「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売!

掲載日: 2021年01月22日(金) 更新日: 2021年01月22日(金)

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売! 記事1

有限会社アクロスは、あfろ氏原作の人気作品「ゆるキャン△」の作中で、志摩リンが使用するバッグのレプリカ「ゆるキャン△リンのサイドバッグ Ver.2 セット(2万1,560円/税10%込み)」を2021年3月に発売する。

今回発売する製品は、前作となる「Ver.1」よりもタフな生地「CORDURA(R)ファブリック」を採用。ファスナーやベルト等の品質も向上しているという。詳細については有限会社アクロスのサイトをチェックしてみよう。

あfろ氏原作の大人気アニメ作品「ゆるキャン△」より、志摩リンの愛用している「サイドバッグ」がバージョンアップして新発売

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売! 記事2

有限会社アクロス(本社:大阪市中央区、 代表取締役:中 礼)は、キャンプ好きの女子高生達の日常を描いた、あfろ氏原作による人気作品「ゆるキャン△」の新商品「リンのサイドバッグ Ver.2」を全国の取扱店にて予約開始致します。劇中で志摩リンの愛用しているバイク用のサイドバッグを設定を忠実に再現し人気だった前作から、より作風に合わせて素材を撥水機能と耐摩耗性に優れる「CORDURA(R)ファブリック」に変更。

単品でショルダーバッグとして使用出来たり、夜間の視認性を高めるリフレクターテープ、緩衝材入りのPCポケット等の機能性はそのままに、止水ファスナーやベルト等のパーツの品質も向上させています。キャンプやツーリングだけではなく、通勤や通学などにも最適です。さり気なく「ちくわ」がワッペンになっています。

商品情報

■商品名/ゆるキャン△リンのサイドバッグ Ver.2 セット
■販売価格/2万1,560円(税10%込み)
■商品仕様
・本体×2
・ショルダーベルト×2
・アタッチメント×1
■商品サイズ
・本体/約W36×H27×D13㎝
・ショルダーベルト約72~130㎝
■素材/CORDURA ポリエステル、ポリエステル、ナイロン、合皮他
■発売日/2021年3月
■商品紹介ホームページ
・URL/http://e-akros.com/yurucamp/
(C)あfろ・芳文社/野外活動委員会

商品特徴

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売!記事7

劇中で志摩リンの愛用している、バイク用のサイドバッグが素材等をアップデートして登場です。設定に忠実に再現し人気だったサイドバッグver.1の機能性はそのままに、本体素材を撥水機能と耐摩耗性に優れる「CORDURA(R)ファブリック」に変更。止水ファスナーやベルトのパーツ素材も品質向上しています。

バッグ単体でも使えるショルダーベルトや、夜間の安全性を高めるリフレクターテープ、底鋲、ウレタンが入ったPCポケット等、前作で好評だった収納性や機能性は変わりません。

本体前面の収納は、大きなメッシュポケットになっており、視認性に優れ整理しやすくなっています。ワンポイントデザインに「ちくわ」の革パッチを採用し、更に普段使いしやすくなりました。キャンプやツーリングだけではなく、通学や通勤にも最適なバッグです。単品のみの仕様や、アタッチメントのみも同時販売。

(※)Ver.1とVer.2の互換性はありません。

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売!記事3

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売!記事4

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売! 記事5

「ゆるキャン△」で志摩リンが使っているサイドバッグのレプリカモデルがバージョンアップして3月発売! 記事6

「ゆるキャン△」とは

あfろ氏原作の山梨県を舞台に女子高校生たちがキャンプをしたり日常生活を送る姿をゆるやかに描く人気作品。2018年1月にTVアニメ化され、2021年1月~3月にはTVアニメ第2期となる「ゆるキャン△SEASON2」の放送中。キャンプを楽しむキャラクターや自然の美しさが魅力的に描かれている作品で、ファン層を広げています。

リリース

有限会社アクロス(2021年1月22日発行)

その他「ゆるキャン△」に関する記事はこちら>>

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ