ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売

掲載日: 2022年06月30日(木) 更新日: 2022年06月30日(木)

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 メイン

タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が2022年7月20日(水)に発売される。価格は2万4,200円(税10%込み)となる。

同製品は「キャンピングシートバッグ2(59~75L)」では大きすぎると考えるライダー向けに設計されてており、容量40L・高さ200mmというロー&フラットなフォルムが特徴。この形状のおかげでバイクにまたがりやすいのもメリットだろう。

また、バッグ上面にはツーリングネットを使うための D リング、背面には長尺物を固定するためのホルダーベルトを装備しているのも嬉しいポイントだ。

キャンプフラットシートバッグ

キャンプ用バッグだけどローフォルム! 乗車がラクラクシートバッグ!!

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事1

■品番/MFK-292
■製品名/キャンプフラットシートバッグ
■本体サイズ/200(H)×600(W)×350(D)mm
■本体重量/2.78kg
■材質/1680Dポリエステル+PVCレザー
■内容/本体×1、固定ベルト×4、ショルダーベルト×1、レインカバー×1、接続バックル×1、セフティベルト×1
■容量/40.0リットル
■価格/2万4,200円(税10%込み)
■発売日/2022年7月20日(水)

特徴 1

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事2

【キャンプ用品を収納可能な大容量】
ローフォルムながら、様々なキャンプ用品の収納が可能な40Lを確保。キャンピングシートバッグ2(59~75L)では大きすぎるという方にオススメです。

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事3

【両サイドオープン】
バッグ上面に荷物があってもアクセス。可能な両サイドオープン方式を採用。

【Dリング】
別売りのツーリングネットVを利用する事で大型のキャンプ用品の積載が可能。

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事4

【ホールディングコード】
衣類やグローブなどの一時的な積載に便利なホールディングコードを装備。

【ホルダーベルト】
キャンプ用マット、カメラ三脚など長物の積載に便利なホルダーベルト。

特徴2

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事5

【大容量レインカバー】
2段ドローコードでバタつきを防止。 上部に荷物を積載した時にも大切な荷物を雨から守る大型レインカバーを標準装備。

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事6

【ロック機能付きスライダー】
サービスエリア等の駐車時にも安心なロック機能付きスライダーを採用。

【上面収納袋】
本体の荷物を崩さずに不意に増えた荷物の積載に便利な収納袋を本体上面に装備。

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事7

【ハンドグリップ】
バッグを外した際の持ち運びに便利なハンドグリップ付き。

【リフレクター】
キャンプ場など暗い夜道の運転でも安心なリフレクターを装備。は付属していません。

取付けイメージ

ローフォルムだけど40リットルの大容量! タナックスから「キャンプフラットシートバッグ」が7/20発売 記事8

お問い合わせ

タナックス株式会社
TEL/047-150-2450

リリース = タナックス株式会社(2022年6月29日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ