【ホンダ】電動三輪スクーター「GYRO e:」を来春、および「GYRO CANOPY e:」を来夏に市販

掲載日: 2020年12月11日(金) 更新日: 2020年12月11日(金)

ホンダ GYRO e: GYRO CANOPY e: メイン

ホンダは「第46回 東京モーターショー2019」で公開された電動三輪スクーター「GYRO e:(ジャイロイー)」を来春、および「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピーイー)」を来夏にを来夏に市販する予定だ。

この車両は、電源に「BENLY e:」シリーズにも使われている交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を使用。同社では、今後この電源を利用する法人向けのビジネス用電動二輪車、三輪スクーターを「Honda e: ビジネスバイク」として展開する予定となる。

「GYRO e:」「GYRO CANOPY e:」を市販予定車として発表 法人向けビジネス用電動バイクを「Honda e: ビジネスバイク」として展開

Hondaは、交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を、使用したビジネス用電動三輪スクーターの市販予定車として「GYRO e:(ジャイロイー)」、「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピーイー)」を発表しました。

これにより、2020年4月より法人向けに販売している、ビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)シリーズ」とあわせ、モバイルパワーパックを動力用電源に使用した、法人向けのビジネス用電動二輪車、三輪スクーターを「Honda e: ビジネスバイク」シリーズとして展開していきます。

ホンダ GYRO e: GYRO CANOPY e: 記事1

GYRO e:

ホンダ GYRO e: GYRO CANOPY e: 記事2

GYRO CANOPY e:

ホンダ GYRO e: GYRO CANOPY e: 記事3

BENLY e:I プロ

GYRO e:は、配達に便利な大型・低床のリアデッキを採用した電動三輪スクーターです。2019年の「第46回 東京モーターショー2019」で発表され、来春の市販を予定しています。

GYRO CANOPY e:は、1990年の発売から30周年を迎えた今も、積載性に優れ宅配などのビジネス用途で活躍している、原付三輪スクーター「ジャイロキャノピー」のコンセプトを継承した、電動三輪スクーターです。このモデルは、来夏に市販を予定しています。

ホンダ GYRO e: GYRO CANOPY e: 記事4

Honda Mobile Power Pack

Honda e: ビジネスバイクは、交換式バッテリーを採用していて、充電済みのモバイルパワーパックに交換することで、充電されるのを待つことなく走行が可能になります。また、さまざまな業種の事業主の皆様の用途に応じて、電動の二輪車や三輪スクーターを選択できるとともに、モバイルパワーパックを共用できます。これらの取り組みを通じて Honda は、従来のガソリン車のモデルに加え、Honda e: ビジネスバイクを含めた選択肢を広げることで、日々の業務をサポートしていきます。

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

リリース = 本田技研工業株式会社(2020年12月11日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ