング
新世代のSpeed Twinは、その優れた、確実で快適なハンドリングで既に定評があり、さらに精密で俊敏、ダイナミックな走りを実現するために、数々の重要なアップグレードが施されています。

2021年モデルのSpeed Twinは、カートリッジ式ダンピングを備えたマルゾッキ製43mm倒立式フロントフォークを装備し、120mmのホイールトラベルでより信頼感のある快適な乗り心地を実現しています。2022年のSpeed Twin Breitling限定モデルでは、よりハイスペックなオーリンズ製ピギーバック・ツインリアサスペンション(グロスブラック・スプリング付)が加わり、より精密で快適な乗り心地を実現します。

新世代のSpeed Twinは、ブレンボ製4ピストンM50ラジアルモノブロックフロントブレーキキャリパーと320mmブレンボ製ツインディスクにより、ブレーキ性能がさらに向上しています。さらに、220mmディスク付きニッシン製2ピストン・フローティングリアキャリパーとABSを標準装備することで、初期制動力が向上し、フィーリングとフェード特性も改善されています。

2021年モデルでは、驚異的なグリップと正確さ、高速走行時の安定性を実現するメッツェラー社の新しいレーステックRRタイヤが標準装備され、軽量な12スポークデザインのフロント・リアともに17インチの新しいアルミニウム製キャストホイールも装着されています。

美しいバランスのモーターサイクル、Speed Twinは直感的で自信に満ちた乗り心地を実現します。人間工学に基づく完璧なプロポーションで、親しみやすい809mmのシート高、スリムなスタンドオーバー幅、テーパーハンドルバー、快適なロードスターフットペグ位置は、スラクストンより38mm前方で4mm低く、ライダーはよりリラックスした乗車姿勢を取ることができます。

強化された技術
新世代のSpeed Twinは、正確なスロットルコントロールを可能にする洗練されたライドバイワイヤーシステムや、レイン、ロード、スポーツの3つのライディングモードを可能にするなど、ライダーに焦点を当てた技術が詰め込まれています。これらは2021年に向けて強化され、スロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定の両方をライダーの好みに合わせて調整します。ライディングモードは、移動中にボタンに触れるだけで変更でき、ライディングコンディションの変化に対応し、ライダーの信頼性と安全性を最大限に高めることができます。また、ライダーはインストルメントメニューからトラクションコントロールを単独でオフにすることも可能です。

また、LEDリアライトとウインカーを装備し、市場の法規制で許可されていれば、特徴であるLEDデイタイムランニングライト(DRL)がヘッドライトに組み込まれています。

現代的な3Dクロックは、ハンドルバーに取り付けられたスクロールボタンでアクセスするデジタルメニューシステムを搭載しています。ギアポジション、2つのトリップ設定、燃料レベル、残燃料ゼロまでの距離、平均・現在の燃料消費量、トラクションコントロール設定、TPMS表示(アクセサリーとして装着した場合)など、ライダーが必要とするすべての主要情報が提供できます。

その他、ライダー向けの技術としては、シート下のUSB充電ソケット、アクセサリーのタイヤ圧モニターシステム、トライアンフブランドのプレミアムキーに組み込まれたトランスポンダー付きイモビライザーなども搭載されています。

よりプレミアムなスタイルとディテールを実現
トライアンフの時代を超越したDNAに、現代的なストリップバックカスタムスタイルと落ち着きを取り入れた新しいSpeed Twinは、さらに美しくなり、さらにスタイリッシュなディテールを備えています。

新開発の12本スポークキャストホイール、ブラッシュドステンレスヘッダー付きツインアップスポーティサイレンサーに加えて、Speed Twinの特徴であるニーインデント付き14.5Lタンク、美しいバーエンドミラー、彫刻的なサイドパネル、スタイリッシュなベンチシートが特徴です。

ブラッシュド・アルミニウム製フロントとリアのマッドガードと新しいマウント、ブラッシュド・アルミニウム製サイドパネル・フィニッシャーとヒールガードなど、プレミアムなディテールと仕上げがバイク全体で調和しています。さらに、塗装されたヘッドランプボウルを引き立てる新しいアルマイト製ヘッドランプマウント、クラシックなモンツァ・フューエルキャップ、クリアアルマイト製スイングアームなど、プレミアムなタッチやディテールが見られます。

モーターサイクルアイコンの誕生
1938年に誕生したトライアンフ Speed Twinは、世界初のパラレルツインエンジンをシャシーに搭載し、モーターサイクルの常識を覆すほどの衝撃を与えました。その滑らかでダイナミックなハンドリングと優れたレスポンスにより、トライアンフはパフォーマンスとハンドリングで世界一のモーターサイクルメーカーとなり、その後のすべてのモデルに影響を与え、最初の真の「ライダーズバイク」として世界的な評価を獲得しました。

新型Speed Twinは、トルクフルなパフォーマンス、機敏でダイナミックなハンドリング、魅力的な現代的カスタムバイクのデザインと個性のバランスにおいて、またもや基準点を打ち立てました。

スペック

エンジンとトランスミッション
■タイプ/水冷SOHC並列2気筒 8バルブ270°クランク
■排気量/1200 cc
■ボア/97.6 mm
■ストローク/80 mm
■圧縮比/12.1:1
■最高出力/74 kW (100PS) @ 7250 rpm
■最大トルク/112 Nm @ 4250 rpm
■システム/マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
■エグゾーストシステム
 ブラッシュドステンレススチール2イン2エキゾーストシステム、ツインサイレンサー
■駆動方式/Xリングチェーン
■クラッチ/湿式多板トルクアシストクラッチ
■トランスミッション/6速

シャシー
■フレーム/チューブラースチール、スチール製クレードル付き
■スイングアーム/アルミニウム製両持ち式
■フロントホイール/鋳造アルミニウム合金17” x 3.5”
■リアホイール/鋳造アルミニウム合金17” x 5.0”
■フロントタイヤ/120/70 ZR17
■リアタイヤ/160/60 ZR17
■フロントサスペンション
 Marzocchi製43mm径フォーク、トラベル量120 mm
■リアサスペンション
 プリロード調整機能付きツインショック、リアホイールトラベル量120 mm
■フロントブレーキ
 320mm径ツインディスク、Brembo製 M50 4ピストンキャリパー、ABS
■リアブレーキ
 220mm径シングルディスク、Nissin製2ピストンフローティングキャリパー、ABS
■インストルメントディスプレイとファンクション
 ツインダイヤルのアナログスピードメーターとタコメーターにLCD多機能ディスプレイを搭載。

寸法、重量
■全長/2099 mm
■全幅(ハンドルバーを含む)/778 mm
■車高(ミラーを含まない)/1097 mm
■シート高/809 mm
■ホイールベース/1413 mm
■キャスターアングル/22.3°
■トレール/91.5 mm
■車体重量/216 kg
■燃料タンク容量/14.5 L

燃料消費量
■燃料消費量/5.1 L / 100 km
■CO2 排出量/116 g/km
■規格/EURO 5
CO2排出量および燃料消費量のデータは、指令 168/2013/ECに従って測定されます。燃料消費量の数値は特定の試験条件から導き出されたものであり、比較のためだけに使用されます。実際の走行結果が反映されているわけではありません。

■価格/239万5,000円(税10%込み)

お問合せ

トライアンフコール
TEL/03-6809-5233

リリース=トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社(2022年2月22日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ