【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売!

掲載日: 2021年11月16日(火) 更新日: 2021年11月16日(火)

【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! メイン

MVアグスタジャパンは、BRUTALE 1000 RRと共通プラットフォームを採用したハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」を2021年12月に発売する。メーカー希望小売価格は、357万5,000円(税10%込み)となる。

新型BRUTALE 1000 RSはチタン製コネクティングロッドやラジアルバルブエンジン、片持ちスイングアーム、オーリンズ製電子ステアリングダンパーなど、多くのコンポーネントを、BRUTALE 1000 RRと共有している。リラックスしたライディングポジションはBRUTALE 1000 RS独自のものとなっている。

BRUTALE 1000 RS (MY22)

【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! 記事1

マグナムシルバー/マットメタリックダークグレイ

【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! 記事2

アゴレッド/マットメタリックダークグレイ

■車両名/BRUTALE 1000 RS (MY22)
■発売予定/2021年12月発売予定
■メーカー希望小売価格/メーカー希望小売価格:¥3,575,000(消費税10%込み)(消費税抜き¥3,250,000)
※メーカー希望小売価格には、保険料、登録に伴う諸費用、重量税は含まれておりません。メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各ディーラーが独自に定めていますので、詳しくはMV AGUSTAディーラーにお問い合わせ下さい。メーカー希望小売価格は消費税10%にもとづく価格です。価格及び仕様は、予告なく変更する場合があります。掲載車輛はイタリア本国仕様であり、日本仕様とは異なる場合がございます。

NEW BRUTALE 1000 RS

【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! 記事3

MV AGUSTA BRUTALE 1000RSは、BRUTALE 1000 RRの傑出した機能の数々を、より手にしやすいレベルとなるよう開発されたモデルです。BRUTALE 1000 RSは、世界で最もパワフルなハイパーネイキッドバイクである BRUTALE 1000 RR と共通のプラットフォームを採用しています。いずれの車種も共通する傑出した機能には、例えばチタン製コネクティングロッドやラジアルバルブを備えたエンジン、フレーム、片持ちスイングアームの他、オーリンズ社製の電子ステアリングダンパーなどがあります。一方で、マニュアル調整が可能なフォークやシングルショックアブソーバーなどは、 RSでのみ採用されたエレメントです。

Marzocchi社製のフォーク、そしてSachs社製のシングルショックアブソーバーは共に調整が可能で、高速走行での卓越したパフォーマンスを保証するだけでなく、快適なオンロードアドベンチャーツーリングをお楽しみ頂けることも保証します。新しいワンピース型サドルは一層柔らかさを増し、乗車時の快適性は更なる進化を遂げました。もちろん、BRUTALEのもう一つの象徴とも言えるクリップオンハンドルバーもアップデートされており、その内容はBRUTALE RRを凌駕するものとなりました。また、ライダーに十分な満足感を与えるライディングポジションを保証するためにこのモデル向けに開発されたフットレストも、注目に値するでしょう。BRUTALE 1000 RSだけに見られる先例のないこのライディングポジションは、ハイウェイと郊外が混在する長距離のツーリングなど、幅広い用途に対してこのモデルが最適であることを証明しています。これらの開発は性能重視の名のもとに行われつつも、快適性の追求に対しても一切の妥協を許さずに取り組まれたものです。

■エンジン-その開発の流れは止まらない
ラジアルバルブの4気筒エンジンはMV AGUSTAを象徴する要素の一つです。このモデルのカテゴリのみならず今日のモーターサイクルシーンにわたり一線を画す存在であるMV AGUSTAは、内部摩擦の低減に向けたコンポーネントの開発を継続しています。

MV AGUSTA BRUTALE 1000 RSは、ハイエンドな材料を適用した他に類を見ないエンジンを搭載しています。象徴的な例として、ネイキッドセグメントにおけるチタン製コネクティングロッドの採用があり、これはMV AGUSTA固有のソリューションです。吸気および排気バルブにもチタンを使用することにより、出力およびトルクを高めるための技術的セッティングを可能にし、真のスーパーバイクにふさわしい価値を提供しています。セントラルタイミングチェーンは、1000 RRの開発要素の中でも最新の革命と言えます。中低速回転数におけるトルクカーブの改善を狙いとして、タイミング(カムシャフト )を最適化しました。バルブコントロールタペットには DLC(ダイヤモンド状炭素 )コーティングが適用され、摩擦の低減と信頼性の向上に貢献しています。摩擦の低減や信頼性については、プライマリドライブギアで実現される側面もありますが、特にローンチコントロールが保証する素晴らしい発進時に際立った耐久性と信頼性を誇るトランスミッションが大きく寄与しています。第3世代のEAS 3.0 (Electronic Assisted Shift, 電子支援シフト )では、より高精度でスムーズな変速のために追加のセンサーが導入されました。紛れもないMV AGUSTA流のスタイリッシュな4本出しマフラーが繰り出すエキゾーストはマニフォールドのサウンドデザインにより実現されるもので、耳にした瞬間にそれと判るBRUTALEトーンを奏でながらも、Euro 5規格に完全に準拠しています。

■かつてない完成度のエレクトロニクスパッケージ
新しいBRUTALE 1000 RSの珠玉のエレクトロニクスは、一切の妥協を許さない開発の賜物です。新しいIMUは、バイクの姿勢をリアルタイムで検出し、真に信頼性のあるデータをコントロールユニットに提供します。

これにより、すべてのコンロトールを極めて精密かつ効率的に行うことができます。このプラットフォームの恩恵を受けるFLC(Front Lift Control)トラクション &ウイリーコントロールによってライダーの安全を守りながらも、システム全体は”パフォーマンス志向”のままに、場面に応じた最適な最大限の加速を実現します。特にFLCは、ウイリーを制限するのではなく制御下に置くものであり、ライディングの楽しさと性能を両立させるというメリットがあります。

新しいコーナリング機能付きABSではMK100 Continentalシステムを採用し、コーナリング中の最適なブレーキング制御を実現するとともにローサイドクラッシュを予防します。最高の完成度を誇り、MV Rideアプリとの通信が可能な5.5インチ TFTパネルでは、バイクのすべてのパラメータをスマートフォンから直接設定することが可能です。また、記録やルートの共有といった多くの独自機能を提供します。ハンドル左側に搭載されたジョイスティックを使えば、各機能に簡単にアクセスできます。さらに、TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングセンサー)も使用可能です(オプション )。

■フレーム-さらなる快適性と性能を求めて
ラジカル。コンパクト。そして徹底した軽さ。そのシャーシの大部分をBRUTALE 1000 RRと共通化するMV AGUSTA BRUTALE 1000 RSは、ハイパーネイキッドセグメントの頂点に君臨します。

セットアップに変更を加えれば、曲がりくねった道ですらもライディングの究極の楽しさを感じるものへの変えてくれるでしょう。新しいMV AGUSTA BRUTALE 1000 RSには、万能性によってもたらされる使いやすさがあります。Marzocchi社製フォークとSachs社製シングルショックアブソーバというメカニカルサスペンションの採用は、このように様々な用途を網羅するための最適解です。このサスペンションは調整域が広く、ライダーの好みや走行条件にあわせて効率的なセッティングにカスタマイズすることが可能です。調整のしやすさは、このモデルに採用されたコンポーネントの長所の一つです。

【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! 記事4
【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! 記事5
【MVアグスタ】ハイパーネイキッドバイク「BRUTALE 1000 RS」が2021年12月に発売! 記事6

お問い合わせ

MV AGUSTA JAPAN
TEL/0538-23-0861
BRUTALE 1000 RS のカタログページはこちら>>
その他MVアグスタ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社 MV AGUSTA JAPAN(2021年11月発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ