【ホンダ】ビジネス用電動スクーター「BENLY e:」シリーズを2020/4に発売予定

掲載日: 2019年12月19日(木) 更新日: 2019年12月19日(木)

ホンダはビジネス用電動スクーター「BENLY e:」シリーズを2020年4月に発売する予定だ。

集配業務での利便性を考慮し開発されたこの車両は、原付一種扱いの「BENLY e: I(73万7,000円)」と原付二種扱いの「BENLY e: II(73万7,000円)」の2つをラインナップ。さらに大型フロントバスケットやリアキャリアなどを装備する「BENLY e: I プロ(74万8,000円)」と「BENLY e: II プロ(74万8,000円)」が用意される(価格は全て税10%込み)。なお、各モデル共にモバイルパワーパック2個、専用充電器2個がセットになっている。

ビジネス用電動二輪車「BENLY e:」シリーズを発表

BENLY e: I(ロスホワイト)

Hondaは、「毎日のデリバリーにちょうどいい ビジネスe:スクーター」をコンセプトに、各種集配業務に求められる取り回しの良い車体サイズに納まるコンパクトなEVシステムを搭載したビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズを、法人向けに販売(※1)します。販売の開始は2020年4月を予定しています。環境性能に優れた電動二輪車がより多くのお客様の身近な存在となるよう、普及に向けた取り組みを進めることで、より静かでクリーンな生活環境の提供に寄与していきます。

「BENLY e:」シリーズは、荷物を積みやすい広くてフラットなリアデッキや、狭い場所や傾斜地での切り替えしなどでの利便性を高める後進アシスト機能を採用するなど、新聞配達や宅配などの集配業務における使い勝手を考慮したビジネス用途向けの電動二輪車として開発。原付一種(第一種原動機付自転車)の「BENLY e: I(ベンリィ イー ワン)」と原付二種(第二種原動機付自転車)の「BENLY e: II(ベンリィ イー ツー)」のほか、それぞれのモデルをベースに、大型フロントバスケット、大型リアキャリア、ナックルバイザー、フットブレーキを標準装備した「BENLY e: I プロ」と「BENLY e: II プロ」をタイプ設定しています。

動力用電源には簡便なバッテリー交換が可能な、着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」を2個使用。走行時にCO2排出のない「クリーン」で「静か」な電動モビリティーならではの優れた環境性能に加え、低回転からトルクのあるモーターの特性を活かし、荷物の積載時でも力強くスムーズな発進性能と登坂性能を発揮します。また、高効率を追求した駆動電流の制御技術とあいまって、一充電あたりの走行距離はBENLY e: I/BENLY e: I プロで87km(30km/h定地走行テスト値)、BENLY e: II/BENLY e: II プロで43km(60km/h定地走行テスト値)を実現しています。

(※1)本製品はバッテリーリサイクルの社会的責任の観点から、バッテリーの回収にご協力いただける法人様向けの販売とさせていただきます。購入をご検討のお客様は、2020年3月にHondaホームページ上に開設予定のご商談申し込みサイトより、お申し込み願います。詳細は、別途Hondaホームページにてご案内予定です。

BENLY e: II プロ(ロスホワイト)

(左から)モバイルパワーパック/専用充電器

■基本セット(車両本体、モバイルパワーパック2個、専用充電器2個)・価格(税10%込み)
・BENLY e: I/73万7,000円
・BENLY e: I プロ/74万8,000円
・BENLY e: II/73万7,000円
・BENLY e: II プロ/74万8,000円
※車両本体・モバイルパワーパック・専用充電器の組み合わせについては、ご商談時に照会ください

主な特徴

■EVシステム
・EVシステムは、エネルギー密度の高いリチウムイオンバッテリーを採用した電圧48Vのモバイルパワーパック2個を直列に接続させた96V系のシステムです。
・モバイルパワーパックは、進行方向に対して左右に配置。着脱機構は2個のモバイルパワーパックの固定、固定解除を1個のハンドルで連動する構造としたことで、モバイルパワーパック同士をより接近して配置させることを可能とし、取り回しの良いコンパクトなボディーサイズにも寄与しています。
・モバイルパワーパックの充電時は、車体から取り外した単体のモバイルパワーパックを外部電源につないだ専用充電器に接続。ゼロの状態から満充電まで約4時間(※2)です。
・モーターはアルミ製のケースとカバーの中にステーターとローターを固定しユニット化。モーターの着脱は、ユニットにて行うことができ、メンテナンスのしやすい構造としています。
・駆動電流をより効率良くモーターへ供給する制御技術を採用することで、モーターのきめ細かなトルク制御とエネルギー効率の向上を実現。ビジネスモデルとしての使われ方を考慮した、低速時のスムーズな走行と後進時のアシスト、一充電あたりの走行距離(※3)、最大積載量(※4)の荷物を積んだ状態で傾斜12°の登坂性能を実現しています。
・後進アシスト機能は、車両が停止状態にある時に、リバーススイッチとスタータースイッチを押すことで作動。取り回しやすさに寄与しています。
(※2)充電時間は、コンセント接続時の定められた試験条件のもとでの値です。モバイルパワーパックの状態、充電時の環境、などの諸条件により異なります
(※3)BENLY e: I/BENLY e: I プロで87km(30km/h定地走行テスト値)、BENLY e: II/BENLY e: II プロで43km(60km/h定地走行テスト値)
(※4)最大積載量はBENLY e: I/BENLY e: I プロで30kg、BENLY e: II/BENLY e: II プロで60kg

■車体
ブレーキシステムは、より効率の良い制動を可能とするHonda独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)(※5)を採用。フットブレーキを採用するBENLY e: I プロ/BENLY e: II プロにも、新開発のフットブレーキ用のコンビブレーキを採用しています。
・駐停車時に便利なブレーキロック機構を採用。BENLY e: I/BENLY e: IIは右側と左側それぞれのブレーキレバー前部に設置したフロント/リアブレーキロックレバーの操作で、BENLY e: I プロ/BENLY e: II プロは、右側ブレーキレバー前部のフロントブレーキロックレバーと、インナーポケット下部のリアブレーキロックノブの操作で、前・後輪のブレーキを保持します。
(※5)コンビブレーキは、あくまでもブレーキ操作を補助するためのシステムであり、ブレーキングの基本は左右のブレーキレバー、または右ブレーキレバーとフットペダル(前・後輪ブレーキ)を同時に操作することです

■車体色
・EVのクリーンなイメージを想起させる「ロスホワイト」1色の設定としています。
その他の装備
・ヘッドライトは、フロントバスケット取り付け位置の低床化とシンプルでスタイリッシュなデザインを両立させた六角形状とし、省電力に寄与するLEDを採用しています。
・メーターパネルには、EVシステムのさまざまな情報を分かりやすく表示。スピードメーターや時計に加え、モバイルパワーパックの残量表示のほか、後進時に点灯するリバースインジケーターやサイドスタンドの起立時に点灯するサイドスタンドインジケーターなどを設定しています。
・携帯端末などの充電ができるアクセサリーソケットを装備しています。
付属品
・モバイルパワーパックと専用充電器が各2個付属します。

主要諸元

■車体(モバイルパワーパック2個搭載時の性能)

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/五羊-本田摩托(広州)有限公司
■製造国/中国
■輸入事業者/本田技研工業株式会社
(※6)一充電走行距離は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。一充電走行距離は、車速一定で走行した実測にもとづいた値です
(※7)道路運送車両法上の第一種原動機付自転車に分類

■モバイルパワーパック

■車体(モバイルパワーパック2個搭載時の性能)

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/五羊-本田摩托(広州)有限公司
■製造国/中国
■輸入事業者/本田技研工業株式会社
(※8)一充電走行距離は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。一充電走行距離は、車速一定で走行した実測にもとづいた値です
(※9)道路運送車両法上の第二種原動機付自転車に分類

■モバイルパワーパック

お問い合わせ

Hondaお客様相談センター
TEL/0120-086819

BENLY e: Iのカタログページはこちら>>
BENLY e: IIのカタログページはこちら>>
その他ホンダ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 本田技研工業株式会社(2019年12月19日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ