極上の空間オーディオ機能を搭載! ミッドランドの第三世代インカム「RUSH RCF」「BT R1 ADVANCED」が6月発売

掲載日: 2022年03月14日(月) 更新日: 2022年03月14日(月)

極上の空間オーディオ機能を搭載! ミッドランドの第三世代インカム「RUSH RCF」「BT R1 ADVANCED」が6月発売 メイン

株式会社 LINKS は、ミッドランドの新型インカム「RUSH RCF」「BT R1 ADVANCED」を2022年6月に発売する。同製品は空間音響を得意とする RCF 社がソフトウェアを監修しており、コンサートホールのような音場を実現するという。

価格は「RUSH RCF」シングルパックが2万9,800円、ツインパックは5万8,600円。「BT R1 ADVANCED」はシングルパックが2万2,000円、ツインパックが4万2,900円となる。なお、同製品は「第49回東京モーターサイクルショー2022」で公開される予定だ(価格は全て税10%込み)。

RCFエディション、それは美しさを求めた第三世代ミッドランドインカム

MIDLAND日本総代理店の株式会社LINKS(京都市中京区:代表取締役 澤田大祐)は第49回東京モーターサイクルショー2022にて、MIDLAND 新モデル RUSH RCF 及び BT R1 ADVANCED を発表致します。

極上の空間オーディオ機能を搭載! ミッドランドの第三世代インカム「RUSH RCF」「BT R1 ADVANCED」が6月発売 記事1

MIDLANDは世界で、そして日本で、オートバイマーケットに、無線技術のつながる楽しさを提供して参りました。2022年は、世界が認めた新しいデザインと、音響空間のスペシャリスト RCF社 監修によるRCFスピーカー・インカムに搭載される新型ソフトウエアの融合により、極上の空間オーディオの創造を目指した「RCF エディション」対応の全2モデルを発表します。

・2012年/世界で初めてオートバイ用Bluetoothインカムに他社通信機能を導入。
・2016年/時代の流れに対応したスマートフォーン対応型、アプリ通信を使用した、距離人数無制限の機能をオートバイ用Bluetoothインカムに世界で初めて導入。
・2018年/高音質 Hi-Fi スピーカーや、最強のノイズキャンセル機能を導入。
・2022年/RCFエディションモデル発表(※)。
(※)商品の発売は2022年6月を予定しております。

Point 1/ヘルメット内がまるでコンサートホールに 極上の空間オーディオ

【RCF/プロミュージシャンの期待に応え続けた空間オーディオの匠、RCF】
世界屈指の大空港 イギリス ヒースロー空港やイタリア有名オペラハウスの音響を監修したRCF。彼らの活躍は世界73カ国、1,000カ所にも及びます。そんな“音の魔術師”が次に設計したのは、ヘルメット内の空間オーディオ。 RUSH/BT R1に同梱されているスピーカーと、本体内蔵の新型ソフトの融合で、まるでコンサートホール内のような感動の立体音響を生み出します。

Point 2/世界最大級デザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」受賞

世界三大デザイン賞の一つとされているレッド・ドット・デザイン賞は、世界60カ国以上の企業から10,000件を超える応募がある、とても権威ある賞です。RUSH / BT R1は、 プロダクトデザイン賞を受賞しました。

Point 3/インカム史上初 マグネットマウント採用

オートバイインカム業界史上初となるマグネットマウント。上質な使用感を演出するだけでなく、走行中も安心です。

RUSH RCF

極上の空間オーディオ機能を搭載! ミッドランドの第三世代インカム「RUSH RCF」「BT R1 ADVANCED」が6月発売 記事2

■商品名/RUSH RCF
■パッケージ・品番・価格(税10%込み)
・RUSH RCF シングルパック/C1527.10/2万9,800円
・RUSH RCF ツインパック/C1527.11/5万8,600円

BT R1 ADVANCED

極上の空間オーディオ機能を搭載! ミッドランドの第三世代インカム「RUSH RCF」「BT R1 ADVANCED」が6月発売 記事3

■商品名/BT R1 ADVANCED
■パッケージ・品番・価格(税10%込み)
・BT R1 ADVANCED シングルパック/C1529.10/2万2,000円
・BT R1 ADVANCED ツインパック/C1529.11/4万2,900円

お問い合わせ

株式会社LINKS
TEL/075-708-2362

その他LINKS取り扱い製品に関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社LINKS(2022年3月14日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ