【ホンダ】「Rebel 1100」国内仕様の詳細を発表! マニュアルモデルは110万円・DCT モデルは121万円に

掲載日: 2020年12月18日(金) 更新日: 2020年12月18日(金)

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 メイン

ホンダは大型クルーザーモデル「Rebel 1100」国内仕様の詳細を発表した。価格は「Rebel 1100 Dual Clutch Transmission」が121万円で発売日は2021年3月11日(木)。マニュアルトランスミッションの「Rebel 1100」は110万円で2021年5月13日(木)に発売となる。

カラーバリエーションは DCT・マニュアルトランスミッションモデル共に「ガンメタルブラックメタリック」「ボルドーレッドメタリック」の2色がラインナップされている。

CRF1100L Africa Twin 譲りのパワフルな並列2気筒エンジンを搭載するこの車両は、クルーザーとしては異例の35度という深いバンク角によりスポーティーな走りを楽しむことが出来るという。

大型クルーザーモデル「Rebel 1100」を新発売

Hondaは、シンプルでクールなイメージのロー&ロングスタイリングと軽量かつ低重心で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒1,082ccエンジンを搭載した大型クルーザーモデル「Rebel(レブル)1100 Dual Clutch Transmission」「Rebel 1100」をそれぞれ2021年3月11日(木)、2021年5月13日(木)に、Honda Dream より発売します。

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事1

Rebel 1100 Dual Clutch Transmission(ガンメタルブラックメタリック)

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事3

Rebel 1100(ボルドーレッドメタリック)

Rebel 1100は、「Sit back & Enjoy the ride」を開発コンセプトに、車体をRebel シリーズ共通の特徴である低いシート高かつ、ライダーの股下でフレームにくびれを持たせた形状のナロースタイルとすることで、低重心で安心感のある足つき性を実現しました。また、ライダー乗車時のプロポーションの良さを表現しつつ、ステップをペダル操作のしやすい位置に設定するとともに、35度(※1)のバンク角を確保することで、クルーザーカテゴリーながらスポーティーな走行も楽しめる設定としました。

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事6

※写真は US 仕様/オプション装着車

エンジンは、270度位相クランクによる不等間隔爆発が生み出す力強いトラクション性能とパルス感、さらに、高回転域までスムーズに吹け上がる特性でスロットルを開ける楽しみを表現。

また、毎日の通勤・通学から、週末のロングトリップ、パートナーとのタンデム走行まで幅広いシチュエーションと路面状況に合わせて走行フィーリングを任意に選択できるライディングモードを搭載し、ファンライディングをサポートします。

カラーリングは、クールでスポーティーな印象をより引き立てるガンメタルブラックメタリックと、エレガントで洗練された印象のボルドーレッドメタリックの2色の設定としています。

(※1)Honda 調べ。

■販売計画台数(国内・年間)/3,000台
■メーカー希望小売価格(税10%込み)
・Rebel 1100/110万円
・Rebel 1100 Dual Clutch Transmission/121万円
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

Rebel 1100の主な特徴

【スタイリング】

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事2

※写真は US 仕様/オプション装着車

・Rebelシリーズの「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」「CASUAL」に「SERIOUS」を付与し、排気量相応の重厚感とライダー乗車状態でもバランスの取れた人馬一体感のあるクールなプロポーションを実現。
車体
・燃料タンクは Rebel シリーズのスタイリングを想起させつつ、丸みを帯びたフォルムを表現するため、フランジレス製法を採用するとともに、ツーリングに十分な13Lの容量を確保。
・スイングアームは Rebel シリーズのアイコンである丸パイプ形状を継承し、大型クルーザーモデルに見合う直径50.8mmの極太パイプを採用することで、幅広タイヤと相まって力強い印象に。
・フロントサスペンションはインナーパイプにダークネイビーの酸化チタンコートを施すことで、足元の印象を引き締めています。また、ボトムケースを2ピース構造とすることで、スポーティーさと力強さを表現。サスペンションダンパーに、カートリッジ式を採用することで、優れた路面追従性によるスポーティーな走りを実現。
・リアサスペンションは分離加圧式のピギーバックタイプを採用することで、安定した減衰力を発生させ、リアまわりのスタイリングに力強さを表現しつつ、スポーティーな走行でも優れた路面追従性を発揮。
・ブレーキは ABS を標準装備。フロントに高いコントロール性を発揮し、スポーティーなライディングを可能とするモノブロックラジアルマウントキャリパーを採用。

【エンジン】

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事4

・エンジンは、1,082cc・水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒を採用し、270度位相クランクによる不等間隔爆発が生み出す力強いトラクション性能とパルス感、さらに、高回転域までスムーズに吹け上がる特性でスロットルを開ける楽しみを感じていただけます。
・トランスミッションは、ライダーのクラッチ操作やシフト操作が不要で、余裕を持ったライディングが可能となるデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)と、ライダー自身の操作で、シフトチェンジが可能なマニュアルトランスミッションの2タイプを設定。

【電子制御】

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事7

・パワーモード、Honda セレクタブルトルクコントロール、エンジンブレーキ、DCT シフトスケジュール(※2)を走行シチュエーションと路面状況に合わせあらかじめ設定した3つのライディングモードと、任意で設定できる1つのライディングモードを採用。
・クルーズコントロールを採用することで、高速道路などにおいてスロットル操作をせずに車速を一定に保つことを可能とし、快適なロングトリップを実現。
(※2)Rebel 1100 Dual Clutch Transmission のみ

【その他】
・車両からの情報を的確に認知しやすいよう、走行情報はクロノグラフを想起させるレイアウトで表示するとともに、インジケーター類をオフセットして配置した直径120mm丸型ネガティブLCDのスピードメーターを採用。
・Rebel シリーズの特徴として、エンジン始動までの所作にもこだわり、キーシリンダーを車体左側に配置するとともに、コックピットまわりをすっきりさせることで解放感を演出。
・シートは、シンプルでナロースタイルを表現するシングルサドルタイプとしつつ、加速時にライダーをホールドする形状と、ロングトリップでも快適なクッション性を備えています。キー操作で開閉可能なメインシート下には、容量3Lのストレージボックスを備えるとともに3Aの USB Type-C を装備し日常の使い勝手にも配慮。
・ロングツーリングを快適に楽しむことができるグリップヒーターと ETC 2.0車載器を装備。

ホンダ Rebel 1100 Dual Clutch Transmission Rebel 1100 国内仕様 記事8

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ