【ヤマハ】「XMAX ABS」をマイナーチェンジし2021年モデルとして7/28に発売

掲載日: 2021年06月02日(水) 更新日: 2021年06月02日(水)

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル メイン

ヤマハは「XMAX ABS」をマイナーチェンジし2021年モデルとして7月28日(水)に発売する。価格は65万4,500円(税10%込み)となる。今回のモデルでは、エンジンを平成32年排出ガス規制へ適合させると共に、カラーリングなどが変更された。

新規採用されたカラーは「マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)」「パステルダークグレー(グレー)」「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」の3タイプ。このほか前モデルに採用された「マットダックパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)」を含めた全4色展開となる。

「XMAX ABS」をマイナーチェンジ ~排出ガス規制に適合させ、「MAXシリーズ」らしい上質な4色で展開~

ヤマハ発動機株式会社は、「BLUE CORE(ブルーコア/※)」エンジンを搭載するスポーツスクーター「XMAX ABS」をマイナーチェンジし、2021年モデルとして7月28日に発売します。

2021年モデルは、エンジンの平成32年排出ガス規制適合化を図りながら、シート表皮やスマートキーの質感向上、ヘッドランプの光量アップに加え、カラーリングをアップデートしました。

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル 記事1

マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)

「マットグレー」は、ホイールやグラフィックにブルーを配色し、パフォーマンスの高さを感じさせるカラーです。「グレー」は、2021年モデルの各 MAX シリーズでも採用しているソリッドで艶のあるグレーを採用し、トレンディかつスポーティなイメージを表現しています。「マットダークグレー」は、ダークトーンのボディと、ホイールなどにあしらったゴールドのコンビネーションで洗練された質感を表現しています。「マットブルー」は、スポーティさとトレンド感を兼ね備え、前モデルでも採用したMAXシリーズで定評のあるカラーです。

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル 記事2

パステルダークグレー(グレー)

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル 記事3

マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル 記事4

マットダックパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)

「XMAX ABS」は、精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバーといった「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせたモデルです。製造は、インドネシアのグループ会社 YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

※BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、「走りの楽しさ」と「燃費・環境性能」の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より「BLUE CORE」を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「XMAX ABS」のエンジンもこの「BLUE CORE」思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

■名称/XMAX ABS
■メーカー希望小売価格/65万4,500円(税10%込み)
■カラー
・マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)
・パステルダークグレー(グレー)
・マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
・マットダックパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)

ヤマハ XMAX ABS 2021年モデル 記事5

お問い合わせ

ヤマハ発動機株式会社
TEL/0120-090-819

リリース = ヤマハ発動機株式会社(2021年6月1日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ