【ホンダ】 アメリカで新型CTX700NとCTX700を発表

掲載日: 2013年02月08日(金) 更新日: 2013年12月10日(火)
この記事は 2013年2月8日に書かれたもので、内容が古い可能性があります。

リリース = 本田技研工業株式会社

ホンダは、アメリカの現地法人アメリカン・ホンダモーターがクルーザータイプのニューモデルとしてCTX700NとCTX700を発表したことを伝えている。リリース文の最後では、このモデルがグローバルモデルとして熊本製作所で生産されて世界へ輸出されること、そして2013年初夏には日本での販売も計画されていると記されている。

CTX700N
CTX700N
以下リリースより


快適技術が体感できる「CTX700N」「CTX700」を発表

~新たなクルーザーモデル「CTX」シリーズの第一弾~

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2013年2月8日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
Hondaは、「快適技術の体感」を新たな開発コンセプトに掲げた「CTX」シリーズの第一弾として、ネイキッドモデル「CTX700N」とカウル装着モデル「CTX700」を、米国シカゴで開催の国際モーターサイクルショー(International Motorcycle Show)にて発表しました。

この新たなクルーザーモデルのCTXのネーミングは、Comfort Technology Experienceに基づいたものです。モーターサイクルをこれまで以上に、“楽に、快適に、爽快に”乗っていただきたいとの想いから、スタイリングはもちろん、車体やエンジンなどあらゆる領域で、優れた快適性を実現するための技術を追求しています。

スタイリングは両モデルともに、Honda独自の「水平基調デザイン」をデザインのテーマとしています。「おおらかで力強い面構成」と「機能的に独立した部品構成」をキーワードに、フレーム構成からシートやサイレンサーに至る細部まで、機能美を融合した水平基調で表現しています。

車体は、新設計のリアサブフレームを採用することで、足着き性に優れ安心感のある720mmの低シート高を実現しています。また、ライディングポジションは、さまざまな体格のライダーが親しめるように自由度の高い設定とし、市街地走行から長距離ツーリングまで幅広い用途で快適な走行を楽しめるものとしています。

エンジンは、常用する低・中回転域の力強さと燃費性能に優れた水冷・直列2気筒670ccを搭載。不快な振動を抑えた心地よい鼓動感のエンジンが、ライディングの楽しさと快適性を高めています。なお、両モデルともにマニュアルトランスミッション搭載タイプとデュアル・クラッチ・トランスミッション搭載タイプを設定し、幅広いユーザーの好みに応えられるものとしています。

CTX700NとCTX700は、グローバルモデルとして熊本製作所で生産し、世界各国に輸出します。日本では、2013年初夏の発売を計画しています。

CTX700
CTX700

[ お問い合わせ ]
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL/0120-086819

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ