【MVアグスタ】地上の戦闘機! ネイキッドモデル「ラッシュ」2021年モデルを2021年11月下旬~12月上旬に発売

掲載日: 2021年06月21日(月) 更新日: 2021年06月21日(月)

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル メイン

MVアグスタジャパンは、ネイキッドモデル「ラッシュ」の2021年モデルを2021年11月下旬~12月上旬に発売する。メーカー希望小売価格は550万円(税10%込み)となる。

今回のモデルでは、戦闘機を連想させるカラースキーム「ライトアーミーグレー/ダークアーミーグレー/イエロー」を採用。また、SC エキゾーストサイレンサーや 専用 ECU などを含むレーシングキット(公道走行不可)が付属する。

唯一無二の究極ネイキッドバイク

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事9

ライトアーミーグレー/ダークアーミーグレー/イエロー(STANDARD)

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事10

ライトアーミーグレー/ダークアーミーグレー/イエロー(RACING KIT 装着時)※RACING KITは一般公道での使用はできません。

■車両名/RUSH(EURO5)
■発売予定/2021年11月下旬~12月上旬
■メーカー希望小売価格/550万円(税10%込み)
※レーシングキット込み
※メーカー希望小売価格には、保険料、登録に伴う諸費用、重量税は含まれておりません。メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格は各ディーラーが独自に定めていますので、詳しくは MV AGUSTA ディーラーにお問い合わせ下さい。
※メーカー希望小売価格は消費税10%にもとづく価格です。価格及び仕様は、予告なく変更する場合があります。掲載車輛はイタリア本国仕様であり、日本仕様とは異なる場合がございます。

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事1

飛行について言及することはブランドの起源そのものにまでさかのぼるテーマであり、MV AGUSTA の歴史の中で繰り返される傾向です。パワー、フリーダム、超越する意思、そして物質を超えたデザインは畏敬の念と敬意を持って、地球と空の間の、人を寄せ付けない空間に溶け込んでいます。

これが RUSH 2021の魂であり、ミリタリーカラースキームで表現され、青灰色がかった色合いは戦闘機を連想させます。吸気口の黒/黄の縞模様は、ジェットタービンの警告サインを思い起こさせます。

RUSH 2021 は情熱と本能を解き放ちます。それはライダーに容赦ない真実と、混じりけのない完全な解放感を与え、最も記憶に残る体験をさせます。まさにこれこそが、RUSH 2021の「ミッション」です。

RUSH / STANDARD

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事2

スタイルとパフォーマンスが唯一無二の究極ネイキッドバイクは妥協がありません。技術機器は一流であり、MV AGUSTA の歴史の中で最も先進的な4気筒エンジンを備えています。信じられないほどの仕上げのタッチは、その詳細な構造と魅力で各モデルをユニークにするために手作りされています。

モーターサイクルに同梱されている専用キットには、SC-Project エキゾースト、専用レーシング ECU、その他多くのスペシャルパーツが含まれています。

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事3

RUSH / RACING KIT 装着時

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事4

【RACING KIT】

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事5

・SC エキゾーストサイレンサー+レーシング ECU
・カーボンファイバーサイレンサーカバー
・パッセンジャーシートカバー
・CNC フューエルタンク キャップ
・CNC ブレーキ/クラッチレバー
・ブレーキ/クラッチ レバーガード
・補助サイドライト
・専用フロントブレーキディスク
・専用バイクカバー
・限定車の証明書
・レーシングキットボックス
※RACING KITは一般公道での使用はできません。

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事6

MVアグスタ RUSH ラッシュ(EURO5) 2021年モデル 記事7

お問い合わせ

MV AGUSTA JAPAN
TEL/0538-23-0861

Rush 1000のカタログページはこちら>>
その他MVアグスタ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社 MV AGUSTA JAPAN(2021年6月18日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ