【カワサキ】誰もがオフロードライディングを楽しめる! オフロードバイク「KLX230」が10/15に発売予定

掲載日: 2019年08月01日(木) 更新日: 2019年08月01日(木)

カワサキはオフロードバイク「KLX230」を2019年10月15日(火)に発売予定だ。

同車両は誰もがオフロードでの走行を楽しめるようエンジン及びフレームを新設計。低中回転域からの豊かなトルクと軽量な車体により不整地走行における操縦安定性を実現したという。またデュアルパーパスABSの採用による制動力の高さも特徴のひとつだ。カラーはライムグリーン、エボニーの2色。価格は49万5,000円(税10%込み)となる。

KLX230 新発売のご案内

モデル情報

■車名(通称名)/KLX230
■マーケットコード/KLX230ALF
■型式/2BK-LX230A
■型式指定・認定番号/II-366
■メーカー希望小売価格/49万5,000円(税10%込み)
■カラー(カラーコード)/ライムグリーン(GN1) エボニー(BK1)
■発売予定日/2019年10月15日(火)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場PT. Kawasaki Motor Indonesia(KMI)で日本向けに生産された車両です。
※当モデルはABS装着車です。
※メーカー希望小売価格は2019年10月以降の消費税10%を含む参考価格です。
※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。
※実際のモデルはフロント・リアのウインカーがクリアレンズで形状が異なります。またABS、ヘルメットロックが標準装備です。

KLX230

KLX230は、誰もがオフロードライディングを楽しめるようにエンジンとフレームが一から新設計され、ライダーをオフロードの楽しさへと誘います。空冷4ストローク232cm3単気筒エンジンは低中回転域からの力強いトルクを生み出し、シンプルな構造が、高い信頼性を実現。そして、コンパクトなペリメターフレームは、オフロードライディングでの操縦安定性を実現しています。

また、KXシリーズで培った技術を踏襲し、人間工学に基づきマシンコントロール性が高いスリムさやアグレッシブなデザインを採用。フロント21インチ、リア18インチのホイールを装備したこのモデルは、カワサキ初となるデュアルパーパスABSを採用し、軽量、パワフル、扱いやすさという特徴と相まって、オフロード走行における理想的なパートナーです。

主な特長

・低中回転域で力強いパワーとスムーズなトルク特性を持つ、空冷4ストローク232cm3単気筒エンジン
・誰もがオフロードを楽しめるよう設計された、軽量コンパクトで低重心なペリメターフレーム
・オフロード走破性を高めた、ロングストロークサスペンションとホイール
・オンロード・オフロードどちらにおいても、ライダーが安心して走行できるようにサポートするデュアルパーパスABS
・アグレッシブなイメージと、オフロードにおけるライダーの自由度を高めたスタイリングとフラットなシートデザイン
・扱いやすく軽快なハンドリングを実現する1,380mmのショートホイールベース
・快適なクルージングを可能にする、6速トランスミッション

アクセサリー

・ETC2.0車載器キット(取付には別途リアキャリアが必要です)
・リアキャリア
・ハンドガード
・スキッドプレート
・ハンドルバーパッド(KLXロゴ)
・ファットバーハンドル
・ブラックアルマイトリム
・フレームカバー

ライムグリーン(GN1)

エボニー(BK1)

KLX230主要諸元

お問い合わせ

カワサキモータースジャパン
お客様相談室
TEL/0120-400819

KLX230のカタログページはこちら>>

リリース = 株式会社カワサキモータースジャパン(2019年8月1日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ