【EICMA2019】デザイン一新! スズキが新型「V-STROM 1050」「V-STROM 1050XT」を発表

掲載日: 2019年11月06日(水) 更新日: 2019年11月06日(水)

スズキは現在イタリアで開催中のEICMA 2019(ミラノショー)において新型「V-STROM(ブイストローム)1050」および「V-STROM 1050XT」を発表した。

両車両に搭載される1,037cc V型2気筒エンジンは欧州の排ガス規制であるユーロ5に対応。電子制御スロットルや吸排気タイミングの調整により燃費性能を維持しながらも出力を向上させている。ボティワークは同社が1988年に発売した「DR750S」をモチーフにデザインされたものだ。

また、スポークホイールやアルミアンダーカウリングを標準装備する「V-STROM 1050XT」はクルーズコントロールや坂道発進を補助するヒルホールドコントロール、車両荷重に応じてブレーキングパワーを補正するロードディペンドコントロールなどを搭載。さらにこの車両のみ特別色としてパリダカ出場マシン「DR-Z(ジータ)」をイメージした「ヘリテージスペシャル」が用意される。なお、上記機種の欧米での発売は2020年初頭を予定しているが、日本市場への導入については現在のところ情報はない。

スズキ、海外向け大型二輪車 新型「V-STROM(ブイストローム)1050」、「V-STROM 1050XT」を発表

スズキ株式会社は、11月5日から10日(※)までイタリア・ミラノで開催されている二輪車ショー「EICMA2019(ミラノショー)」において、全面改良した大型二輪車の新型「V-STROM(ブイストローム)1050」、「V-STROM 1050XT」を海外向けに発表した。

(※)プレスデー:11月5~6日、一般公開日:11月7~10日

新型「V-STROM 1050」、「V-STROM 1050XT」は、「The Master of Adventure(冒険の達人)」を開発コンセプトに、「どこまでも走りたい」「山岳路でも自由にマシンを扱いたい」というライダーの願いを念頭に置いた、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングでの様々な状況で快適に走行を楽しむことができるスポーツアドベンチャーツアラーである。

1,037cm3 V型2気筒エンジンは、電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、出力を向上しながら燃費性能を維持し、欧州で2020年1月より新型の二輪車を対象に導入される新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応した(欧州仕様車)。また、出力特性を3つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載し、長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させた。

1988年に発売したスズキ初のアドベンチャーバイク「DR750S」をモチーフにデザインしたスタイリングを、より現代風にアレンジすることで、スポーツアドベンチャーツアラーらしい力強いイメージを強調した。また、高さの調整が可能なウインドスクリーンに加え、頑強なスタイルを演出するアルミ製のテーパー形状のハンドルバーを標準装備した。

さらに、新型「V-STROM 1050XT」には、新採用のクルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、下り坂や荷重に応じてブレーキを制御する機能なども搭載した。また、ワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、LED式ターンシグナル、シート高調整機能、12Vアクセサリーソケットを新たに標準装備した。車体色には「DR750S」をベースとした1988年のパリ・ダカール・ラリー出場マシン「DR-Z(ジータ)」を彷彿とさせる特別色「ヘリテージスペシャル」を設定した。

新型「V-STROM 1050」、「V-STROM 1050XT」は、浜松工場で生産し、2020年初頭より欧州、北米を中心に販売を開始する計画である。

V-STROM 1050

V-STROM 1050XT

V-STROM 1050XT「ヘリテージスペシャル」

新型「V-STROM 1050」、「V-STROM 1050XT」の主な装備と諸元

お問い合わせ

スズキ株式会社
お客様相談室
TEL/0120-402-253

Vストローム1050のカタログページはコチラ>>
Vストローム1050XTのカタログページはコチラ>>

リリース = スズキ株式会社(2019年11月6日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ