ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表! 気になる発売日は?

掲載日: 2020年06月26日(金) 更新日: 2020年06月26日(金)

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 メイン

ショウエイが発行した2020年度のカタログに掲載され話題を呼んでいるフルフェイスヘルメット「Glamster(グラムスター)」の詳細情報が発表された。

クラシカルなオンロード用フルフェイスヘルメットのスタイルと機能性を両立するこの製品には、新開発のシールドシステム「CPB-1Vシールド」を採用。さらにシールド内部の曇りを防ぐ PINLOCK(R)EVO lens が標準装備される。

また、内装は全て取り外し可能となっており、緊急用ヘルメット取り外しシステム E.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)も装備される。カラーは「オフホワイト」「ブラック」「マットブラック」「バサルトグレー」「ラグナブルー」の5タイプで、価格は4万3,000円(税抜き)となる。気になる発売日は、2020年9~10月を予定している。

Glamster

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事15

【Style for Miles】
SHOEIの培ってきた技術をクラシカルなデザインに落とし込み、クラシックスタイルと機能性を両立させた新たなネオクラシックフルフェイス―Glamster。

Design

SHOEIの「進化系Classic Style」

細部までデザインにこだわりながらも使い勝手の良さを損なわない、デザイン性と機能性を両立させたシェルデザイン。SHOEIネオクラシックシリーズのアイコンであるダックテールシェイプや印象的なデザインのロアエアインテークなど、クラシカルなオンロードフルフェイスのスタイルを追求しました。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事1

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事2

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事3

シールドベース周りのリブ形状により、安全性を犠牲にすることなくコンパクトさを実現。

Logo Design

レトロな雰囲気の中にもデザインの新鮮さを感じるSHOEIロゴ

SHOEIのレトロなロゴデザインをベースに、Glamsterのデザインにあわせクラシックとモダンな雰囲気を織り交ぜたロゴデザインに。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事4

Shield

高いデザイン性とクリアな視界の新開発CPB-1Vシールド

クラシックなオンロードフルフェイスのスタイルにマッチする、新設計のフラットシールドCPB-1Vを採用。シールド開閉時は偏心軌道でシールドが動くことにより、シールドと窓ゴムの干渉を防ぎスムーズな操作性を実現しています。また、窓ゴムはクラシカルなデザインにマッチし、かつ密着性を高めるリム形状を採用。クラシックスタイルの最新装備がライディングをより快適にします。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事5

シールド全閉時はタブのフックがシールドロックベースにかかり、シールドの不意な解放を防ぎます。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事6

シールドタブに指をかけて、シールドを前方へ押し出し、ロック解除。シールドを上にあげて開きます。(※シールドタブを真上に押し上げないでください。PINLOCK(R) EVO lensと窓ゴムが当たり、PINLOCK(R) EVO lensや窓ゴムに傷がつく場合があります。)

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事7

シールドはビス固定式で、シールドを装着したままシールド調整が可能。また、専用設計のコインビスを採用し、ツーリング先で適当なドライバーが無い場合でも10円玉などでビスを回すことが出来ます。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事8

雨天時や低温多湿の状況下などでもシールドの曇りを防ぎ、クリアな視界をキープするPINLOCK(R)EVO lensを標準装備。

Ventilation

機能性をクラシカルにデザイン

クラシカルなスタイルを重視しこだわった、チンバー両側に配置されたスリット状のロアエアインテーク。シャッターレスの常時開放型で、アルミナムメッシュフィルターもデザインアクセントとなっています。ロアエアインテークと前頭部のフロントエアインテークから取り込まれた走行風は、ヘルメット内の衝撃吸収ライナーに設けられたエアルートを通り首元から排気され、暑い中でのライディングもヘルメット内を快適に保ちます。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事9

2か所のエアインテークホールより走行風をヘルメット内へ取り込みます。

Interior Parts

被り心地で実感する快適内装

SHOEIネオクラシックシリーズで統一した、ブラックの起毛生地を内装表面に採用。アイポートに近い部分はシールドへの映り込みを防ぐスエード調の生地を使い、被り口部分は汚れの目立ちにくい光沢のあるレザー調生地を使っています。内装は全て取り外すことが出来るため、洗濯して常に清潔に保てます。

E.Q.R.S.

万が一のアクシデントの際に備えた緊急用ヘルメット取り外しシステム

E.Q.R.S.(Emergency Quick Release System)は、ライダーが救護を必要とする万が一のアクシデントの際、第三者が迅速な救護活動を行えるようヘルメットの脱着を容易にするための装備です。E.Q.R.S.はチークパッドに専用のリボンを装備し、救護時にこのリボンを引き抜くことで頬部をホールドするチークパッドを外すことが出来るようにしています。それにより要救護者からヘルメットを容易に脱がすことが可能です。
※普段、メンテナンスなどの目的でチークパッドを取り外すときにはE.Q.R.S.を使用しないでください。

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事10

Glamster SPECIFICATION

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事11

オフホワイト

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事12

(左から)ブラック/マットブラック

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事13

(左から)ラグナブルー/バサルトグレー

■商品名/Glamster
■価格/4万3,000円(税抜き)
■規格/JIS規格
■サイズ/S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
■カラー/オフホワイト、ブラック、マットブラック、バサルトグレー、ラグナブルー
■構造/AIM(Advanced Integrated Matrix)
強靱なガラス繊維を基に、あらかじめ3次元形状とした有機繊維を複合積層化。高い剛性を確保しながらも軽量化を可能とした、SHOEI独自のシェル構造。
■付属品/布袋、ステッカー、CPB-1V PINLOCK(R) EVO lens、チンカーテン、シリコンオイル、スペアPINLOCK(R)ピンセット
■オプション&リペアパーツ(価格は税抜き)
・CPB-1V PINLOCK(R)シールド/クリア/6,000円
・CPB-1V PINLOCK(R)EVO lens/クリア/2,800円
・CPB-1Vシールドベースセット/2,000円
・CPB-1Vアルミナムワッシャー/1,200円
・CPB-1Vアルミナムコインスロットスクリュー/800円
・PINLOCK(R)ピン/クリア/250円
・Glamsterフロントエアインテーク/各色/1,500円
・EX-ZERO センターパッド/各サイズ/4,000円
・Glamster チークパッド/各サイズ/4,000円
・J・O チンストラップカバー/1,000円
・Glamster 内装セット/8,000円
・チンカーテンK/1,500円

ショウエイがネオクラシックフルフェイスヘルメット「Glamster」の詳細を発表 記事14

お問い合わせ

株式会社SHOEI
TEL/03-5688-5180

その他ショウエイ製品に関する記事はこちら>>

リリース = 株式会社SHOEI(2020年6月26日発行)

(バイクブロス・マガジンズ編集部)

このページの一番上へ

サイトのトップページへ

このページの一番下へ