【SYM】「オービット・スリー50/125」に新色を追加し国内販売をスタート

掲載日: 2021年04月19日(月) 更新日: 2021年04月19日(月)

SYM オービット・スリー50 オービット・スリー125 2021年国内モデル メイン

モータリスト合同会社は、SYM(エス・ワイ・エム)のスクーター「オービット・スリー」をに新色を追加し、国内市場での販売を開始した。

同車両は、スタンダードモデル「オービット」の上位モデルとなっており、「オービット・スリー50」および「オービット・スリー125」の2モデルがラインナップされる。

カラーは新色「グレー」のほか「マットブラック/イエロー」「ブラック」「ホワイト」「マットブラック」「ブルー/グレー」の計6タイプ。価格はカラーごとに異なっており「オービット・スリー50」は、単色モデルが21万4,500円、ツートンが22万5,500円。「オービット・スリー125」は、単色24万2,000円、ツートン25万3,000円となる(価格は全て税10%込み)。

SYM(エス・ワイ・エム)オービット・スリー販売開始

オービット・スリーは2019年末、日本市場に復帰した SYM の最初のモデルとして発売を開始したスモールクラスのプレミアム・スクーター。50㏄と125㏄の2機種を擁し、低価格ながら高い機動力とクラスを超えたボディサイズ、フルフェイスヘルメットを収容する大きなラゲージボックスといった充実装備で人気を博してきた。

このほど、このオービット・スリーを、昨日より販売開始した「オービット」の上位機種に位置付け、日本市場での機種構成に厚みを持たせ、より幅広いお客さまからのご要望にお応えしようと、新色を加えてモデルチェンジを行うもの。

SYM オービット・スリー50 オービット・スリー125 2021年国内モデル 記事1

■車両名・価格(税10%込み)
[オービット・スリー50]
・単色/21万4,500円
・ツートンカラー/22万5,500円
[オービット・スリー125]
・単色/24万2,000円
・ツートンカラー/25万3,000円

オービット・スリー50は、これまでのキャブレターからフューエル・インジェクション・システムに燃料供給装置を一新。欧州で先行する厳しい環境規制「ユーロ5」をクリアした。

125㏄の兄弟を持つ余裕のあるボディサイズはほかの50㏄クラス・スクーターとは一線を画すプレミアムなものであることに変わりはなく、高級感漂う新色「グレー」をラインアップに加えて、50㏄クラスに商品が不足している日本市場でスタンダードモデルの「オービット50」とともにお客様の要望にお応えしていく。

希望小売価格は19万5,000円(単色/税別。税込み21万4,500円)と20万円を切る設定とし、つくりの良さ、安心感に対して高いコストパフォーマンスを発揮している。

オービット・スリー125は、発売以来強い人気を博してきたモデルの、初のマイナー・チェンジとなる。50㏄同様、厳しい新環境規制「ユーロ5」をクリアする新型エンジンはその走りのパフォーマンスを落とすことなく磨かれ、オービット・スリーならではの胸のすくような加速と軽快感は健在だ。

シート下ラゲージ・スペースに備えられた USB 給電ジャックや、サイドスタンド/センタースタンドの双方を装備する利便性などの基本仕様に変更はない。希望小売価格は22万円(単色/税別。税込み24万2,000円)と、12インチサイズの前後タイヤを備えるフルサイズ・125㏄クラスとしてはクラス随一の低価格でありながら十分以上の装備が魅力的な1台だ。

SYM オービット・スリー50 オービット・スリー125 2021年国内モデル 記事2

SYM オービット・スリー50 オービット・スリー125 2021年国内モデル 記事3

・速度やガソリン量などがわかりやすいシンプルなメーターユニット。

SYM オービット・スリー50 オービット・スリー125 2021年国内モデル 記事4

・フルフェイスヘルメットも収納可能なラゲージスペース。

SYM オービット・スリー50 オービット・スリー125 2021年国内モデル 記事5

・ラゲージスペース内に USB 給電ジャックが標準装備。

モータリストでは、十分以上の部品在庫を日本国内に有し、安心して SYM 商品をご購入いただけるよう万全のサポート体制を用意してお客様のご注文をお待ちしている。

オービット50、オービット・スリー50と、50㏄に2機種のラインアップを備え、安心の供給体制を築けるのは SYM とモータリストだけ。日常の足に安心を求めるお客様のニーズにお応えするモータリストの躍進に今後もご期待いただきたい。

お問い合わせ

モータリスト合同会社
TEL/03-3731-2388

Orbit III 50のカタログページはこちら>>
Orbit III 125のカタログページはこちら>>
その他 SYM に関する記事はこちら>>

リリース = モータリスト合同会社(2021年4月16日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ