【ホンダ】新型フレームeSAFを採用したスクーター「Genio」がインドネシアで販売!!

掲載日: 2019年06月21日(金) 更新日: 2019年06月25日(火)

ホンダのインドネシア現地法人であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターはインドネシア生産二輪車「Genio」を現地時間2019年6月21日(金)9:30に発表した。

同車両は新型フレーム「eSAF」を採用。このフレームの生産にあたり、ピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは大量生産を可能とするプレス成型・レーザー溶接用の設備を導入。今後このフレームはアジアで展開されている他のモデルにも使用される予定だ。なお、現時点で同車両の国内導入に関する情報は発表されていない。

軽量と高剛性を両立する新型フレームeSAFを搭載したインドネシア生産二輪車「Genio」を発売

Hondaのインドネシアにおける二輪車生産・販売現地法人であるピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターは、現地時間2019年6月21日(金)9:30に、新型フレームeSAF※を搭載した「Genio(ジェニオ)」を発表しました。

今回、コミューターのフレームを共通化することで、大量生産にも適応できるプレス成型やレーザー溶接の専用設備を導入。生産効率および加工精度を向上させ、安定した品質の新型フレームeSAFを開発し、インドネシアの流行に敏感な若者に向けたファッショナブルなスクーターモデル「Genio」へ採用しました。新型フレームeSAFは、ハイテン材の使用や、断面形状の最適化などにより、剛性を高めながら従来の同クラスで採用されてきたフレームに対し8%以上の軽量化を実現。軽快な走りと優れた乗り心地に寄与しています。

なおこの新型フレームeSAFは、アジアで展開している他のモデルにも水平展開される予定です。

■発売日/2019年6月21日(金)
■価格/17,200,000ルピア
■特長
・若者にマッチしたカジュアルなデザインと日常の使い勝手に優れたコンパクトなサイズ感
・燃費性能をより向上させた新世代の110cc環境エンジンeSPを搭載
・新設計のeSAFにより軽量化、機敏かつ快適な乗り心地
・モダンな印象を与えるLEDヘッドランプとスタイリッシュなテールランプ、分離型ウインカーランプ
・14Lの容量を確保したシート下の大型ラゲッジボックス
※eSAF:enhanced(強化された、価値を高める)Smart(洗練された、精密で好感度な)Architecture(構造、構成)Frame(車体、フレーム)の略で、さまざまなモデルのプラットフォームとして共通化を前提に最適設計され、ハイテンのプレス材やレーザー溶接などの最新技術を採用し、軽量・高剛性化を実現したコミューター用フレームの総称です

問い合わせ

本田技研工業株式会社 お客様相談センター
TEL/0120-086-819

ジェニオのカタログページはこちら>>

リリース = 本田技研工業株式会社(2019年6月21日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ