【ドゥカティ】MY2022 ドゥカティ スクランブラーシリーズの新型2モデルを公開!(動画あり)

掲載日: 2021年10月15日(金) 更新日: 2021年10月15日(金)

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード メイン

2021年10月14日(木)、ドゥカティは「ドゥカティス クランブラー」シリーズのニューモデルをオンラインで公開した。今回登場したのは空冷2気筒エンジン採用モデルの50周年を記念した「ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO」、および17インチのスポークホイールとモタード風の外装を装備する「ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード」の2モデルとなる。なお、同モデルの日本市場への導入など詳細については現在のことろ不明となる。

ドゥカティ スクランブラーの新しい2022年モデルを発表

・ドゥカティ・ワールド・プレミアのエピソード2で、「Land of Joy」の新しい2022年モデル(ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO およびドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード)を公開。
・ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO は、ドゥカティの空冷2気筒エンジンが最初に採用されてから50周年を記念し、その長い歴史に敬意を表して製作されたモデル・
・新型ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタードは、「Land of Joy」の若いファンや、扱いやすく、楽しく、スポーティなモーターサイクルを求めているすべての人々のためにデザインされた、現代的なスタイルのニューモデル。

2021年10月14日 ボルゴパニガーレ(イタリア、ボローニャ)

ドゥカティ・ワールド・プレミア2022(ビデオへのリンクはこちら)のエピソード2が公開されました。今回の主役となるドゥカティ スクランブラーは、世界中のスクランブラー・ファンに向けて2つのニューモデル(ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PROおよびドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード)を発表し、2022年モデルの「Land of Joy」ラインナップを拡充します。

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード 記事1

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PROは、1971年にドゥカティの空冷2気筒エンジンが最初に採用されてから50周年を記念し、その長い歴史に敬意を表して製作されたモデルです。

ドゥカティ スクランブラーが、モダンクラシック・バイクの愛好家とモーターサイクルの歴史に詳しいファンの方々を念頭に置いて製作したドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PROは、ドゥカティの歴史と功績に思いを馳せたモデルです。このモーターサイクルの開発にあたり、ドゥカティ・スタイル・センターは、「Giallo Ocra」と呼ばれるイエローのカラー、ジョルジェット・ジウジアーロによってその当時にデザインされたドゥカティ・ロゴ、専用カラーと見事にマッチしたブラックのスポークホイールなど、1970年代を象徴するドゥカティの要素からインスピレーションを得ました。また、丸形リアビューミラーと専用のステッチを施したブラウン・シートを採用して、特徴的なスタイルをさらに際立たせています。

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード 記事2

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO

技術的な観点から見ると、このニューモデルはドゥカティ スクランブラー 1100 PRO ファミリーのすべての特徴を備えています。具体的には、象徴的なスタイル、オリジナリティ溢れるデザイン、俊敏な走りを実現するシャシ&サスペンション、最高出力86ps@7,500rpm、最大トルク9.2kgm@4,750rpmを発生し、低回転域から力強いトルクを発生する1,079ccのエンジンなどです。

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PROには、3つのライディング・モードが標準設定されています。各ライディング・モードには、それぞれ異なるパワー・モードとドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)のレベルが割り当てられています。さらに、LEDライトガイドを備えたヘッドライトにより、たとえ昼間でも、他の道路ユーザーがモーターサイクルの存在を明確に認識することができます。

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード 記事3

ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード

2022年のラインナップに追加されるもう1台のニューモデルは、ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタードです。このモーターサイクルは、スタイル、スポーティ、走る楽しさを巧みに組み合わせ、都市環境における類まれなライディング・エクスペリエンスを提供するために誕生しました。

情熱的かつエネルギッシュに大都会で生活する人々を対象にデザインされたこのバイクは、その名称を聞いただけでも、都会の雑踏を俊敏に駆け抜けるイメージを連想することができます。ドゥカティ・スタイル・センターは、都会のストリート・アートやメトロポリタン・グラフィティの世界からインスピレーションを得て、スター・ホワイト・シルクとドゥカティGP ’19レッドのカラーを組み合わせた特徴的なグラフィックを考案して、このコンセプトを実現しました。

ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタードは、最高出力73ps@8,250rpm、最大トルク6.7kgm@5,750rpmを発生し、デスモドロミック・バルブ駆動システムを備えた803cc L型2気筒エンジンを搭載し、その扱いやすい特性で、ライダーを決して威圧することなく、街中やワインディングロードを楽しくライディングすることが可能です。

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード 記事4

ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード

また、ドゥカティ スクランブラーのデザインに完全にマッチした、17インチの前後スポークホイール、ハイマウント・フロントフェンダー、フラットシート、サイド・ゼッケンプレートといった要素が「モタード・バイク」の世界を表現しています。

アーバン・モタードには、すべてのドゥカティ スクランブラー・モデルの特徴となっている DRL 付き LED ヘッドライトが標準装備され、拡散光テクノロジーを備えた LED リアライトと組み合わされています。

さらに、アクティブ・セーフティに対するドゥカティのコミットメントを反映し、すべてのドゥカティおよびスクランブラー モデルには、コーナリング中にブレーキをかけた場合でも制動力を最適化し、高レベルの安全性を確保するコーナリング ABS が標準装備されています。
また、スマートフォンを Bluetooth 経由でモーターサイクルに接続できるドゥカティ・マルチメディア・システム(DMS)をオプションで装着することも可能で、シート下には USB 電源ソケットが標準装備されています。

ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PRO ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード 記事5

ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタード

新型ドゥカティ スクランブラー・アーバン・モタードは、ドゥカティ スクランブラー・アイコン、ドゥカティ スクランブラー・アイコン・ダーク、ドゥカティ スクランブラー・ナイトシフト、ドゥカティ スクランブラー・デザート・スレッドとともに、「Land of Joy」の800シリーズを構成します。ドゥカティ スクランブラー 1100 トリビュート PROは、ドゥカティ スクランブラー 1100 ダーク PROおよびドゥカティ スクランブラー 1100 スポーツ PROとともに、ドゥカティ スクランブラーのハイパフォーマンス・ラインナップである1100ファミリーを構成します。

ドゥカティ スクランブラー・シリーズの2つのニューモデルは、2021年11月からドゥカティ正規ディーラーネットワークで販売が開始されます。また、すべてのドゥカティ スクランブラー・モデルには、ヨーロッパの A2ライセンス保有者向けの35kWバージョン(日本未導入)も用意されています。

自由な自己表現という「Land of Joy」の世界をファンの方々に提供し、カスタマイズに対するニーズを最高の形で実現するため、ドゥカティ スクランブラーは、アパレルおよびアクセサリーの幅広いラインナップを用意しています。アパレル・コレクションには、ヘルメット、テクニカル・ギア、ライフスタイル製品が含まれ、アクセサリー・コレクションには、認証済みエグゾーストなどが含まれます。すべてのアクセサリーは、オンライン・コンフィギュレーターで見ることが可能です。

ドゥカティ スクランブラー・モデルのプレゼンテーション・ビデオ、「Land of Joy」のすべてのオリジナル・コンテンツは、ドゥカティ YouTube チャンネルおよびウェブサイト(scramblerducati.com)の「Scrambler Media Box」専用セクションで視聴することができます。

お問い合わせ

ドゥカティジャパンお客様窓口
TEL/0120-030-292

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ