【プジョー】2020年モデル「ジャンゴ」が新型グリルとニューカラーを採用し2/28に発売

掲載日: 2020年02月28日(金) 更新日: 2020年02月28日(金)

プジョーモトシクルはネオレトロスクーター「ジャンゴ 125 ABS/150 ABS」および「ジャンゴ エバージョン 125 ABS/150 ABS」の2020年モデルを2020年2月28日(金)に発売した。

今回のモデルでは両車種共に新型グリルを採用。車体色は「ジャンゴ 125 ABS/150 ABS」が「マットブラック(新色)」のみ。2トーンカラーの「ジャンゴ エバージョン 125 ABS/150 ABS」は「サテンシルバー(新色)」「ドラゴンレッド(新色)」の2タイプがラインナップされる。

価格は「ジャンゴ 125 ABS」および「ジャンゴ エバージョン 125 ABS」が39万3,800円。「ジャンゴ 150 ABS」と「ジャンゴ 150 ABS」が42万1,300円となる(価格は全て税10%込み)。

ネオレトロスクーター「プジョー ジャンゴ」の2020年モデルを発表

122年の歴史を誇る、現存する世界最古のモーターサイクルブランド「プジョー」のベストセラー

aidea株式会社(本社:東京都港区赤坂 代表取締役社長:池田 元英)は、プジョーモトシクルの2020年モデルとして、クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター「ジャンゴ」の2機種を発表します。2020年2月28日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始いたします。

2020年モデルの概要

【ジャンゴ:125cc/150cc】

マットブラック(新色)

新色および新型グリルを採用。 オリジナリティあふれるスタイルとカラーリングで、街中の注目を集めます。自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的なモデルです。

■車両名・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・ジャンゴ 125 ABS/39万3,800円
・ジャンゴ 150 ABS/42万1,300円
■カラー/マットブラック(新色)

【ジャンゴ エバージョン:125cc/150cc】

サテンシルバー(新色)

ドラゴンレッド(新色)

新色および新型グリルを採用。 クラシカルで爽やかなツートンカラーが特長です。フロントからリアまで直線的に走るメッキモールと合わせて、ロー&ロングなジャンゴのデザインを引き立てます。

■車両名・メーカー希望小売価格(税10%込み)
・ジャンゴ 125 エバージョン ABS/39万3,800円
・ジャンゴ 150 エバージョン ABS/42万1,300円
■カラー/サテンシルバー(新色)、ドラゴンレッド(新色)

新型グリル

上記4モデルには、「新型グリル」を装備。フロントカウルのライオンマーク周辺に、四輪車を思わせる装飾が施されています。ジャンゴの品格をさらに高めるデザインです。

主要諸元

お問い合わせ

aidea 株式会社
TEL/03-6427-3600

Django125 のカタログページはこちら>>
Django150 のカタログページはこちら>>
その他プジョーに関する記事はこちら>>

リリース = aidea 株式会社(2020年1月31日発行)

 

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ