磁石が使えないタンクでも使えるベルト固定式!「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」がドッペルギャンガーから発売!

掲載日: 2021年06月11日(金) 更新日: 2021年06月11日(金)

磁石が使えないタンクでも使えるベルト固定式!「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」がドッペルギャンガーから発売 メイン

ドッペルギャンガーからベルト固定式のタンクバッグ「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」が発売された。

このバッグは、タッチディスプレイ対応のマップケース・容量4リットルのバッグ・馬蹄形のベース(タイダウンベルト式)から構成されており、磁石が使えないアルミや樹脂製のガソリンタンクにも固定できる。カラーはブラックのみ。価格はオープンプライスとなっており、税抜き参考価格は1万1,000円となる。

サーフボードにヒントを得た「ベルト固定式」タンクバッグを発売。

ビーズ株式会社は、DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)ブランドより2021年6月7日、ターポリン素材のベルト固定式タンクバッグ「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」を発売しました。

開発コンセプト

磁石が使えないアルミ製や、最近増えている樹脂カバーがついたガソリンタンクに隙間なく安定して取り付けられるタンクバッグ。

本製品の構成

磁石が使えないタンクでも使えるベルト固定式!「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」がドッペルギャンガーから発売 記事1

磁石が使えないタンクでも使えるベルト固定式!「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」がドッペルギャンガーから発売 記事3

■マップケース
ツーリング用リング綴じの地図帳、タブレット等の収納が可能。

■バッグ
スマートフォンフォルダーを備え、長財布や500mlペットボトルが収まる十分な容量を確保しながら、250スポーツバイクでもライディングの邪魔にならないサイズに抑えました。容量4L。

■ベース
バッグを支え固定する部品。フロントベルトによってヘッドパイプ、リアベルトによってシートに取り付けます。

ヨレ、隙間のないベースの装着

磁石が使えないタンクでも使えるベルト固定式!「タイダウンタンクバッグ DBT605-BK」がドッペルギャンガーから発売 記事2

三次元的に曲線を描くガソリンタンクに、ヨレや浮きを極力抑えて取付ける為に、馬蹄形のベースをベルトで連結、ベースとバッグとの角度を自由に調整できるように面ファスナーを採用しました。

安全確実なバッグの固定

ベースやマップケースの面ファスナーは、タブの両面にループとフックを備えており、同じくループとフックを備えたバッグのフラップで挟み固定します。この構造はサーフボードのリーシュコード(流れ止め)を足首に巻く方法をヒントにしました。1セットあたり10kg以上の錘をぶら下げられる面ファスナーを3箇所に装備しています。更にフォールトトレランス(安全装置)として装備したカラビナは、開閉破損に強いワイヤーピンを採用。ホルスターバッグとしても使用可能です。

製品情報

■商品名/ターポリンタイダウンタンクバッグ
■品番/DBT605-BK
■カラー/ブラック
■価格/オープン価格(税別参考/1万1,000円)
■製品ページ
・URL/https://www.doppelganger.jp/product/dbt605-bk/

お問い合わせ

ビーズ株式会社
TEL/050-5305-9905

リリース=ビーズ株式会社(2021年6月7日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ