【トライアンフ】価格改定でより身近に!「スクランブラー1200 XC」および「スクランブラー1200 XE」シリーズの新価格を発表

掲載日: 2019年07月02日(火) 更新日: 2019年07月02日(火)

トライアンフモーターサイクルズジャパンは2019年7月1日(月)に「Scrambler 1200 XC」および「Scrambler 1200 XE」シリーズのメーカー希望小売価格を改定。値下げにより購入しやすい価格となった。

新価格は「Scrambler 1200 XC」が188万7,000円(税8%込み)、「Scrambler 1200 XC Escape pack」が211万500円(税8%込み)、「Scrambler 1200 XE」が201万9,000円(税8%込み)、「Scrambler 1200 XE Extreme packが225万8,100円(税8%込み)となる。車両によっては約15万円の値下げとなるので、購入を検討していた人には朗報だ。

NEW SCRAMBLER 1200 XC/XE 新価格のお知らせ

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:野田一夫)は、本日『NEW SCRAMBLER 1200 XC/XE』のメーカー希望小売価格を改定したことを発表します。Scrambler 1200シリーズの2019年7月1日(月)からの新価格については下記の通りとなります。

Scrambler 1200 シリーズ 新価格/2019年7月1日(月)以降

■モデル/メーカー希望小売価格
・Scrambler 1200 XC/188万7,000円(税8%込み)
・Scrambler 1200 XC Escape pack/211万500円(税8%込み)
・Scrambler 1200 XE/201万9,000円(税8%込み)
・Scrambler 1200 XE Extreme pack/225万8,100円(税8%込み)

Scrambler 1200 XCおよびScrambler 1200 XEのラインナップは、デュアルパーパス性能とモダンなカスタムスタイルのパイオニアを象徴する、最新のベンチマークが打ち立てられたモーターサイクルです。これらの美しい新型Scrambler 1200シリーズから、トライアンフの象徴的なスクランブラーDNAと真のアドベンチャーバイクの全性能が融合され生み出されるパフォーマンス、仕様、フィニッシュのレベルを再定義するカテゴリーが提供されます。

どのような道でも卓越した走行体験を提供するために設計され、クラス最高峰の使用と最先端のテクノロジーが詰まったこれらの新しいモダンクラシックバイクは、トライアンフの伝説が全く新しい次元へと進みだしたことを意味します。

新世代の先駆けとなるモデルであり、あらゆる次元で最高の性能を発揮します。本物をその手に。

Scramblerシリーズに打ち立てられた新しい2つのベンチマーク

・1200 Scrambler XC – オールロード&オフロードにフォーカスした設計
・1200 Scrambler XE – オンロードでも優れた性能を発揮するよう設計されながらも、究極のオフロード性能も実現

スリリングな性能

・スクランブラー専用にチューニングが施された高出力1,200cc Bonnevilleツインエンジン
・90 PS @ 7,400 rpmを実現
・110 Nm @ 3,950rpmという並外れた最大トルク
・洗練された高次元のエキゾーストと特徴的なスクランブラーツインサウンドトラック

カテゴリーを支配する性能

・第2世代TFTディスプレイ
・オフロードプロ(XEのみ)を含む6つのライディングモード
・オプティマイズド・コーナリングABSとオプティマイズド・コーナリング・トラクションコントロール(XEのみ)
・IMUおよび完全一体型テクノロジーシステム
・シグネチャーDRLヘッドライトを含むオールLEDライト
・直感的なスイッチキューブ&5方向ジョイスティック
・バックライト付きスイッチ
・トルクアシストクラッチ
・キーレスイグニッション
・クルーズコントロール
・USB電源ソケット
・XEに標準装備のグリップヒーターとXCに装着されるアクセサリー
・世界初のモーターサイクル内蔵型GoPro制御システム、トライアンフ初のターンバイターンナビゲーションシステム、Bluetoothによる電話およびミュージック操作(すべてアクセサリーとして装備可能なBluetooth接続モジュールにより可能)

クラス最高峰の仕様と装備

・クラス最高のOhlins製ロングトラベルフルアジャスタブルRSU
・Showa製フルアジャスタブルロングトラベルフォーク
・Brembo製ツインM50ラジアルモノブロックフロントキャリパー
・アルミニウム製ロングトラベルスイングアーム
・スクランブラー専用フレーム
・折りたたみ式フットコントロール(XEでは調整可能)
・高仕様サイドレーシングホイール
・カテゴリー初21インチフロントホイール(アドベンチャー仕様のチューブレスタイヤ)
・ハンドブック承認Pirelli製Scorpion Rallyタイヤ

ライダーによるカスタマイズを可能にする設計

・80を超えるスクランブラーアクセサリー
・2つの新しいインスピレーションキット
・ツーリングに適したラゲッジセットアップ付きの`Escape’インスピレーションキット
・よりオフロードにフォーカスしたセットアップの`Extreme’インスピレーションキット

現代のスクランブラーシーンにも見られるオリジナルスクランブラーと起源

比類なき血統から誕生した新型Scrambler 1200のラインナップは、スクランブラーを偉大なモーターサイクルにするためにトライアンフが重要な役割を果たし、その基盤を作り上げた1960年代初頭のオリジナルスクランブラーシーンにルーツを持ちます。

直線状の洗練されたツインパイプ等、当時のモーターサイクルシーンをリードするバイクを創り出していたトライアンフは、まさにオリジナルで真のデザートスレッドと言えました。これらのモデルは、Bonneville T-120TT、T120CおよびTR6 ‘C’ など、世界初の量産型スクランブラーに影響を与えました。そして、スティーブ・マックイーンが砂漠でまたがり、バドイーキンスがダートレースで使用し、勝利に導いたマシンもこれらのバイクから誕生しています。また、現在でも最も過酷とされるデザートレースであるバハ1000を走破したのもこれらのマシンです。

2006年には、初の`モダン’スクランブラーの登場により、トライアンフは再び新しいカテゴリーの誕生をもたらしました。これが現在まで続くスクランブラーの世界の火付け役となり、アーバンライダーからムービースターまで、まったく新しいファン層を世界規模で作り上げたのです。彼らは皆、象徴的なトライアンフのスクランブラースタイルや、時代を超越したシルエットに魅了されています。

2つの新しいインスピレーションキット

当モデルのデュアル特性を示すため、新しくエキサイティングな2つのインスピレーションキットを設定しました。ライダーの皆さんが自身のScrambler 1200をカスタマイズするための出発点として使用する、あるいは完全なセットとしてバイクに装備するため、完全版のEscapeキットとオフロードスタイルにフォーカスして洗練されたExtremeキットを用意しました。

【`Escape’インスピレーションキット】

`Escape’インスピレーションキット

アドベンチャーツーリングスタイルを取り入れた`Escape’インスピレーションキットには、新型Scrambler 1200用のアクセサリーが多数用意されています。以下が含まれます。

・ラギッドパニアおよびフィッティングキット
・ハンドガードキット
・グリップラックキット
・LEDフォグランプ
・センタースタンド
・フライスクリーンおよび取り付けキット

【`Extreme’インスピレーションキット】

`Extreme’インスピレーションキット

より明確なオフロードスタイルと洗練されたカスタムスタイルが反映されたアクセサリーには以下が含まれます。

・Arrow製カーボンサイレンサー(型式認定)
・アルミニウム製ラジエーターガード
・機械加工オイルフィラーキャップ
・ハイレベルフロントマッドガード
・ブラックハンドルバーブレース
・LEDインジケーターキット及びリアライトリロケーションキット
・サイドスタンドベースエクステンション
・ステンレススチール製ドレッサーバー
・ヘッドライトグリルヘッドライトベゼル

お問い合わせ

トライアンフコール
TEL/03-6809-5233

スクランブラー1200 XCのカタログページはこちら>>
スクランブラー1200 XEのカタログページはこちら>>

リリース = トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(2019年7月1日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ