【ホンダ】 ミラノショー出展概要を発表

掲載日: 2013年11月05日(火) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2013年11月5日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA2013(ミラノショー)への出展概要をホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが発表したことを伝えている。新コンセプトクルーザー「CTX1300」のほか、新開発直4エンジン搭載という「CBR650F」「CB650F」などが発表されているほか、人気のNCシリーズは排気量が変更され出力と燃費が向上しているという。なお、CBR300Rを除いて、東京モーターショーにも展示されるとのこと。

CBR650F

以下リリースより
2013年11月5日

EICMA2013(ミラノショー)出展概要

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州スラウ 社長:西前 学)は、現地時間2013年11月4日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
Hondaは、11月5日(火)よりイタリア・ミラノ市で開催されるEICMA2013(ミラノショー)に出展する新型二輪車を発表しました。主な出展車両は下記の通りです。

<新コンセプトクルーザー CTX1300>

Honda独自の「快適技術の体感」を開発コンセプトに掲げた新型クルーザーモデル「CTX700N」※と「CTX700」※、大型の「CTX1300」を欧州で投入します。

※ 日本では今年7月に発表

<CBR650F、CB650F>

CB650F

新開発の直列4気筒エンジンを搭載した中排気量のエントリーモデルとして、レーシーなカウル付の「CBR650F」と、ネイキッドモデルの「CB650F」を発表します。

<CBR1000RR SP>

CBRシリーズのフラッグシップモデルである「CBR1000RR」のエンジンにさらなる改良を加えるとともに、オーリンズ(Ohlins)社製サスペンションとブレンボ(Brembo)社製フロントブレーキキャリパーを装備し、サーキットなどでのパフォーマンスを向上させたSPエディションを投入します。

<CBR300R>

CBRシリーズのエントリーモデルとして好評の「CBR250R」の排気量を拡大し、出力を向上させるとともに、CBR1000RRをイメージしたデュアルヘッドライトを備えた新デザインを採用しました。

<NC750S、NC750X、Integra>

好評の2気筒700ccシリーズのエンジンをスケールアップして、出力を向上させるとともに燃費性能も改善しました。

<その他>

「VFR800F」には新しい外観とABSを装備し、アドベンチャーツアラーのフラッグシップモデルである「Crosstourer」には新たに3ステージセレクタブル・トルクコントロールシステムを装備して、V型4気筒ラインアップを強化します。

なお、ミラノショーで初公開した上記の車両は、CBR300Rを除き、第43回東京モーターショーへの出展を予定しています。

>>メーカーの詳細ページはコチラ

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ